喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◇聴こえ方が違ってきたという事は、成長のあかし


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


「勘がいい」


といいますか、


「器用」


というのか、最初から、両手で弾いてしまう生徒さんって、いますよね。


卒業式で、伴奏をする彼女もそう。


今年度の卒業式で唄う伴奏も、決して、簡単ではないのに、最初のレッスンで、なんとなくですが、両手が弾けていました。


でも、まだまだ、表面だけ。


ん~見た目は、出来てるけど、ちょっと、刺激したら、崩れちゃうっていうか・・・


「もう、ある程度、両手で弾けてるんだから、安心でしょ、卒業式までも時間あるし、レッスンで、曲をあらためて組み立て直すけどいい?


左手だけ、同じ速さで、弾いてみてくれる」


・・・そしたらね、あんまり弾けないの。


両手では、弾けるのに、片手になると弾けない。


「まず、お家での練習は、片手ずつきちんと弾けるようにする事、


左手は、右手の脇役のように、勘違いしている人もいるかもしれないけど、左手の、バス音(ベース音)が、安定していないと、音楽は引き締まらないの、地味に思うかもしれないけど、すごく大切な音」


もうすでに、両手で弾けたのに、組み立て直されるって、逆の立場だったら、イヤだと思う。


でも、この生徒さんは、必ず、やってくれます。


「この右手の和音はね、メロディーも兼ねているから、和音の一番上を出すの!!」


これが、苦戦中。


でも、つねに意識しているんでしょうね、良くなってきています。


先日は、


「この前、学校で、この曲のCD聴いたら、やっぱり、同じように(先生が言っていたように)弾いていました」


って、教えてくれました。


そう、自分の意識が変われば、音楽の聴こえ方も変わる、聴こえ方が変わったのも成長のあかし。


他のお教室から縁あって、ぴありな音楽教室に来た生徒さん、前の先生からバトンを受け取りました。


いよいよ、あと1カ月で、卒業式ね。





ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります