喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆自信がないから、やめる


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


ピアノを習い始めて、1年未満の生徒さん、休会していた生徒さんを除いて、発表会のソロ曲の選曲、終わりました。


端っこに、積まれていた、楽譜の面積も、だいぶ小さくなりました(笑)



発表会の選曲は、事前に3曲くらい、私が候補曲を選んでおきます。


これって、お見合い相手を私が探し出し、引き合せる(『弾き合せる』の字の方が、ふさわしいかな?)仲人さんのようなもの。



生徒さんの選曲は、次から次へと、私が弾いていくか、CDをかけ、選んでいく。


「1・2・3曲目どれがいい?」


もちろん、4番目もあり。


4番目、それは『該当者なし』


この場合、もう1回、選曲作業のやり直し、今の所、4番目はなかったです。



選ぶ時に、生徒さんたちにアドバイスした事。


「頭で考えす、感じた気持ちを大切にね」


でした。



曲が「長い、短い」「簡単そう、難しそう」「間違えたら目立ちそう」こうした基準で選ばず(頭で考えず)、「素敵だな」「弾いてみたいな」「発表会が終わった時、この曲にして良かったな」って、思える曲にする事。


もちろん、この感覚を大事にして(こっちが先)、選んだ後は、頭で考えてもらいます(こっちは後)。



「自分の好きな部分だけでなく、苦手な部分も、向き合って練習する覚悟はある?」


「表現力が大事な曲、弾き込まないと、表現までいかないよ、直前になって、慌てて練習するようでは、この曲の良さは出せないよ」



ちょっと、脅かして・・・いやいや、曲と向き合う覚悟を確認。


そしたら、一人だけ、


じしんが、ないから、やめる(ほかのきょくにする)」


といった生徒さんがいました。


「自信がないの?自信がないって『練習する自信がないの?』それとも『練習しても、弾けるようになる自信がないの?』どっちのほうかな」


って確認したら、練習はするけど、それでも、弾けるようになるかな?の方でした。


この後、生徒さんと、お話しして、


「やっぱり、やってみる!!」


って、ニッコリ顔で伝えてくれました。



発表会のステージでの演奏は大切、でも、表には出ないけど、発表会までの向き合い方、そして、発表会での経験をどう生かすか、こちらの方が、大事なんじゃないかと思います。


発表会はチャレンジの場所、まだまだ若いんだから(だって、小学2年生)守りに入るなんて、もったいない。


もちろん、先生も、しっかり、サポート・応援していきます。



新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります