喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

5月は、新緑の季節!!


・・・そして、各種税金の月ですね(庶民)。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です


昨日、我が家のピアノを調律しました。


我が家のピアノ「ボストンくん」(私のピアノは、男の子だと思っている)は、我が家に来てから、ずっと、同じ調律師さんに調律をお願いしています。


この季節、この地域の数件の調律をするために、神奈川県から、短期滞在でいらしていました。


先月、この調律師さんから、葉書が届きました。


ここには、大病をした事、術後の経過は良好な事、そして、この地域は、弟子に引き継いだ事。


新しい調律師さんは、宮城県からいらっしゃいました。



丁寧に、掃除していただきました。


この様な光景ははじめて見た訳で、弟子とはいえども、調律師さんが変われば、作業の仕方も変わるのかと思いましたが、理由は後でわかりました。



鍵盤がないから、空っぽ。


調律が終わった後、1時間ほど、立ち話で雑談。


自分の遥か遠くにいる、師匠の作ってきた音は素晴らしく、それを引き継ぐなんて、恐れ多く、今は自分の出来る事を精一杯やるしかない事。


師匠は、1日2台の調律をこなしたけど、自分はムリ、だけど、その分、時間は取れるので、掃除までやらせていただきましたとの事。(丁寧な、ピアノのお掃除はこれでした)


師匠は、自分が引き継ぐ際(何度も断ったらしい)受け取った顧客情報は、住所と電話番号だけで、ピアノの先生なのかもわからないで今回、訪問している。←これには、笑ってしまいました、『らしいな・・・』と。


ピアノの製造という観点での、ピアノの取り巻く状況のお話しは、本当に興味深く、


「どうなっていく?ピアノ、こうした問題、ほっといていいの?」


そんなお話しでした。


新しい調律師さんが作った音、1年を通じ、どう変化していくのか、楽しみたいと思います。



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります