喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です.。


先日書いた記事、


【イマジネーションを感じるレッスン】


で、書いた高校生の生徒さんのレッスンが、昨日ありました。


何度か注意しても、直らなかった箇所が、昨日のレッスンでは、直っていました。



少し、横道にそれますが、私の日曜の午後は、ラジオタイムです。


PM2:00~6:00まで、3つの番組を聞いています。


その中の1つ【きらクラ!】という、とってもとって楽しいクラシック番組があります。


この番組のコーナーの1つで【BGM選手権】っていうのがあって、司会者が、お題として、小説・絵本・詩・・・の1部分を読みあげて、その文章に、BGMとして、ふさわしいクラシック曲を募集するというもの。


これが本当に、驚きなのです。


応募の中から選ばれた3曲が、お題の朗読をバックに、BGMとして、3曲3回、流れるんですが、BGMが変わっただけで、言葉の印象がガラリと変わっちゃうです。



昨日のレッスンでも、前回、生徒さんがイメージした情景(ストーリー)に、BGMを付けるという感じで弾いてもらいました(見ている、無声映画にその場で、音楽を合わせる感じ)


とっても、情感が入った演奏でした。


でもね、


「イマジネーションは大事だけど、自分の音は聴いていた?」


ちょっと、ピアノを交代してもらって、例えばね・・・とお話ししました。



◇伴奏の音量が大きかった事。


◇ペダルの踏み方に工夫がない事。


◇書いてある、ペダルマークを全て守る必要はないけど、それは「自己流」とも違う。



「イマジネーションを大切にする」は、自己満足とも、ちょっと違う。


やっぱり、そこには、テクニックは必要だし、理論的に考える事も大事。



生徒さんの弾く、レッスン曲が、最近、堂々巡りに感じていた事もあって、イマジネーションを膨らまし、新たな風穴が開きました。


それによって楽しさも感じました。


そして、あらためて、演奏に足りなかった事、気付いてくれたらいいな・・・って思います。



私も、日々のレッスンで、技術的・音楽的指導に追われ、イマジネーションの楽しさを、忘れていた感がありました。


このどちらも欠けてはいけないように思います。


バランスですね。




ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事