喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

「ぴありな音楽教室」のホームページに、不正アクセスが検知されたようで、契約している、サーバーから、一時的に制限をかけてもらったため、開けなくなりました。


先程、修正したので、ホームページは見られるようになりました。


他人事と思ってたけど、そうではなかったと、とっても、良い学びになりました。


こんにちは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。

 

最近のレッスン室の会話で、ふと思った事。

 

今月から、ピアノを再開した生徒さんがいらっしゃいます。

 

一通りレッスンを終えた後、今日のレッスンの振り返り、そして、質問がないか聞きました。

 

生徒さんから、1つ、その日のレッスンで、やった内容の質問が出ました。

 

私の口ぐせ、

 

「答えは、教えないけど、ヒントは、どんどん出すね」

 

じっと考え、鍵盤をポロンポロンと弾き、答えを見つけ出しました。

 

そして、もう一人。

 

時期ですね、合唱の伴奏を指導し終えた後、

 

「(時間の関係で、最後まで伴奏をチェック出来なかったから)どうしても、ここだけは、先生に質問をしないと、帰れない、みたいな事ある?」

 

リズムの質問が出ました。

 

勘の良い生徒さんだから、きっと、私が摸奏したら、すぐ出来るかもしれないけど、勘ではなく、リズムを理解した上で弾けるようにしました。

 

答えを教えてしまえば、早いし、手間もかからない。

 

でも、その時、レッスンでは出来たけど、家に帰ったら、出来なくなってしまっては、ダメだと思うから。

 

そう、答えより、大事なのは、導き出し方を知ることだと思う。

 

この『考える』が面倒って生徒さんも見受けられるかな?

 

考えて「答えを出す」「弾けるようになる」この大切さ。


そして、楽しさを知ってもらうために、指導する側の引き出しも、増やしていかないとですね…

 

こんな事がレッスン室であったからか、スーパーに買い物に自転車に乗りながら、この事を考えてたら


「人生もそうだな」


って思いました。

 

人は、毎日まいにち、選択の日々。

 

どうしたら、自分にとっての最善の選択が出来るのか?どうしたらそこに、たどり着けるのか?時に、不安でいっぱいになるけど(ホントだよ)、その答え以上に、その方法を気付けるように、人として成長する事が大切のように思えます。


・・・スーパーからの帰り「今日は、おでんだ!!」と、自転車を走らせました。


うん、おでんの美味しい季節。

 


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります