喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

昨日、レッスン室の玄関前に、小さいクワガタが、ひっくり返っていました。


すごく、弱っていて、かすがに動く感じ、砂糖水つくってあげたけど、すぐ、ひっくり返っちゃう。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


先日『発表会の曲を一通り、テキトーに弾いてこよう』という、記事を書いたけど、その時「一通り」ではなく、さわりの部分だけ、弾いて来てくれた生徒がいました。


本当は、ものすごく、ピアノの力がある生徒。


でも、受け身、本当に原石としては、素晴らしいのだけどね。


きっと、今回選曲した曲を弾きこなすまでには、今の、受け身の姿勢では,間にあう事も、難しい事を知っているから、この事をお話しして、その日のレッスンを終えました。


この後、レッスンノートをまとめていた時、


「どうしたら、この生徒さんにとって、発表会曲をやりやすく(やりたく)なるのだろう?」


って、考えました。



「ソナチネ」だった事もあり、特徴のある、同じ音型を色別に分けて、色ごと(音型)に、弾いてくる課題にしたら、どうかな?って思いました。


(小さくってゴメンナサイ、拡大すると、画像が乱れてしまって…写真は、私の楽譜で、発表会前は、必ず、書き込みするための、記録・指導用として、全発表会曲のコピーを用意しています)


次の週、


「まずは、同じ感じの所を、色別に分けようね、この音型だけ、見つけてみて、全部で○個、あるよ」


って、そしたら、楽譜を、模様にとらえて、サクサク見つけて、色で囲むの、それも楽しそうに。


「今日の宿題は、左手は、全部見てくる事には、変わんないけど、右手は、色ごと・グループごとで弾いてきてね」


という、宿題にしましたが、この生徒さんは、週後半の曜日がレッスン日なので、結果、どうだったかは、今の時点では、ご報告できないんですが・・・


何か、問題が生じた時・上手くいかない時、生徒に対しても、自分に対しても、


「どうして~」


ではなく、


「どうしたら~」


から、考えると、解決策が見つかるし、プラスの気持ちになる事も多いです。


もちろん、この思考パターン、師からの教えだったりします。



明日は、新潟での、セロリ先生のセミナー、連続講座の2回目。


報告、しますね。



あっ、クワガタですか、昨日の時点で、もう、無理かと思って、見てみると、今日も、ひっくり返ってました。


「とうとう・・・」


と思いきや、生きてました。


もう、すぐひっくり返って(自分では、起き上がれない)、手もかかり、心配なので、さっき、砂糖水、新しいのに取り替えて、家の中の、鉢植えの上に置いておきました。


がんばれ、クワちゃん!!



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります