喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。



月2回の生徒さんも含め、今日で、新年度、全ての生徒さんのがスタートしました。


今年度から、レッスンノートが変わりました。


ノートの裏表紙には、私とのお約束事が書かれています。



わかりやすく、レッスンに行く直前のお家でのおやくそく、教室についてからのおやくそく、レッスンが終わってからのおやくそく、と場面ごとにわけました。


例えば、


◇今から、レッスンに行くよ!!→「わすれものはない?」など・・・


◇教室に着いたよ!!→「テキストを出しておきましょう」など・・・


◇レッスンが終わったよ!!→「ノートをまとめましょう」など・・・



と、こんな感じ、



新年度、最初のレッスンでは、全ての生徒さんと、読んで確認をしました。この確認作業は、年齢にもよりますが、もう少し続けようと思います。



そして、新年度、最初のレッスンでお渡しするのは、「教室規約」(新年度にかけて、毎年見直しするので)


「教室規約」って、縛り付けている感があって、最初は抵抗があったのだけど、今では、



【生徒さん、教室、双方のための大切なもの】



という考えになりました。


人は一人ひとり、思考が違う訳で、こうした規約で確認作業をする事は必要だと考えています。これは、どちらかというと、私のため。


そして、【私は、年間これだけの回数をします!振替えも(条件はありますが)します!】これらはある意味、私からの確約宣言でもあり、こうした内容は、生徒さん側のため。


イメージ的には、私と、生徒さんの間に、「規約」という、中立的な何かがある感じ。



とはいえ、ここは、私が主宰している教室、時に、規約にしばられない、ケースバイケースもありますが・・・





私の教室は、ビニールのチャック付袋(小銭が落ちる心配もないので)、中に入れる用紙は、毎年、少しデザインを変えています、昨年度から、規約に了承していただけると☑を入れてもらう欄を、設けました。



(レッスンノートの後ろを見せ)「こっちは、みんなと、先生とのお約束ね」


(規約の入った、月謝袋を見せ)「で、こっちは、お家の方と先生とのお約束ね」



こんな風に言って、規約の入った月謝袋を渡しました。



余談だけど、私のお気に入り月謝袋、ちょっと前までは1枚、¥100だったのに、値上げされて、今じゃ¥200、すごい値上げ率だよね。


新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります