喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今週、13日にヤマハ郡山店にて、行われた、


「新版」みんなのオルガン・ピアノの本 活用講座」


に行ってきました。


講師は、有泉久美子先生。



テキストを開くと、作曲者名に、有泉先生のお名前もあります。


有泉先生が、このテキストに深く、関わられている事がわかります。



ずっと、気になるテキストではあったものの、レッスンでは、他のメソッド・テキストを使用していました。


昨年、リニューアルされ、テキストにも「新」という文字も追加され、実際手に取り、レッスンで、使っていく事に決めました。



レッスンに取り入れると決めたのであれば、やっぱり、講座は受講しておきたい。


あちらこちらで、この講座は開催されています。


日帰り出来そうな所で調べると、4月に、山形・新潟があって「どっち、行こうかな?」ってすごく迷ってました。


こうして、県内の、ヤマハ郡山のPTC講座として、今回の講座が実施され、受講できる事を知った時は、本当に嬉しかったです。


(3月にヤマハ郡山に行った時「5月の講座だけでも教えて!!」って、スタッフの方にお聞きしておいて良かったです)



今回の講座受講で、テキスト全4巻までの流れを再確認出来ました。


また、曲によってのアプローチの仕方の引き出しを、増やす事が出来ました。



このテキストが、たくさんの支持を受けている理由の1つに「シンプルさ」があると思います。


また、進度が、急でもなく、緩やかすぎでもない(・・・1・2巻はは早めかも)。



とはいえ、このテキストだけで、レッスンを進めるのは、難しいと思うので、併用テキストに何を使うか?が大切なように感じます。



まだ、1巻から使用している生徒さんはいませんが、4月から、2巻・3巻に、移行した生徒さんが、何人かいます。


とくに、今の所、スムーズに移行できていますが、指導していく中で楽曲を「どう弾かせるか?」という迷いのようなものが、私の中に芽生え始めました。


講座終了後、有泉先生の所にかけより、自分の中に生じていた迷いをお聞きしたら、丁寧に教えていただきました。


「大切なのは、どう先生自身が、その曲を弾かせたいか?」


というお言葉もらって、安心しました。


きっと、自分の中で、こうじゃないかな?って、思っていた答えと同じだったからだと思います。



生徒さんたちのレッスンを通しながら「新オルガン・ピアノの本」を掘り下げていきたいな・・・と思います。




新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります