喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


先週の木曜日、ヤマハ郡山さんにて開催された、


【有森 博「カバレフスキーを楽しもう」~ミニコンサート・公開レッスン~】


に行ってきました。



有森さんの演奏は、以前、郡山市のホールで開催された、コンサートを聴いた事があります。


今回、恐れ多くも、最前列に座りました。


演奏は、非常に素晴らしく(←この、ありふれた表現では物足りない・・・)技術の高さに、目が点。


後ろの席から、


「超絶~」


と、ため息交じりの声が聞こえたけど、共感。



「カバレフスキーは、子どもの曲、という印象をお持ちの方が多いけど、演奏会で演奏されるような、大曲も作曲されている」


と、有森さんからの説明がありました。


今回のミニ・コンサートでは、はじめて聴く曲が多かったです。



公開レッスンは、まだ、春休み前という事で、年長さんの生徒さんが、受講されました。


有森さんのお人柄も、垣間見れました。


それでも、欲を言うと「中高生位の生徒さんでの公開レッスンも見てみたかった」と思われた先生方も、多かったのでは?と思います。



最後の質疑応答では、


「さっき、超絶演奏をされた有森さん?」


と戸惑っちゃう位、会場からの質問に、物腰やわらかく、丁寧に、答えていました。



強く弾き、大きな音=後ろまで通る音とは言えない、小さな音でも、良く通る音もある。


指導者でもある有森さんが、生徒さんたち指導する時に大切にしている1つが、成功体験の積み重ね。


そして、


CDなどではなく、生の音に触れる、本物に触れる事の大切さを教えてくれました。



有森さんの存在は、昔、NHKの何かのコンクールでの密着取材を見ていて、知ったような記憶があります。


コンクールを目前に、ピリピリした感はなく、インタビューに気さくに答えていました。


インタビュー後は、水の入ったペットボトルを脇に置いて、


「練習しなくっちゃ!!」


と言って、最後は、有森さんの後姿を、カメラのズームが引いていって終わった映像、覚えています。


(きっと、私の抱いている、ピアニストというイメージとは、違っていたから、記憶に残っていたんでしょうね)



以前、郡山市にコンサートでいらした時のパンフレットです。


・・・有森さん、若い。




ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります