喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。

 

高校を卒業して、進学した先は、東海地方の学校。

 

この地を訪れた時、驚いた事が、色々ありました。

 

今でこそ、東北にも『楽天』という、野球チームが出来ましたが、中日ドラゴンズの応援グッズを目にし「そっか、ジャイアンツじゃない地域もあるのだ」と、思いました。

 

聞いた事のない、イントネーション、方言が、街で飛び交う会話を初めて聞いた時は「なんで、みんな、怒っているのだろう?」と、思いました。

 

コンビニと言えば=セブンイレブン、ソースと言えば=ブルドックソースが、当時、全く通じませんでした。


今では、こちらでも入手可の、マスヤの『おにぎりせんべい』を食べた時の感動!!

 

私は、東北からは一人の在籍、じゃなくって、・・・関東から上を見ても、一人。

 

あ~これが、異文化なのだと、感じました。

 

でも、上京したその日から「ずっと、この地にいたい」という気持ちは、卒業するまで、変わる事はありませんでした。

 

いっぱい勉強して、いっぱい遊びました。


そして、こっちの人になれるように、しゃべり方もマネしました。

 

そんな素敵な月日を共にした、友人と、東京で再会しました。

 

彼女は、とってもピアノが上手で、卒業後も、研究生?だっけ、学校に残る事に決めました。

 

私は、大手楽器メーカの、システム講師として、地元に戻る事になり、大好きな人たち、大好きな場所から離れ、帰る事に、複雑な気持ちでいました。

 

あの日から、私たちは、別々な道を歩んできました。

 

そして、久しぶりの再会。




埼玉の川越に行ったよ。




実家の母のために、この「ふがし」、ずっと、抱えて、無事、持って帰りました(ホント、長いよこれ)。






寅さんの、柴又にも行ったよ。

 

「川越」といい「柴又」といい、シブいでしょ。




大好きな、明治神宮も行けました。




表参道で、散策も楽しみました。




大阪王将では、語ったよ。

 

「なんで、東京に来てまで、王将なん?」

 

って聞かれたけど「会津には、王将はないもん」ってね、でも、美味しかったから結果、オーライ。

 

帰り、彼女は『東京駅』私は『新宿駅』に向かうため、外回りと、内回り、別々の進行方向の山手線に乗り込みました。

 

ほぼ、同時刻に来た電車、彼女はそっち、私は、こっち。

 

また、別々の道に向かうんだな・・・って思ったら、学生時代、地元に帰る、あの日の事、思い出しちゃいました。

 

 

ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「すてきな仲間たち」 の記事