喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆楽譜を見てる?音を聴いてる?


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日の続き。


最近、伴奏者に選ばれた、生徒さんたちの演奏を聴いて感じる事。



「楽譜を見ているようで、見ていない?」


「音を聴いているようで聴いていない?」


「歌と演奏が合って、結果、自分の伴奏は完璧って思ってはいない?」



中学生ともなれば、譜面は、屏風のように何ページもあります。


譜めくりが面倒くさくなるでしょうね。


だから、暗譜して、弾いてしまっています。


暗譜が悪いと言っている訳ではないんだけど、伴奏者にとって、楽譜から色々な事を読みとる事は大切。



「このピアノの音で、歌の人たちが、音をつかめるんだな」


「このピアノのメロディと、歌との兼ね合いは大切だな」とかとか



もう、楽譜の中は、メッセージだらけ。


伴奏者は、ピアノパートだけ、見ていればいい訳でなく、うたパートも、読みとらなくてはダメ。


だって、連弾で、相手パートの音をくみ取る学習はしているでしょ、同じだよ。



楽譜を見ないから、前回指摘された音ミスも、結果、見落とす。


小節数がふってあるにも関わらず、途中から弾けない。


音も聴いていないから、ペダルの濁りも、毎回外す音も、気にならなくなっている。


バッハのように、三声、四声と、メロディが、入り組んでいるのに、分けて練習をしてこない。



歌と合ってきているから、きっと、どこかで


「これでいいや!!」


って、油断しちゃっているんでしょうね。



今週のレッスン、伴奏者達に伝えました。

「楽譜を見ているようで見ていない、音を聴いているようで、音を聴いていない」


「伴奏者が、楽譜を正しく見れていなくって、どうするの」


「より良くしこうという意識が感じられない」



他に、もう少しキツイ事も言ったかも。


本番直前になって、私からの言葉が、ドーンって来たかな?


痛い所、突かれたでしょ。



私、感情的に叱る事は、しません。


厳しい言葉ながらも、言葉を選んで、伝えました。


だって、この子たちを信頼しているから。



まだまだ、伸びしろはあるはず。


楽譜からのメッセージを気付き、受け取ってね。


音を聴いて、もっと、素敵なピアノの音色をつくってね。


仲間のために、自分のために、今出来る、ベストを尽くしてね。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります