喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆先生の発表会だったら続けていたと思います


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


レッスン開始前、生徒さんが、トイレに行っている間、保護者の方とお話ししてました。


「先生、今年の発表会、男の子たちが多くなって、おもしろくなったね、みんな、がんばってますか?」


「ボチボチがんばってます、めちゃくちゃ、がんばっています!っとまでは言えないんですけど・・・あっ、でも、みんな続けて、通っています」


って、お答えしました。


「先生の発表会、楽しみにしてるんです、今年は、何をやるんだろう?って…私が、子どもの頃、一人1曲弾いて終わりの、味気ない発表会が、苦痛で、それがイヤで、やめちゃった所もあるんです」


「やだ~そんなに、おだてても、何も出ませんよ」


なんて、返したけど・・・(プレッシャーも感じたりして)


私も、楽器店で習っていた時は、発表会スタイルが、そうだったから、お気持ち分かります。


でも、それが当り前だと思っていました。


先生という立場になって思う事は、やっぱり、こういう発表会もありだと思うし、一人1曲のシンプルスタイルの発表会を好まれる方もいるはず。


私の場合、次の違う楽器店に習い始めた時,そこの楽器店は、自由な雰囲気が漂う所で、発表会は、大人の方と、アンサンブルしたり、ちびっ子の伴奏したり、私、使われました(よく言えば、引っ張りだこ?大活躍??)。


その時「(こうした経験(アンサンブルなど)も財産だな」と思うようになりました。


過去の企画ものを振り返りましょう!!(2012年前の発表会は写真が、ほとんどないので、2013年度から)


2013年度の発表会は、ヨッシー先生と、周平先生がゲストにいらして、生徒全員と、セッションしました。(豪華な回でした)

2014年度は、参加者全員で、私の念願だった、組曲「くるみ割り人形」を演奏しました。

今年は、ピアノ連弾組曲14ひきのあさごはん」を発表しました。


もちろん、この他にも、ゲスト演奏、リレー奏や、ジブリ音楽特集、ディズニー特集、様々なスタイルのアンサンブルなどを取り入れた年もあります。


発表会に企画を取り入れるのは、容易ではない事。


精神的にも、体力的にも、キツイし、時間もなくなる。


常に、発表会のネタは仕込んでるけど、次の発表会、具体的な内容は決まっていません。


じっくりと、楽曲に取り組む、シンプルな発表会スタイルも、やってみたいな・・・とも思うし。


まだまだ、来年の発表会は先だけどね。


今から、めちゃくちゃ考えています。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります