喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


1週間前のお話し。


この前の日曜日、コンサートを聴きに、ヤマハ郡山に行ってきました。


コンサートは、


【コチシュ・クリスティアン ~ショパンピアノ名曲リサイタル~】



タイトル通り、オールショパンのプログラム、タイトル通り、名曲ぞろい。



ねっ、名曲ぞろいでしょ!!


しかも無料の、コンサート。


このコンサートのチラシを手にした時「聴いてみたいな・・・」って思ったんだけど、発表会前だし、無理かな?とあきらめていましたが、郡山市に行く予定が急きょ出来て、聴く事が出来ました。


『別れの曲』と『英雄』が、特に、良かったかな。


ただ、音楽教室内の、普段、講座なんかも行っている、サロンの中だから、そんなに、会場が広くなくって、若さ感じる、コチシュ・クリスティアンさんの演奏、この空間が窮屈に感じて(音がぶつかるというか)もっと、広い所で聴いてみたかった感がありました。


私の席は、前から3番目。


斜め前には、2,3歳くらいの本当にカワイイ女の子が、座っていました。


「わっ、かわいい、でも、ちゃんと座っていられるかな?」


って、思いました、・・・案の定、じっとしてはいられず(イスからも落ちそうになるし)そりゃ、そうだよね、休憩時間にママから、注意されて泣いちゃってたけど、ジッとしてるなんて無理だよね(女の子に同情)。


最前列、一番前には、ここの音楽教室で習っていると思われる、女の子たち、後ろには、その子のママたちが座っていて、クロックスのようなサンダルを履いて、足をブランブラン、思いっきり振っているから、


「あ~した、天気になあれ」


って、サンダルが、ステージに飛んでかないか、私ドキドキ。


最前列の客席から、ステージまで、距離が2メートルない位だから、コチシュ・クリスティアンさんの演奏に影響が出ないかも気にかけちゃって。


でもね、ピアノ近くの、最前列に座っていた、小学生の男の子の聴く姿勢は、素晴らしかった。


音楽教室主宰だから、小さな子も聴きに来るとは思うし、前で聴きたいのは分かるけど、客席が、全員、小さな子供とかだったら、気にしなくてもいいけど、ジャンルが、クラシックとかで、お客さまも、様々な年齢層の時は座る場所には、気を配った方がいいんじゃないかな?って思いました。


私が学生の時、弦の授業で、指導していた教授が言った事が今も、私の中にあって、


「コンサートで、客席の、最前列の足ブラブラは、演奏する側からすると、目立つ、足を組むのも・・・」


だから、私は、講座の時も、最前列に座る時は、注意しています(でも、無意識に足組んでいて、あちゃ~って思う)



よかったら、遊びに来て下さいね!!


→ 2014年度ぴありな音楽教室発表会のお知らせ


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります