喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆福島県ジュニアピアノコンクール


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


湿度の高い1日でした。


今日は、県内で行われる【福島県ジュニアピアノコンクール】の会津予選が、県内トップを切って開催されました。


昨日、夕方、このコンクールに参加する生徒さんから、電話がありました。


「せんせい、○○ですが、△△の曲で、BからA´に行く所で、分からない所があって」


「もう少し、分からない事を教えてくれる?」


話を聞くと、自分でも不安だったその箇所、その上、お家の方にも、その箇所を指摘された事で、ますます、心配になっちゃたようで・・・


「じゃあね、電話をピアノの所に持っていて、先生に聴かせてくれる?」


「♪~」


受話器の向こうから、生徒さんのピアノの音色が聴こえます。


(そんな変じゃないんだけどな)


きっと、解釈・表現の部分だから、下手に説明して、演奏がぎこちなくなっても困るし…


かと言って「大丈夫」って言った所で、納得できないから、電話をくれた訳で、なんかしら私からのアドバイスがほしいだろうに…


言葉を選んで、生徒さんに、伝えました。


「お母さんに、代わってくれる?」


そしたら、お母さんも、私もビックリ、だって生徒さんが私に電話していたの、知らなかったんですって!!


「先生が、不安な事があったら、いつでも電話してもいいよ、って言ったから、電話をしちゃったんですね」


一応、お母さんにも、電話では、間違ったニュアンスが伝わると危険なので、とご説明させていただきました。



コンクールって、ネガティブにとらえている方も多いと思います。


比較であり、点数も付けられるしね。


これは、事実。


でも、それだけではないはず。


例えば、弾き込んで、音楽を追及する事は、1音の捉え方1つで、表現が変わる事が分かったりと、音楽的な力も付きます。


もちろん、人としての成長も出来るはず。


今回に生徒さんのように、自分で考え、行動する事が出来るようになっていたのも、成長のあかし。



お母さまと電話していた時、


「今日は、先生からお借りしたドレスを着て練習しました、おばあちゃんに、後ろのリボンを結んでもらって、クルクル回ってましたよ」


なんて、想像しただけで、ほんわかした気持ちになります。



今日のコンクールは、「コンクール」という場に、のみ込まれちゃったかな?


何事も経験。


確かに、大きい意味で、成長したよ。



これから、地区大会が続きます。


みなさんが、自分の力を発揮できますように、エールを送ります。



コンクール会場で、楽器店時代の先生にお会いしました。


10年は経ったよね。


彼女が新講師でやってきた時、もう、自分の新講師の時と比べると、雲泥の差でね(もちろん、私、土の方)。


今日は、会えて嬉しかったです、メール待ってます♥






体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります