喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。



昨日のブログ記事では、先週あった、私のレッスンについて、書きました。


そして、この日の夕方は、大きい生徒たち(中学生)のグループレッスンがありました。


2時間半のレッスン


たっぷりでしょ。


前回、2時間で行ったんだけど、時間が足りなくなったので、30分長くしました。



内容は、レッスンノートの使い方、新年度のレッスン曜日・時間の確認、


そして、今回のメイン内容は、



「先生からの課題曲を、自力でまとめましょう!!」



共通のテキストを持っているので、そこから、1曲選曲、ルールは、『アナリーゼを自分でし、両手奏までまとめてくる事』


先生のCDの貸出あり、ユーチューブなどの動画などを参考にして各自でまとめてくる。


グループレッスンの日まで、一切、個別レッスンではチェックもしません。



いつもの、個別のレッスンで、生徒さんたちは聞いてくるんですよ、


「先生、○○なんだけど、テンポは・・・」


「先生、わかんない記号があるんだけど・・・」


「先生、ペダルは・・・」


全ての質問に対して、心を鬼にして、ノーコメント、



「自分で考え、調べなさい」



で、当日4人参加、くじ引きで順番を決め、同じ曲を弾きました。


・音ミスあり、


・記号見落としあり、


・曲の完成の甘さあり、


色んな演奏がありました、でも、確実に言える事は、きっと、個別のレッスンで進めていたら、ここまで持ってくるのに、数週間かかった事でしょう。



この後、私が演奏して、演奏のポイントなど、楽譜にメモしてもらいました。次に、形式について、話し合い、一旦、テキストを閉じさせ、


「拍子は?」


「調号は(何調)?」


「(あらかじめホワイトボードに書いておいた)この曲に出てくる、この記号は?」



新しい楽曲に取り組む前に、これらの事は知っておかなければいけない事(ここにいる生徒たちは、自分で、調べられる力はもっているはず)


それに「弾いてきてね」は、1回さらっと、弾いてくるのではなく、


「今、自分が出来る最大限の所まで弾いてくる」


事だと、思っています。頭で理解するだけでなく、行動に起こせる生徒になってほしいと思います。



そう、今回のグループレッスンの一番の狙いはここです。





新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります