• 23 Jul
    • パリのヘアサロンCHOKI CHOKIで日本人美容師のチエコさんにカットしてもらいました。

      明日、24日、日本に発ちます!帰国します。 そう、ヴァカンス! といっても、避暑地でのんびりというわけではなく、毎日、予定が何かと入っています。   それで、ギリギリに取りあえず、すっきりしたいのでヘアカットを!!っと20年来のパリのお友達、ヘアスタイリストのチエコさんが働く15区のサロン「CHOKI CHOKI」に行ってきました。         15区までは、どーも遠いという先入観があって、いつも時間がないので、出張カットを、日本人のKさんにお願いしてもらっています。 Kさんもとってもいい方で、大好きなのですが、今、日本に里帰り中でして。 20年来のお友達なので、チエコさんもその辺のこの狭ーいパリの日本人社会、よくわかってくださていて、ありがたい。        日本とは、カナリ、状況が違うのがパリの美容室。 このCHOKI CHOKI(チョキチョキ)は、デジタルパーマもできるんですよ。希少価値が高い!       チョキチョキは、日曜日も営業しているので、近所だったら、いいのに!!! どうやら、第2号店出店計画中らしいので、右岸に、それも、マレ辺りにできてくれて、チエコさんが転勤してくれたら、、、、と勝手に思ってる😍😍 やっぱり、日本人は、手先が器用だし、カットだけは、外国人には、お願いできない。日本以外のヘアードレッサーは、失敗→後悔→涙の経験ばかりでした。   日本到着翌日、10時〜、仕事の方へ、ご挨拶と、頼まれた商品を届けるので、やっぱ、それなりに日本ですもの。いつものパリの汚い?日本人では、イヤですものね〜。  とは、言っても、、、、 今回の日本滞在は、体調の問題もあり、予定していたお茶会は、残念ながら、中止せざるおえなくなってしまいました。    眩しくて、思わず、ウインクセルフィ(≧∇≦)     チエコさんは、手仕事クリエーションが好きで、センスと才能があるので、「Chi-etoile」というアクセサリーのブランドも立ち上げているんですよ。チエコさんのブランドchi-étoileのサイトは、こちら⏩      サトミーナの回りには、パリでステキに頑張る日本人女性がいっぱい、いますよ〜。  パリに住んで、仕事して、ママして、日本より、そりゃ〜日本と環境も違うし、恵まれていないし、苦労も多い。        でも、自分の良さ、個性を良い意味で、自分らしく生きるサトミーナの回りのパリの日本人マダム女子。 元気をいっぱいもらえるし、また、こちらも元気を与えて、変に、慰め合ったり、その場で相手の状況に共感したり、愚痴ったするようなベタベタしたお友達関係では、決してない。 お互いに、同じ前を向いて、これからもパリで、どんなことがあっても、同じ方向に向かって歩んでいると思えるチエコさん。 こんな友達がパリにいるって、ホント、財産です。   しかし、ですが、ですが、、、、お茶会 IN TOKYO、来年は、できるとイイナ〜。  SALON CHOKI CHOKI PARIS4 Rue du Hameau, 75015 ParisTel:01 45 31 87 41     明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ  

      NEW!

      9
      テーマ:
  • 22 Jul
    • パリのマレBHVデパートの裏にあのデザイナー・アライアのギャラリーがあります。

      マレのデパートBHVの裏、Verrerie通りの18番地にボディコンシャスなワンピーやドレスで一斉を風靡した、あのアライアのアウトレットショップがあります。       その18番地の中庭に入って、右側にアウトレット、正面に、ギャラリー・アズディン・アライア(la Galerie Azzedine Alaia)があるんです。        ここは、北マレによく見かける、昔の工場跡の建造物。        インダストリアルスタイルのギャラリーは、いかにもパリらしいオシャレな空間です。        スペース的には、さほど、大きくはないが、天井のガラスから、自然光が差し込み、昔の面影を感じる。        また、壁には、フランスやイタリア、イギリスを中心としたヨーロッパの地図が描かれている。      実は、このアズディン・アライアのギャラリーは、毎年、世界45カ国、100都市で開催され、全会場来場者数が4,000,000人以上という世界報道写真展=ワールド・プレス・フォト展のパリの会場として、昨年まで、使われていました。 今年は、昨年のパリのテロ事件の影響で、フランスでのこの写真展の開催の予定がなくなったと聞いています。 残念ですね。  このアライヤのギャラリーのスペースは、フォトギャラリーしての写真の展示がとてもマッチングするんですけどね。  現在の展示アーティストは、ドイツは、ハンブルグのアーティスト、クリストフ・ヴァン・ウェイ氏の初めてのパリの個展だそうです。       もし、自分がフォトグラファーだったらいつか、自分の世界感を表現したいし、作品を見てもらいたいと、絶対に思う。 そうなら、こうしたパリらしいギャラリーで、自分の展覧会や個展をしたいと思う。     なによりも、パリでの、個展は、場所、立地、アドレスが重要ですから。 こうしたギャラリーなら、作品を見にきてくれるパリの人たちもアートに神髄している、それなりのクラスのある方達になります。     いつか、パリで、自分の作品を発表したいと思っている日本のアーティストの皆さん、確かに、予算は、オーバーするかもしれないけど、こういう立地や雰囲気の条件は、それなりの価値、意味は間違えなく、絶対にありますよ。 パリでイベントや展覧会したい!また、いつかやりたい!という方がいらっしゃいましら、ご連絡下さいませ〜♪   こちらをご覧ください(≧∇≦)⏩        明日もお楽しみに!  私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ 

      12
      テーマ:
    • レオナルドは、今、イギリスのサマースクールに行っています。

        10日、イギリス、バーミンガムに旅立ってから、梨の礫のレオナルド。 無事に着いたとの連絡と、ユーロの決勝戦以来、いったい、何をどうしているのか〜??わからない、レオナルド。        完全に、親離れ。ウザい!と思わ、一人でやらせてくれ!だと。 そんな心配する親心をわかってくだってか、今回のサマースクールをお世話して下さった、イギリスの留学エージェンシー、ロビン エデュケーション(ROBIN EDUCATION  Ltd) のCEOのダシルバ 由美子さんから、レオナルド君に会いましたよ!頑張ってますよ!というメッセージと写真をいただきました。     ⇧イギリスは、ヘアカットが高い?から、ヘアドレッサーに行くのをあきらめたらしい。で、イケメンが台無しっと、写真嫌いに。うぬぼれられるって、ワカイよね〜。  久しぶりに見る、息子の顔。ステイ先のファミリーもとっても親切でいい方々だそうです。 少しは、自覚をもって、お勉強に励んでいるようです。  ロビンエデュケーションの由美子さんのブログは、こちらから⏩⏩    「俺!一人で生きてけるぜ!」だと・・・自分で、自立するということは、働いて、自分の収入で責任を持って、生きるということ。 そうなってから、言ってくれ!っと。 「そうなんだよ!それが、難しいんだよ」と。 当たり前だよ。誰でも、皆、赤ちゃんの時もあるし、子供のときも、ある。そして、大人、18歳になるんだよ。 あと、何年かな、、、本当に社会人になるの?? ずーと、その日のために、私も頑張ってきたような気がする。 そして、振り返れば、きっと、今の彼の青春時代に味わう親の心配&ストレスも懐かしく思うんだろうな〜。 こんな親子でも、こんなんでも、今が、一番いい親子の生身のふれあいなのかもしれない。 後もう少し、、あっという間。      それでも、やっぱり、いつでも、どこでも、レオ、あなたのこと、心配して、見守っていますよ。 元気で、帰ってきてね。 由美子さん、ありがとうございます。 フランスの秋休み、また、イギリスに行かせようと、先走る母です。 また、よろしくお願い致します!!       明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      22
      2
      テーマ:
  • 20 Jul
    • パリの和楽で、店主で和菓子職人のどら焼きとシャンパンをいただきました。

      ゆだるような暑さのパリ。昨晩は、珍しく、熱帯夜。 日差しが、日本と比べて、ハンパなく強いので、瞳の奥まで焼け付く感じがします。     さて、今日は、日本の常連のクライアントさんの用事で、ボンマルシェに行きました。 そのボンマルシェから、それほど遠くないセーブル通りから路地に入った、静かな住宅街にひっそりと佇む、日本の和菓子店「和楽」WALAKUで、午後の休憩タイムをさせていただきました。      カウンター席とテーブル2席と、こじんまりした雰囲気のある店内は、ランチタイムと午後のお茶の時間は、いつも、予約でいっぱい。     今日は、運良く、午後のお茶の時間が予約取れるということで、ラッキーでした😊😊  でも、もちろん、泡!泡!泡!喉を潤すには、はやり、シャンパンでしょ。     和菓子とシャンパン。パリ、和楽さんならではのコンビネーションです。  和菓子職人である店主の村田崇徳氏が、注文したどら焼きを目の前で丁寧に、焼いて下さいました。      グルテンフリーの私。 小麦粉大丈夫かしら・と心配しましたが、美味しく、いただきました。 程よい甘さの餡子も、クオリティーの高い日本産の小豆を使って、手作りしていらっしゃる。      手先の美しさに、ホレボレいたします。 技とかアートとか、フランス人から「BRAVO!」の声が聞こえそうですが、そんな、形容詞では、語りつくせない。一つ一つの和菓子に作り手の暖かいぬくもりを感じます。       ショウケースには、美しく繊細な和菓子が並んでいます。      最近、めったに、左岸に来ませんが、こんなゆったりとした時間。 又、カウンター越しに、店主の村田氏に日本語で、お話していただける、パリにいることを忘れてしまいそうな場所です。  いつも予約で込んでるけど、丁寧な接客をお受けするとこれくらいのこじんまりした空間で、いいんじゃない!と勝手に、思ってしまいます。 そんな和楽さん、次、今度は、いつ行けるかな??     和楽 WALAKUpatisserie japonais par AIDA33 rue Rousselet 75007 ParisTel:01 56 24 11 02     明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      25
      テーマ:
  • 19 Jul
    • フレンチ料理界のスーパースターシェフのシリル・リニャックの3つの店舗に行ってきました。

      一つ星レストラン「ラ・キャンジエーム」の人気スターシェフ、シリル・リニャック(Cyril Lignac)氏。  お写真お借りしました。   近頃、フレンチ大女優、ソフィー・マルソーとの熱愛が話題になったばっかり。 さすが、イケメンシェフと言われるだけあるし、11歳年下の彼を射止めるだけ、ソフィー・マルソーもいい感じのアラフィフ、カワ熟女で、ステキだし。お似合いだわ〜。 彼がイケメンかは、好みの問題ですが〜(笑)美食の県、アヴェロン出身のとっても、気さくなサンパなお人柄のよう。  さて、パリのビストロ通りとして知られるポール・ベール通りの一画に、シリル・リニャックのグルメのトライアングルゾーンがあります。 その彼のビストロ、パティスリー&ブランジェリー、ショコラティエ+サロン・ド・カフェに、ちょこっと、お仕事で、行ってきました。           時間的に中途半端で、ランチも遅めになってしまったのですが、快く応対してくれた、ビストロのイケメンのサービスのお兄さん。     このショコラティエは、毎朝8時からオープンしていて、プティ・デジョネもOK。午後もサロンとして、営業している。⇩⇩        ブルーマリーンとマロンのシックな色使いの組み合わせのインテリアが、なんともオサレ。 タブレットのチョコレートもお土産にGOOD。  シリル・ニャック氏のビストロ、ル シャルドノーのメニューは、夏らしいフレッシュなニョッキや柔らかビーフなど、見た目も楽しませてくれるし、お味も、とても美味しかった◎◎◎      グルメ好きは、パリに来たら、滞在中に1度は、ホテルのブレックファーストもヤメて、近所のブランジェリーもお休みして、ここで、のんびり、朝食→ランチなんていいですね。 サマータイムは、のんびり、パリの時間の流れに身をゆだねて、ランチタイムまで、読書でもしながら、過ごしたり。       このカルティエから、ちょっと足を伸ばせば、 毎日、開催されているパリのガラクタ市マーケットのアリーグルの蚤の市(月曜休)もある。 また、近くのシャローンヌ通りにもアンティーク屋さんが、何軒かあるので、午前中、散策して、また、このビストロに戻ってくるものいい。     ここは、何かと話題のパリのシェフ界のリニャック氏のグルメワールドを充分に堪能出来るエリアです。 このカルティエは、バスティーユより、更に東で、中心地より、少し、離れるけど、是非、一度、訪れてみる価値大ですよ。   ⇧⇧食事の最後に、マドレーヌのサービス付き。   Le Chardenoux 1 rue Jules Valles 75011 Paris01 43 71 49 52 La Chocolaterie25 rue Chanzy 75011 Paris01 55 87 21 40 La Pâtisserie Cyril Lignac24 rue Paul Bert 75011 Paris01 55 87 21 40    明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      18
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 日本からのお土産でもらったライザップのダイエットレシピ本、作ってみた。

      先日、パリに来られた日本の常連のクライアントさんから日本で発売されたばかりのライザップのダイエットレシピ本を2冊もお土産でいただきました。      日本のあのCMで話題のライザップ。パリにはまだ、ライザップがないので、まず、自宅でレシピからそのメソッドを学べるなんて〜。ラッキーです。 自宅でできるライザップ 食事編」(扶桑社)と「ライザップごはん」(講談社)の新刊2冊とも、パリでは、まだ、手に入りませんから、超レア!日本の今を先取りした気分です。 書籍なんて、スーツケースも重たかっただろうに、、、、本当に、ありがとうございました。  なんせ、春から、ずーと、甲状腺の調子が悪く、その病気の特徴で、痩せたり、太ったりを繰り返すことが心配されていたので、体重管理に危機感を感じておりました😿 だから、今の私の健康のためにも、ライザップの食事本は、とてもいいタイミング。  そして、まず、晴れた日、人影は少ないヴォージュ広場で、じっくり、2冊読んでみた。読むだけで、痩せそう〜。笑      そして、自分が、あまりにも、栄養学に無知だったことに、唖然としてしまいました例えば、トマトって、以外に糖質が多かったり、知らないことを知るって、面白くなっちゃって(笑) 1日3食、食べて痩せる!お肉も、ステーキもOK。糖質のコントロールをベースに、ただ痩せるだけじゃなく、しっかり食べて、カラダの中から、元気に、綺麗になる!  で、さっそく、お料理好きとは、決して言えないsatominaが、冷蔵庫にあるものを、テキトーに出してみた。 パリは、BIO(オーガニック)やグルテンフリーの食材がスーパーで手軽に買えるので、もっぱら、小麦粉もNGで、病気と闘っております。     そして、 いただいた「自宅でできるライザップ 食事編」の本の64ページ。 こちらの「鶏ササミプレート」にトライ。    出来上がりは、こちら⇩⇩     レシピ本では、ブロッコリーを使うんだけど、ちょっと、今、ブロッコリーは、甲状腺に悪いと聞き、買ってないので、変わりに、マッシュルームにしてしまった。パプリカも多めにいれて、ヘルシーな1品。 それじゃ、なんとなく物足りないので、他に簡単レシピをチョイスと、、、今度は、同じ本の97ページの「ツナの卵炒め」を追加でチョイス。      出来上がりは、こちら⇩⇩      パリで、小松菜を手に入れるには、日本食材屋さんか中華街に行かないといけないので、変わりにパリのどのスーパーでも買えるベビースピナッチにしてみた。  2品で10分程度のクッキングタイム。こりゃー、楽チンでいいわ。  パリで入手するのが難しい食材は、こうしたフランス素材を代わりに使えば、いいんだし、お肉は、本場、フランスですもの。豊富にある、ある。 ただ単にジムやジョギングだけでは、カラダにこびりついた脂肪は、簡単に落とせない。悲しいかな‥‥厳しい現実。 でも、こんな簡単なシンプルなライザップレシピなら、無理せず、続けられそう。 パリでは、ジョギングも盛んだし、ジムに通うパリジャン&パリジェンヌ。パーソナルトレーナーのジムも、最近は、増えた。 でも、食べることとなると、栄養士にアポをまた、別に取ったりと、めんど〜。  ライザップ・パリができたら、運動&食事と両面から、一括トータルで、しっかり管理できて、あのCMのように痩せられるのなら、人気出るだろうな〜。 ラーメン屋の進出はもういいから、こういう日本産業がパリに出てきて欲しい!! このレシピ本読んで、一つだけ、フレンチ向きでない!と思えたのは、、、デザート。 甘い物は、しっかり甘い、フランスのスイーツ。 大人も子供も、パリジャンもパリジェンヌは、しっかり、こってり甘〜いデザートじゃないと満足できない。 だから、お肉ガッツリOKでも、完全な糖質コントロールは、少し、ハードルが高いかもな〜。と。 お仕事上、satominaも、甘〜いリサーチ系多いし、ダメだ!ダメだ!      明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      16
      2
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 日曜日もオープンしているパリ15区のショッピングモールのボーグルネルへ

      今回、パリ限定でサトミーナのブログモデルとして活躍してくださっている(笑)東京のHACOLINO DESIGN社のデザイナーの野渡さん。    抜群のスタイルと、その美しさで、行く先々のショップでフランス人、日本人から、モデルさん!と言われ、「違います!」と何度言っても、信じてもらえず。 日本の雑誌で見た!とか日本のTVで見た!と言われるほど。 否定するのも??あまりにも思い込まれているので「OUI! 」と答え、急遽、サトミーナのブログのモデルをしてもらい、ブログ登場OKをもらいました。 これなら、まんざら、ウソではないので、行く先々で、モデルさん??!わーーー!と言われ堂々と、そうでーす!サトミーナのモデルです!とジョーク。 そんな楽しいパリのリサーチ。 15区のショッピングモールのBEAUGRENELLEヘ。 仕事でパリに来ているのですから、パリで見たい所は、皆さんそれぞれ、ポイントがあって、ただの買い物では、ございません! 内容は、㊙       ↑パリは、夏でも冬でも感想し、空気も悪いのでどうしても喉を痛めやすい。 Cojeanでの軽ランチで、ビタミンをがっつり補給して。    トム・ディクソンデザインのレストラン「ECLECTIC」の外のテラスは、大賑わい。 ↓  さてさて、タクシーで、次の場所へ、移動いたします。 BeargrenelleRue Robert de Flers, 75015 ParisTel:01 53 95 24 00              明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      22
      テーマ:
  • 15 Jul
    • パリ祭のエッフェル花火前の16区トロカデロにいたんですよ〜。

       今日は、カトルズ ジュイエ(7月14日)、革命記念日。 日本では、パリ祭と、呼ばれていますね。     午前中、朝早くからシャンゼリゼでのセレモニー&パレード&航空ショー。     夜は、エッフェルタワーで、コンサート、そして花火。 今年は、この時期、まだ、パリにるので、2年ぶりのカトルズ ジュイエ。    昨日は、16区の方に、お泊まりしてしまって、祭日をグタグタのんびり。  で、夕方になってしまい、もう1泊泊まっていっちゃえ!とのんびり構えていたら、明日、パリ時間の朝、6時にスカイプミーティングがあった。  なーんも資料持ってきていないので、マレに戻らなきゃです。  1日中、パリのお空は、ヘリの音。ヤバい! このままだと、パリの東へ向かうのは、ダメかも、、と焦りだしました。      コンサートも花火はまだ、なのに、16区のトロカデロ、パッシー、15区の方まで、全域、ブロックされていた。   タクシーもuberもダメ。メトロもない。       タクシーもuberもダメ。メトロもない。いるのは、ポリスと人。人。人。      あーあ。  早く、ここから、逃げなきゃ〜。  結局、ビラケムまで行こうと思ったけど、橋が通行止め。     16区住民の時代は、エッフェル花火をよく見たものです。花火の後の帰りが、大変なんですよ。 花火は、日本方が、きれいだと思うけど、パリは、エッフェル搭のロケーションが、ビューティフル   エッフェルタワーって、著作権問題があるから、削除されちゃうかも??ですが、今日のエッフェルの夜。花火は、こちらのリンク(Tour d'Effiel)からご覧いただけます。↓https://www.facebook.com/TourEiffel/videos/1170503302986970/    明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      22
      テーマ:
  • 14 Jul
    • パリのブランド買い取りリサイクルショップ

      重い腰あげて、16区のアパルトマンの片付けへ! マレから、16区は、遠〜くてね〜。 先日、16区に置きぱなしにしている不要なモノも、きれいさっぱりに捨てて・・・ の前に、取りあえず、リサイクル・ショップフランス語で、dépôt-vente(デポ・ヴァント)というところに持って行った。      実をいうと、16区民であったけど、このデポ・ヴァントの利用はビギナー。 パリの委託販売の買い取り金額の率がいいって、ホントは、日本のパリ特集のTVで見たの(笑)  家庭で不要な品々を預けて、売れたらお金がかえってくる委託と即日完全買取の二つの方法があります。       たしか、オペラ日本人街には、BOOK OFFがあって、日本語の本の買い取りなんていうこともできたらしいが最近は、もう、日本語の本のリサイクル買い取りはやっていないようなことを聞いたけど〜。   今回は、そのTV番組をふと思い出して、、、、16区=片付け=デポ・ヴァントとリンクし、即実行したわけ。    16区の区役所の近く、ル ドラ ポンプ駅すぐそばに、「RECIPROQUE」(レシプロック)と書かれたいくつものオレンジ色の看板。      パリ最大級、この通りに集中して、何店舗かあるので、目立ちます。   引き取り(デポ)には、事前にTELでアポが必要。これが、案の定、おフランス。何度電話しても、電話に誰も出ないなんて、、、ことが数回。       そして、アポの時間に行ったら、「アポなんて取っていない!」っと言われ・・・。 それでも、そこは、フランス人のレオナルドが上手ーく接してくれて、引き取りをやってくれることに。 やっぱ、人種差別的なところとかって、絶対あるから。フランス人の対応には、フランス人がいい! やつ(レオナルド)は、本当に、人当たりもよく、コミニケーション能力があるので、さらっと、難点を解決してくれるので、助かるわ〜。       ヴィトンバック、ダミエとか、モノグラム、エピなど6点とヴィトンのシューズ2足をその場で、現金化。 委託より買い取りの方が率は低いらしいが、取りあえず、置いて行きたい!持って帰りたくない。 その場で買取の率も、日本よりいいとTVで見たから(笑) うん、たぶん、本当だと思った。 思っていたより、高額で引き取ってくれた。ちょっと、ビックリ〜。 今度は、いつ、また、持ってこようかしら〜。でも、めんどくさがりだから。16区は、遠いしね(笑)     ↑↑店内には、コンディションの良い状態のラグジェリーブランドのお洋服がいっぱい並んでる。 でも、引き取り&買い取りは、ルイヴィトン、シャネル、エルメスだけだそう。 他のブランドは、今は、受け付けていないとのこと。       隣のお店は、絵画や骨董品専門、向かえは、メンズ、反対の隣は、アクセサリーやビジューのお店と一体、何店舗あるのかしら〜。     お手伝いしてくれたレオナルドに、ホームステイのお小遣いをせびられた。 全部くれって!とんでもない!そんな、やれないよ!!     パリのこうしたdépôt venteが、日本のTVだと、ビジネスのヒント、ビジネスに繋がるアイデアというコンテンツだった。 日本のどんな業種が、また、このパリで、新しいビジネスの展開をして行くんだろ? そっちが、おもしろそーです!    RECIPROQUE89,92,93,95,97,101rue de la Pompe 75116 ParisTel:01 47 04 30 28      明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ  

      17
      テーマ:
  • 13 Jul
    • 今、パリのルイ•ヴィトンの美術館は、特別イヴェントでカラフルな色に覆われています。

        パリのブローニュの森にある、ルイ•ヴィトン財団美術館FONDATION LOUIS VUITTONに、行ってきました。      今回は、事前にチケット予約で、オープンぴったりの11時にサラッと入館。 セキュリティーチェックもあるので、朝一番で行く場合、チケットなしだと、ちょっと並ぶので、、、、事前にブッツキング要デス。      いつも、この美術館では、建築家、フランク・ゲリー氏の斬新な設計を見ることが、正直、企画展よりも、何よりも興味深い。     今シーズンは、中国のアーティスト系の企画展。      5月から期間限定で、パレ・ロワイヤルの中庭のインスタレーションで知られるフランス人アーティスト、ダニエル・ビュラン氏とのコラボレーションで、フランク・ゲリー氏のルイ•ヴィトン美術館の建築物がカラフルな色に覆われています。       こんな特別プロジェクトも幻想的で、実に、ス・テ・キ!     エントランス→館内インフォメーションがあるメインフロアをそのまま、まっすぐ、突っ切ると、外にでれます。     そこは、Jardin d'Acclimatation =ジャルダン・ダクリマタシオン(アクリマタシオン庭園)という、こどもの遊園地です。こちらです!↓↓    園内施設には、レトロなアトラクションやゲーム、遊具場やトランポリン、農園でのワークショップ、とっても小さい動物園があります。 レオナルドが、まだ、可愛かった頃、よく、来ました(≧∇≦) アクリマタシオン公園には、子どもたちの誕生日パーティーの会場レンタルスペースもあるんです。フランスでは、小学生くらいまで、子どもたちの誕生会は、自宅に招待や、イベント会場を探すなど、結構な大仕事だからここは、昔から、バースデープランもセットなので、忙しいパリの父母には、便利でよく知られています。 で、今は、当時と違って、チケット一枚で、ルイヴィトン美術館も子どもの遊園地も自由に行き来きできるとなると子どもたちのお誕生会の送迎のパパやママは、大人だけで、ゆったりカルチャーアクティビティ、美術館を観覧できるわね〜。  パリも、小さい子どもがいる環境が、どんどん良くなってる!!      それに、この美術館と公園の2つのコースは、パリッ子カップルのお出かけデートスポットとしても超人気です。   ↑↑時間が早く、まだ、ランチとまではいかず、、、3人で、ノンアルコールで、泡。ペリエ(笑)  最後は、忘れず、ここでしか、買えないレアなキャンバス布地のルイヴィトン美術館限定エコバックを大人買い。 こちらは、パリ土産として、日本でも話題でぼったくり価格なんて言われているけど、日本で買うおフランス品は、関税や送料などで、なんでも、お値段が、高いのは、当たり前です〜ね      お土産だけでなく、このギフトショップでは、アルキテクチュールな書籍も充実さしているので時間が過ぎるのを忘れて、ずーっと見ていたい。  そして、買いたい!けど、今回は、重いし、つぎがあるので、パス。次回は、本が欲しい!     また、このルイヴィトン美術館は、秋〜冬の閉館間際ギリギリあたりに、入館して、、しっとり、芸術を堪能するのも、とってもいいんですよ。 ヴァカンスが終ったら、また、来よ〜と!     FONDATION LUOIS VUITTONルイ•ヴィトン財団美術館8 Avenue du Mahatma Gandhi 75116 ParisTel:01 40 69 96 00               明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      17
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
  • 11 Jul
    • 涙のユーロ2016も終わり、パリの空は、パリ祭の準備が始まりました。

       涙の夜。一晩明けた、パリの街、月曜定休日が多いマレの商店街やカフェから、どこか、寂しさを感じる。       土曜日の夜、完全徹夜で、昨日、ユーロ決勝当日、イギリス、バーミンガム郊外にホームスティ先に 朝、5時に、ひとりで、すべてやりたい!やる!と言い張る我が家のレオナルドは、フランスチームのユニフォームを着て、トリコロールをリュックに結び、フランスの優勝を疑うことなく、一人で家を出て行きました。 一人、バーミンガムに着き、電車で、ホームスティ先に向かった。連絡がないのは、いい知らせ!息子のスティ先、学校のある街も、よくわからないが、無事、到着したらしい。    フットを愛する彼は、毎日、フットファン恒例の昔の試合をYouTubeで見ては、興奮してました。 なぜ、フットのファンは、クロノロジー、年代別の大会ストリーや選手の神プレイをこうも、何回も見るのでしょうね?? フットボールチームの親友、ルカ君と、準決勝の勝利の後は、エッフェルタワーからバスティーユまで喜び、叫び続け、歩いてきたほど。       そして、イギリスどこかで、スティ先か?パブ?で見たかわからないけど、、23時43分に試合の結果を知る私は、電話してみた。 泣きじゃくる、レオナルド。 泣きたいから、1人、ホームスティ先を出て、外で、大泣いているらしかった。 危ないから、早く帰りなさい!と言ってあげても、慰めにもならない。 勝負の世界は、仕方ない結果。      日本では、○○ロスで、会社休みます!なんていうことがいわれるけどフットファンの男の子も例外ではない。 落ち込んで、部屋から出れないコもいるらしい。 今朝から、連絡とってないが、レオナルド、、、学校、行ってるかしら、、、ねぇ〜。      ホント、私は、サッカーファンとまで、いかないけど、ルールも、しっかり知ってるし、私なりのサッカーの楽しみのイケメン探し。 実は、フランスには悪いが、CR7だったので彼が、負傷し退場して、ジーンときて、試合、見ていられなかったの。   パリの街角では、次は、勝つと、皆がお互いにそれぞれ励まし合っている・・  泣いていても、パリの空は、14日の革命記念日の祭典、航空ショーの練習が、始まっています。  Merci les Bleus      明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 10 Jul
  • 09 Jul
    • マレ地区にある不思議の国のアリスカフェでお茶とタルトのティータイム。

      マレの4区、ユダヤ人街と知られるロジェ通りの端にパリっ子にアリスカフェと親しまれているメチャクチャ有名なカフェ「Le Loir dans lLa Thelere 」=ル・ロワール・ダン・ラ・テェイエールがあります。       テラス席はなく、インドアですが、ランチタイムやウィークエンドのアフタヌーンタイムは、行列ができあるほど人気のカフェ。 アリスカフェの愛称は、不思議の国のアリス好きのオーナーの趣向で店内には、アリスの壁画が飾られているからだそうです。    ファニチャーも個性的な、インテリアの空間が広がる店内です。     10種類ぐらい並んでいる焼き菓子を見ながら、 オーナーやサービスのイケメンお兄さん達にオススメを聞いて、 オーダーすると、テーブルまで、運んできてくれる。    アリスカフェのスペシャリテ、一番人気のケーキは、 ビックサイズのメレンゲのタルト。↓↓   砂糖がコッテリ、大量に入っている食感で、 一人では、とても食べきれないこのボリューム。 でも、それを、フレンチピープルは、男女とも 1人で、ペロリと食べちゃう。     季節のフルーツをふんだんに使ったタルトも フランス伝統的なマミーの味がする。  今は、旬の桃のタルト。↓↓    マレ4区は、カフェ難民?地区で、人気エリアでも、 カフェだけは、以外に、観光客専用のカフェだったり、 マナーの悪いスノッビーカフェだったりと、 good placeが少ないのです。   サードウェイブ系、BIOグルテンフリー系も北マレには多いんだけど、、、。 このアリスカフェには、PC&携帯通話NGの張り紙があるので、 ノマド向きではありませんが、、      ここでは、PCも、スマホも、ホントに必要ない! ホンワカする雰囲気のサロン・ド・テ、アリス。 美味しいタルトを食べながら、お友達とのお喋りも楽しくて、時間が経つのを忘れてしまいそうです。   Le Loir dans la Theiere=ル・ロワール・ダン・ラ・テェイエール 3 rue des Rosiers 75004 Paris Tel:01 42 72 90 61  明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      16
      テーマ:
  • 08 Jul
    • パリの夏、チュイルリー公園の移動遊園地とユーロサッカー

      今日は、久しぶりに「暑いね〜」のコトバを連発するパリっ子たち。 夏が来た〜のパリです。 パリの夏は、気温も湿度も、日本の猛暑日より、過ごしやすいけど、、、太陽の強い日差しと排気ガスのパリの夏日に、日本からのクライアントさんは、慣れていないから、時差ボケもあって、ちょっぴり、辛そうです。 昨日、仕事帰えり、リボリ通りから、久しぶりに、夏のパリの風物詩の、チュイルリー 庭園 (Jardin des Tuileries)の移動型遊園地が目に留まって、帰り道に歩いてみた。     チュイルリー 庭園のこの敷地は、ファッションウィーク期間は、特設テント会場が設置され、展示会会場となる。  レオナルドが、小さい頃、近くの日本語学校の帰りなどに、よく、来ました。 レトロちっくなアトラクションばかりですが、案外、観覧車や空中ブランコは、は、絶叫ジェットコースターではないのに、スピードの早さ、乗り物の作りの構造上?これが、やばいくらいスリルあるんです(笑)。     おばけ屋敷系もあります。     毎年、同じ光景でも、ノスタルジーを感じます。 ただ、違うのは、昨日は、トリコロールだらけ。ユーロ準決勝、フランス対ドイツの試合が、あるから。     最近のパリは、悲しい事件の連続で、トリコロールを掲げることが多かったけど、最近は、自国開催のユーロ(サッカー欧州選手権)で、勝ち進むフランスチーム、ブルーに、盛り上がり⤴︎でフランス国旗が街中に溢れ出していマス!      一昨日は、ポルトガルが、決勝を決め、パリの街は、夜、騒がしかった!!なんせ、パリの移民のナンバーワンナショナリティーが、ポルトガル人なので、ポルトガル人も喜びに沸いて、うるさかった!  一日、二万歩アテンドで、足が、くたびれ気味。近所のオヤジカフェアルセルナルで観戦にさそわれるが、直帰。     レオナルドはまたエッフェルタワー、シャンドマルスのFAN ZONEに。 試合を見なくても、試合観戦のパリっ子たちの歓声でゴールがわかる夜。 結果は、で決勝進出。声を枯らし、喜ぶパリジャンとパリジェンヌ。試合後も、夜中中、街中で、クラクションが鳴り響く。  うるさくて、これも寝れない!ご近所さんは、祝賀のつもりか、12時過ぎに、オペラを歌いだした。 自分モードのフランス人。昨日は、何をしてもオッケーなフランス中がハッピーな夜だった! 日曜日の決勝まで、パリはトリコロールが、更に、増えそうな予感。 2016年、パリの夏なう。         明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      11
      テーマ:
  • 07 Jul
    • パリの交通手段は、uber タクシーを使って楽チン移動!

      最近、パリの交通手段に使っているのが、 UBER(フランス語読みで、ウベー)。 アメリカで生まれ、今では、世界58カ国、300都市で 展開している配車サービス。 日本は、東京にもあるようだが、台数も限られてるし、 白タクとみなされているらしい。 パリでも、既存のタクシー業界からの反発問題は別として、 パリっ子には、UBERは、よく使われています。   ↑写真お借りしました。   スマホにUBERアプリをダウンロードして、日本語でオッケー。クレジットカードを登録し、決済。 今の所、セキュリティーも問題が起きていないし、 キャッシュレスで車をタクシーより便利に乗り回せる。 アプルを開くと、現在地が表示され、近くにいるUBERの車が 表示されます。 料金も通常、ピーク時のプライス、定額、相乗りの有無などが 表示され、OKならクリック。 日本語でできるので、フランス語も英語も必要ない。  パリのタクシーは、総台数もニューヨークやロンドンより少ないし、 流しのタクシーは、いつもつかまらず、イライラ、させられる。そして、車内は、臭い、汚い、うるさい! ぼったくりも。 こちらのパリのタクシー事情をご覧ください。⇩⇩ http://ameblo.jp/satomina-paris/entry-11934347810.html  UBERの車は、車種はベンツ、ワーゲンなど様々だが、 ボディーは、ブラックで、ピカピカ。なんとなく、お付きのドライバー&カーみたいな雰囲気。      後部席には、ペットボトルウォーターなどがあったりと気の利いたおもてなしサービスも。  ドライバーさんの人種は、タクシーと同じさまざまですが、車両オーナーは、空き時間を使って、小遣い稼ぎが出来る点がいい。毎回、乗車後降車時に、アプリ上で、運転手と乗客の星を付けて評価するので、こうした相互評価の実地でドライバーさんの接客マナーは、一般のタクシーより良い気がする。  パリの既存のタクシードライバーの中には、大声でわけのわからないお国の言葉で私用電話しながら運転したり、顧客のことを考えず、音量ボリュームいっぱいにして、自分好みの音楽をかけ、ノリノリで、車はしらせる者もいる。  UBER ドライバーは、音楽など、お客様に聞きたいジャンル、音量などを聞いてくれる気遣いもある。私用電話もない。      それから、降車後、メールにファクチュール(領収書)が届くので、仕事の経費としてもありがたい。 既存のタクシー、タクシーパリジャンよりリーズナブルだし? パリのタクシーは、最近、メーターから領収書がレシート式に出るようになってきましたが、、、、まだ、旧方式の手書き領収書が存在します。手書きだと、フランス式の数字の字体で書かれるので、数字が読み取れず、日本で経費として、落とせない😢コトなんてこともありますね。 日本ではあまり使えなくても、海外出張の多い方は、パリに来られる方は、パリ出張の前に、スマホにUBERをダウンロードしておくことおススメです!  スマホが使える方なら、操作も簡単だから、パリのシルバー世代にもUBER利用で行動範囲も広がるし通院などにも利用価値大。  パリのパパやママがリセアンやリセアンヌの子ども達のスマホにアプリを入れて、夜のお出かけ、お遊びにも、帰えりに使わせてます。     satominaの場合、16区にあるアパルトマンに荷物の持ち運び、パリ市内でのクライアントさんの仕入れ代行によく UBERを使う。  体力温存型、メトロキライの人には、いいことずくめ😊 パリは、歩くのがベストな街。でもそれは、手ぶらで、お散歩がいいのだ。 ショッピングなどで、手荷物があったりしたら、ウロウロするのは、ジプシーもいるし、やめておいた方がいい。だから、その場所にすぐ来てくれるUBER(フランス語ウベール)で、ラクラク移動に限ります。  明日から、パリに来られるクライアントさんは、現地法人を設立し、毎月の渡仏。いつもパリ滞在中は、タクシー移動だから、UBERをお薦めしよう〜と。  明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      18
      テーマ:
  • 06 Jul
  • 05 Jul
    • マレにあるパリ市の公営質屋さんに、この夏限定のオープンテラスがオープンしています。

      パリのマレのメインストリートで、 ジャパンブランドのユニクロもMUJIもあって、日曜日は、ホコ天で原宿の竹下通りのように賑わうフラン・ブルジョワ通り。     この通りの55番地にあるcredi munichipal de Paris(クレディ ムニシパル ド パリ)というパリ市が運営する質屋がある。  このパリ公営質屋の館は、1190年頃に建設されたフィリップ・オーギュストの城壁の一部が残っています。  パリの1区、4区、5区、6区には、フランス革命のもっともっと前の11世紀、12世紀のフランス最初の偉大な王、尊厳王と呼ばれた (Phillipe Auguste)によって作られたパリの城壁跡が所々にまだ存在しています。     このパリ市営の質屋さんは、パリ最古の金融機関だそうで、 宝石、時計、銀、骨董品やグッズ、絵画、彫刻、楽器、切手収集、 古着、毛皮、ワインを担保に融資を受けることができ、週2回、オークションも行われているそうです。      観光客が入って行くような建物ではないけど、 いつも、多くのパリの人達の出入りする姿を見かける。 それは、ここは、公共金融機関でもあるが、 社会扶助の目的の支援窓口もあるようで、 どういう仕組みなのかは、わからないが、 さまざまな人種の人達が、館内のフロアの一画に入っていく。 写真こそ、撮れないけど、まさに、人種の坩堝!      今日は、そのパリ市の質屋さんの歴史的建物の中庭に、夏の間だけのオープンカフェがあるというので、、行ってみました~。       こういう空間の公開は、地元民でも、 なかなか、わからないもんですが、 こうした企画などで、解放してくれないと、 めったに中に入ることもないので、 ワクワクです!     マレのお屋敷めぐり、観光名所でない歴史的建築物に入れるって、ホント、マレ好きにはたまりません!!  ↑↑屋内にはゆったりしたスペースも。  フードは、キッシュや、オムレツ、サラダなどで、メニューの数は、少なめ。 サラダ以外のポーションも少ないので、 お一人様、2人前くらいオーダしないと足りないかも??     グルメを楽しむというよりは、、、、 こんなマレの歴史的空間の中庭のフードマーケットで、夏のテラスで、おしゃべりしたりして過ごせるのがいい!     7月に入っても、まだ、真夏日がこない今年のパリの夏。 時間帯が早いせいか、オープンカフェも、どことなく涼しげ。人もまだらだ。      でも、日曜日には、ブランチするパリジャン&パリジェンヌで満席になるそう。 夜も遅くまでオープンしているので、マレの夏の夜もたっぷり楽しめちゃいます   なので、フラン・ブルジョワ通りに行くなら、 ショッピングの途中でも、ショッピングの後でも せっかくだから、普段は、観光客や外国人が入らないようなプレイス、パリの公営質屋さんのオープンカフェ開催中に、POP INして、 エスプレッツ1杯かワイン1杯でも飲んで、ひと休みして、みて下さい! グットアイデアですよ! マレって、人気のエリアなのに、 いいカフェないし!!だから、ここは、絶対、オススメです。     入り口には、セキュリティーの人がいますが、 カフェと言えば、親切に入れてくれるし、 パリッ子でなくても、全然、オッケーですよ。  まだ、まだ、住民でも、新しい発見がたくさんのパリのマレ地区の夏です!      Le Jardin Municipal 55/57 rue des Francs-Bourgeois75004 Paris月~木10:30~00:00金&土10:30~01:00日      12:00~00:002016年9月25日まで こちらをご覧ください▶︎   明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ 

      3
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 大詰め、盛り上がる、フランス開催のユーロ(サッカー欧州選手権)

      連日、死闘が繰り広げられている、ユーロ(EURO)2016。  準々決勝は、夜の試合になり、毎晩、ご近所が、地響きのような音が天井からも床下から聞こえてくる。 その騒ぎ声、叫び声で、試合の経過が予想出来てしまう。 エッフェタワーのシャンマルス公園のEURO FAN ZONEで、ベスト4をかけて、開催国フランスチームと伏兵アイスランドチームの試合中継があるので、現場から、盛り上がっりのフォトが届きました!  私は、行きませんよ!そんな熱くなれないし。クリロナくらいしか知らない(笑)    結果は、フランスチームの快勝で、これで、ベスト4全ての国が、出そろったらしい。  パリのカフェもフランスチームが勝ち進んでいるので、さらに、活気づいております!  7月のパリ。 ユーロが、あと、3試合。決勝戦は、10日、サンドニのスタジアムで。 そして、TOUR DE FRANCEも、今年は、モンサンミッシェルからスタート。 14日は、革命記念日。 本格的なヴァカンスに突入する前の毎年恒例のパリのイヴェントがやってきますね~。 でも、今日は、暖房をONしてしまいそうなほど、冷え込んだ雨模様でした!     明日もお楽しみに! 私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      21
      テーマ:
    • 夕飯の買い物帰りに地元マレのヨーロッパ写真美術館に。#museeeuropeendelap...

      夕飯の買い物帰りに地元マレのヨーロッパ写真美術館に。#museeeuropeendelaphotographie #marais #paris4 #photography #stpaul #parisexpo #parisphoto j#jtaimeparis #parisjetaime kondo satomiさん(@satominaparis)が投稿した写真 - 2016 Jul 3 9:07am PDT

      9
      テーマ:

プロフィール

パリ 通訳・コーディネーター satomina- paris

自己紹介:
パリを中心としてヨーロッパで、通訳・コーディネーターをしています。 展示会や市場調査に来られる...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
28150 位
総合月間
23889 位
海外生活
251 位
海外情報
181 位

ランキングトップへ

ブックマーク

SATOMINA-PARIS

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。