喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

今日は、久しぶりに、楽器店で教えていた頃からの先生と、ランチしました。

 

ビュッフェ式のランチ、お昼の営業が終わりまで、喋ってました・・・まだ、話し足りなかったよ。

 

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。

 

9月末に、一人の生徒さんが教室を卒業しました。

 

この生徒さんと、長い付き合いだったから、それなりに、思い出もあります。

 

イイ奴なんですが、繊細な所があって、人と関わっていく中で、まわりに影響を受けすぎてしまって、本当に悩んでいた時期も見てきました。

 

そんな生徒さんだったんですが、色々と考えた結果、100%自分の意思で、ピアノからの卒業を決めたんですね。

 

私に「ピアノを辞める」という、自分の思いを伝えた時の表情を見て、ドキッとしました。

 

今まで、見た事のない、力強さを感じたから・・・

 

さびしい事なんですけどね、なぜか、不思議と、嬉しかったんです。

 

「もう大丈夫、多少の困難があっても、自分の力で、乗り越えていける」

 

なんてね…この感情は「身内か!!」と突っ込みたくなる位、ピアノの先生の域を超えてますよね、

 

夜、お母さまから、電話があって、自分で考えた結果の強い意志だったと、そして「ピアノを辞める=私との関わりがなくなる」事が、とっても、寂しいと・・・

 

これって、私への本当に、最高の褒め言葉です!!

 

それがね、

 

救世主が現れました。

 

「私、また、ピアノ習いたい」

 

と、この生徒の姉(←社会人・元生徒)が名乗り出ました。

 

そして、今日が、復帰1回目のレッスン。

 

いっぱい、笑いました、すっごい、楽しかった!!

 



小学生の頃、このような絵を描いていた彼も、成長し、教室を卒業しました。

~絵のお題「遠足」~




↑こんなに、大きく成長いたしました。




↑そして、本日、元生徒とはいえ、ニューフェースが、やってきました。

 

「復帰」1回目のレッスン、

 

「スミマセ~ン、靴下はいてくるのを忘れました~」

 

だって。


・・・とはいえ、この言葉すぐ出た、という事は、教室のルールが染みついていた訳ね。


ちょっと、嬉しいかも。


同じ、社会人・大人同士の会話になっていたのも、嬉しいね。



ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事