喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆発表会前の先生の気持ちって・・・


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今、発表会前の、大事な時期です。



今日のレッスンも、色々ありました。


昨日のレッスンも、それなりに、ありました。


きっと、明日のレッスンも、なにかしら、あるんだろうな・・・



日々、凹む事も、本当に多く、こんな日は、レッスンが終わると、食欲もわかず、ちょっと食べただけで「もういいや」って思います。


(・・・さそかし、体重も減っただろうと、思ったのに、増えていたのには、驚きましたが、)



練習の習慣がない生徒。


他のきがかりな事で、ピアノに集中できない生徒。


目標設定が、ない生徒。



ここは、普通の子供たちが、通っている、街の音楽教室。


色んな子供・生徒さんたちがいて、当り前。



でも、全ての生徒さんに共通している事、



発表会では、


「カッコよく、弾きたい」


「素敵に弾きたい」


「1曲だけの出番じゃイヤだ」


という事。



これは、先生も同じ。


「みんなをステージで輝かせたい」って思っているし、発表会で、人として、成長してほしいと願っています。



でも、凹む時、ふと思います。


「発表会が、なかったら、楽なのに」


って・・・



どうしても、生徒を叱らなくてはいけなかった時、その日の夜は、辛くなります。


「きれいなタッチ・音で、強弱を付けて、テンポはね・・・」って、色々とアドバイスもするけど、「どうにか弾ければいいや」「間に合えばいいや」が、その生徒さんのゴールだとすると、私のアドバイスって、エゴ?かなって、また、考えちゃいます。


「あとは、知~らない」


って、したいけど、やっぱり、ほっとけない。



昨日・今日と、気がかりなお家に、近況なんかお話ししました。



自分の弱さを感じ、


自分の力不足を、これでもか!!って、感じる。



もちろん、全てが、私の学びって、受け止めています。



「発表会は、生徒さん達が、成長出来る時」


そして、私も、成長出来る時って、思います。



先生方の発表会の報告を読んでいると、本当にただただ、感心し、たくさんの気苦労もされたのだろうと思います。



穴掘って、


「王様の耳は、ロバの耳~」


的に、色々、吐き出したい事もありますが、その前に、今、自分が出来る事を、見つけて、次々と襲ってくる、気がかり・難問という怪物に、冷静に向かい、考えられる自分でいたいと思います。



私も、がんばるね。




体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。

新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります