喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆教室通信「ぴありな通信」vol.67が出来ました。


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今日、車を走らせながら、遠くの雲を眺め、


「梅雨明けの夏の雲の様だな」


って思いました、って、まだ、梅雨にも入っていないんですけどね。


優先順位の上で、(あ~やらなきゃみたいな)気持ちの負担も大きかった事の1つが、昨日書いたブログ記事、低学年の生徒さんが演奏する、楽譜の作成。


そして、もう1つは、


【教室通信「ぴありな通信」の発行】


アンサンブルの楽譜を作成し終えて、気持ちが軽くなったのか、教室通信も、一気に書き上げました。


今回は、発表会の日程のお知らせと、今年度の生徒カード記入のお願い。



3月に開催した【ビーズカウンターのワークショップと、グループレッスンの様子】も写真付きで、レポートしました。※カウンタービーズとは?回数を数えるアイテム


発表会の楽曲に取りかかっている、今こそ、カウンタービーズの出番。


「カウンタービーズが、オブジェ化してませんか?」


という、問いかけから始まる、今回の通信。


(私も含め)練習嫌いの生徒さんにとって、


「練習しなさい」


っていうのと、


「この部分を、10回弾いたら、教えてね」


では、最初の一歩の、練習ハードルの高さが違ってくる感じがしませんか?


前者の方は、練習のゴールが見えないけど、


後者の方は、10回やったら、ひとまず、終わりのゴールが見える。


それに、人は、いざ、やり始めると、物事が進むでしょ。


私も、1つ前にブログ記事に書いた『連弾楽譜の件』も、今回の『教室通信』もそう、とりあえず、タイトルだけでも・・・挿絵だけでも・・・ってやってたら、サクサク進みました。


子供たちも、きっかけは、仕方なく始めた、フレーズの10回練習だったかもしれないけど、そこから、練習が止まんなくって、結果的に、いっぱい、練習しちゃった!!って事も、大いにあるはず。


そして、聴いたことない、新しいフレーズだったり、ちょっと、面倒な指使いが出てきたら、1・2回弾いた位で、定着しないでしょ。


やっぱり、10回は繰り返し、弾いてほしい。


1回目に弾いた時より、10回目に弾いた時は、自分でも、進歩を感じるはず!!



今こそ、カウンタービーズの出番!!


体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。

新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。 ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります