喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

【深夜、フィギュアスケートを録画して、翌日の夜、それを見る】


だから、夜は時間が取れず、ブログ、ちょっとだけ間が空いてしまいました。


(もちろん、今日も、録画してある、昨日?今日?深夜にやっていた、アイスダンス、フリーを見ます!!)



こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。



ちなみに、元気です!!



「教室の生徒さんにお願いする、生徒募集のチラシを作りたいんだけど、教えてくれる?」



と、お友達の先生からお願いがあり、先生のお宅へ行ってきました。



「フォント、どうする?」


「色、どうする?」



と、確認しながら、サクサクと作業を進め、



「囲み枠って作れない?」


「もうちょっと、端に寄せて」



そんな要望も、お茶の子さいさい!!



(メールと、ネットしか出来なかった鈴木も、パソコン操作、本当に格段と進化しました)



「ん、何かが違うんだな・・・」


出来あがったチラシを見てて、思いました。



「文章が変なのかな?」



って思いました。



でも、ここじゃない!と、と気付きました。


1枚の紙に書いてある、次の文章。



◆どなたか、ピアノ・音楽に興味をお持ちの方がいらしたら、ご紹介ください


と、


◆体験レッスンも、やっています。お問い合わせ先は○○○



上は、保護者の方に向けてのメッセージだけど、下の文面は、これから出会う、未来の生徒さんに向けての言葉。



本来、別々に届けたい人達への言葉が、1枚の紙に書いてある。


だから、違和感みたいなのを感じたんだ。



お友達の先生も、納得してくれて、もう1度、文章を練り直す事にしました。(「保護者様へのお願いプリント」と「生徒募集のチラシ」を2枚作るかな?という事で、この場では解決)



私は、教室通信を書いている時も、このブログを書いている時も、フェイスブックの書き込みだって、実は、具体的に「こんな人に響いてくれたらいいな」って、イメージして書いています。


時には、一人の人に向けている時もあります。(一方通行かもしれないけどね)



昔、自分の教室のチラシを作成するに当たり、同じコーチングスクールの弟のような仲間に、


「具体的にイメージする事の大切さ」


を 教えてもらいました。



今回、チラシ作りのお手伝いで、改めて、「誰に届けたいの?」って大事なことだと、気付かせてもらえた鈴木でした。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ
◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「すてきな仲間たち」 の記事