喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆ピアノを教えるってこと、習うってこと


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今日のタイトルは、本の名前



樹原涼子 著『ピアノを教えるってこと、習うってこと』


本のタイトル「教える」と「習う」の文字が、太字になっています。


タイトル通り、


教える立場の教師


習う立場の生徒さん・親御さん


両方の立場になって、書かれている本。


多少、書かれている内容は、違っても、こうした類の本は多く出版されています。


私自身、こうした本は何冊も購入して読みました。


その中でも、最も、しっくりきた1冊のように思います。


再読したのは、春。


プレ・ピアノコースを新しく、教室に設けるに際し、本を含め、たくさんの情報を私の中に入れていました。


常に、自分の中に、迷い・悶々としたものがありました。


その中でも、大きい悩める存在。


「音楽教育が低年齢化」


している事。


とはいえ、私の住んでいる地域は、ピアノを習う年齢も、比較的、高いかもしれませんし、音楽教育としてのリトミックが、浸透していない感じもします。


私自身、リトミックを学んだことで、リトミックの素晴らしさ、2・3歳の子供たちの持つ、能力にも圧倒されました。


それに、音楽教育には(これに限った事じゃないけど)色々な、価値観・温度差がありすぎて・・・、これが、正解!!というのがあって、ないようなもの。


悶々


もんもん、


モンモンの日々。


だけど、多感な幼少期に携わる、大切な事。


適期教育って「何が、適期?」「それって、本当に、適期?」


焦りという感情もあった気がします。


そんな時、この本を再読しました。


ずっと、本棚に入れっぱなしだったんだけどね。


読み終わった後、答えは書いてなかったし、答えも出なかったけど、気持ちは楽になりました。


そうそう、色々な事、思い出しました。


この本の出版された後、この本のタイトルのセミナーに行きました。


講座の内容は、樹原先生が、作られた教材、ピアノランドの指導法が中心で、ピアノランド勉強会受講済みの私にとって、物足りなかった事。


そんな事、アンケートに書いたら、樹原先生から、直々、お電話をいただいて、


「今、抱えている、悩みはありますか?」


って、聞かれて、長々と相談に乗っていただいた事。


本に書いていただいた、サインの日付を見たら、2007年。


8年、月日が流れてます。


本の内容は、今の音楽教育界には、ドンピシャじゃない気もします。


それだけ、音楽教育界も、日々、変化しているのだと思います。


これが、正解!!という、価値観はないと思っていますが、樹原先生の教育者としての考え方に共感します。




体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。

新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。 ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります