• 27 May
    • 昨日のパリオペラ座ガルニエバレエのミックスプロの勝手な感想

      どうしても、まだ、私のお気に入りのダンサーが見つからない 最近のパリオペラ座。    名前と顔も覚えられない(笑) 3つの演目からなる昨日のバレエ まずは、バランシンの LA VALSEから。 踊り的に、バランシンなら、この私もマジで踊れそうと 夢見たちょい昔もあったけど、、 今回もそんな大人夢が膨らんだ。 それより、注目の日本人(正確にはニュージーランドとのハーフ)の オニール八菜さんが踊っていた。 まだ若いお方なので、私好みの、大人の色気を感じるダンサーでは ないのでで、しばらく、時間の経つのを待たないとね。 それより、韓国人のSae Eun Parkさん。 何度目だろう、彼女の踊りを見るのは。。 バレ友から、色々、裏話も聞いてはいるけど。 今日の彼女の動き、特に腕や背中に、私が好む女性バレエダンサーの 色気としなやかさを感じた。 お顔もおキレイなのですが、、好みの問題というか、カラダと頭の、 全体の比率バランスが私好みでなくて、、これが、いつも残念なんです。 決して、批判するつもりないんですけど。 好き、嫌いで、物事決めたり、断言するのはよくないと 思っているので、、、 好き嫌いで、決めちゃいけないことがたくさんあるから。 まぁ、好みというか、、(ヤッパ、スキ、キライなんだろうけど。クドい) 彼女の動きには、引きつけられるものがあるわ。 それと、、、私のお気に入りダンサーの一人。 レティシア プジョルが踊ってくれていたので、大満足。   彼女のFBのフォロワーなんだけど、、 どうしても、最近の痩せ方というか、、、年月を感じて、ちょっと、、、 そのフェイスに引き気味でしたが、 それでも、やっぱり、私は、彼女、好きだわ。     次の演目は、ジェローム・ロビンソンのEN SOL。 彼自身も最後舞台に立って、ダンサー達とご挨拶。   ただ、私は、初めて見るこの演目。 ダメだったわ。寝ちゃったよん。 また、エトワールのAMADINEとJOSUAだったからね。 JOSUAは、しばらく見ないうちに、大人になったき気がしました(笑) 気になるのは、胸毛の処理。     そして、BOLEO 良かった!良かった!良かった! ベジャールのBOLEOしか知らないから。       舞台の後ろが鏡で、舞台床の幻想的なライティングや ダンサーの踊る姿が映し出され、うっとり。    衣装も、男性陣に、最初、エッ?と思ったけど、 美しいものは、美しい。   ボレロをこんな風に踊るの、いいかも。 いや、いい。     で、アリスがいた。 彼女のスタイルは、タイプでは、ないんだけど、、 なぜか気になるダンサーで、 やっぱり、結構、好きな方なんだと思う。   情感溢れる演目とか、力強さとか、、彼女表現うまい。       まぁ、勝手に、ここまで、昨日の興奮をブログらせていただきました。   最後のおまけは、 若手フランス人のオーケストラの指揮者、マキシム パスカル。 こんなに人気あるのね。       席が近かったから、ガン見したけど、外見は、 可愛いダサイケメン風。生え際、隠れ、、きてるかもて感じ。           指揮者の追っかけもいるからね。日本人女性とかだけど。 私も、ミーハーなので、追っかけ感覚は、何気に、わかります。   結構、私の周りのバレエ好き(お気に入りダンサーがいる) 大人(熟女、美魔女系)は、現実逃避の追っかけタイプ 多いですよ(笑)       そんな情熱。羨ましい〜ですよ。ある意味ね。 元気がなによりだから。       バレエが終わった22時でも、この明るさ。 夏バレエですよね。本当に。     では、また!     明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      NEW!

      26
      1
      テーマ:
  • 26 May
    • ワケありで、今日はオペラガルニエでバレエです

      暑い!暑い!というか、ヨーロッパの夏の日差しの強さ 未だなれないと、いうか、年々、歳とともに、ヤバイくらい、眩しいこの太陽の光が、キツイ。いつも、開演ギリギリに到着するのが定番なんだけど、ちょっと、早く着いて、良かったよ。入口の検問に時間がかかってる。ここ2年くらい、こうなので、いつもと同じなんだけどーーなんでも、暑いせいにするが、入口の検問が、モタモタして、時間がかかってる。先日のイギリスのマンチェスターのテロもあったし、子どもには、コンサート禁酒令を出しているのに、自分は、まったくね。しかし、こう頻繁だと、真剣に、命がけで、バレエ鑑賞という気にもなるわね〜よかったよ。早く着いて夏バレエは、どうしても、テンションが下がる。オペラ座は、やっぱり、寒い季節がいい。演目も大事だけど、好きなダンサーもいない今、トータルでバレエ楽しみたいし。ではでは、始まり、始まりデスBon spectacle v(^-^)v  明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      15
      テーマ:
  • 25 May
    • 今日、フランスは、昇天祭という祝日です。

      今日は、祝日でしたね。   すっかり忘れていました。   イースター(復活祭)のあと、40日目の 移動祝日になるキリスト昇天祭(Ascention)            フランス(欧米の国は、ほとんど)の祝日は キリスト教関係なんですよね。   確かに、フランスは、カトリックという国なのですが、 様々な宗教、信仰の自由がありますから。   マレは、ユダヤのシナゴック教会が多いし、 プロテスタント教会もある。 もちろん、ロシア正教の教会とかもある。   よくわからないが、同じカトリック教会でも ポルトガル系?ポーランド系?のように なっているようだし??     もちろん、パリには、イスラム教のモスクもある。 一部の過激派、イスラム教という名のもとで、 テロ行為を起こす人達のせいで、イスラム教=恐ろしいみたいに 見られるが、そんなことは、全くない。 信仰している一人一人、皆、普通ですが、、     そして、フランスには、仏教の寺院もあります。 日本のお寺というものが存在します。   我が家の宗派の寺院もパリ (正確にいうと、お隣の市、モントィユ)に あります。     フランス人の方も参詣しています。   ありがたいもので、お彼岸やお盆、ご先祖さまや 亡くなられた方の供養が正しく出来ます。   カレンダー上は、キリスト教の祝日ですが、 今週の28日の日曜日は、フランスの母の日ですから 日本にいる母は、まだ、死んではいないのですが、 事故で動けなくなってしまったので、母の代わりに、 そして、自分のために、母の母、祖父母の お塔婆供養をお願いしようと思っています。               明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      27
      テーマ:
  • 22 May
    • 今週も元気にスタートのパリです。

      週末、皆さんは、いかが過ごされましたか?     パリは、真夏日でしたよ。   F1モナコグランプリは、5月28日、来週ですが、 週末、パリのInvalides(アンヴァリッド)でパリで  F1のイヴェントがありましたよ。       皆さんは、どんな週末を過ごされました?        写真に収めると、、、 パリの雲。 夏を感じますね。        今週も、頑張りましょ。          明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      29
      テーマ:
  • 20 May
  • 17 May
    • 今朝のモンマルトルはマルシェサンピエール

      今日も真夏日!朝、9時。モンマルトルに。マルシェサンピエールのお店もまだ、開いていません。ひっそり感が、イイですね。今日は これから28℃まで気温が上がるみたいです。体感温度は、すでに、汗が、💦ジワジワ。仕事中は、当然、写真撮れないので、また明日に。   明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      22
      テーマ:
  • 16 May
    • めっちゃいい天気に!

       今日は、仕事で、7区界隈にいました。めちゃくちゃ天気になって、外が気持がいいから?なのか、、どこのデパートもお店の中も、人が少ない。月曜日だということもあるけど。それでも、月曜の午後だし。7区の馴染みのお店のオーナーマダムが言う。昨日は、マクロン大統領就任式。そして、今日は、マクロン大統領が新首相を任命した。だから、7区は、国民議会(ブルボン宮殿)があるから今日は、人がいないのよ〜と。明日、16日には、新内閣の発表されます。なら、明日も、7区のこの界隈は、仕事どころじゃない??わけ。。こう、いつも◯◯だからと、何かの理由や言い訳、せいにするのがいかにも、フランス人らしい。フランス人の破壊能力、反対&抵抗勢力は凄いから、、革命の国だから。まとまるのは、難しいだろうが、、今は、まだ、フランス中が、固唾を呑んでマクロン大統領の行く末を見守っているようです!明日、16日、パリ、気温が、27℃まで上がるそう。真夏日ですね〜 気温差、激しすぎなこのところのパリ。クライアントさんも、半袖モードです。朝は、まだ、寒いから、お出かけコーディネートに困っちゃいます。 明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      26
      2
      テーマ:
  • 15 May
    • 今日からびっしり仕事に突入します。

      あるがままでいい。 背伸びする必要もない。 相手や誰かに気に入ってもらおうとかと取り繕うこともなく。。  あるがまま、自然に、いつものように力を出し切れるような仕事をしてきます。 自然体が一番。 そして、なんでも来ーい! 今週もすべてに感謝して。そして、日々、挑戦でのぞみます。 短い出会いでも、すべて意味があること。自分の回りの人やモノすべて、たとえ困難なことでも、全部、意味があるし乗り越えられるから、、困難も起こるのです。 もう、なんでも来い!で。 乗り切りましょ。 メルシー   明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      16
      2
      1
      テーマ:
  • 14 May
    • パリ・マレを歩き移動するなら小道を!

      パリは、裏がいい! パリは、小道・小路がいい! パリは、プチ・ジャルダン(petit jardin)=小庭園がいい!       ↑ 正面入り口     バスティーユ広場からコンコルド広場までの サントワンヌ通りからリヴィリ通りは、 パリの渋谷か?と思うくらいの人が行き交い。   地元民は、たまに、人の多さにげんなりする。 お隣さんなどご近所さん、日常品の買い物に出かけるなら 朝一番じゃないと!と言っている。   でも、パリのマレほど、隠れた路地やプチ庭園が多い地区もない。   マレ地区に引っ越して10年。 未だに、新しい発見。   私の好きなパリが見つかる。    ↑ 正面入り口   昨日のブログの続き。     パリ市庁舎の正面の右側(セーヌ川側)には、   都会のオアシスできなプチ・ジャルダンがあります。       パリ市管轄のギャルドリー(託児所)もあります。       鶏小屋とウサギのケージも。         ほんの少しの時間でもベンチに座って、一息。   パリジャン&パリジェンヌは、公園が大好き。          このプチ・ジャルダンは、通り抜けできるので、 反対側のパリ市庁舎正面向かって左側、BHVデパート前の リヴォリ通りの人ごみを避けて、歩くのにちょうどいい。            なんでもないパリの日常が、右側と左側で こんなにも違う。   まるで、私たちの人生の選択そのものでね。 大げさだけど。     生きることは、選ぶことが多いです。   自分が決める。選部。選択するって言うけど、 その自分の心は、一定ではないですよね。   また、自分の好きか嫌いで判断して良いことで もありません。   (例えば、医者が嫌いだから、医者に行かない→ 大病にかかっていることに気がつかず、手遅れ→自分も周りの人も 苦しむ)   すべてを自分の好きか嫌いの感情で決めるのは とても幼稚で、危険なことです。   瞬間、瞬間に、心は、何かの縁(見るもの、触れるもの)に 触れて、変わりやすいのです。   変わらない人はいません。迷いはつきものです。   きちんとした物事の判断ができるには、 自分の心、命が常に浄化されていて、生命力があること。   正しい生命観・人生観は、どうしたら得られるのでしょうかね??   好き嫌いにとらわれず、真実に耳を傾けることができる 素直な心かどうかの問題ですね。              「Jardin des Combattants-de -la Nueve」は、 週末の土曜、日曜と祝日のみ開門しています。        もう一つの名称で、Espagnol(エスパニョール=スペイン)と いう名のつく、このプチ・ジャルダン。   やっぱり、、そうかぁ〜と調べて思った。 現パリ市長は、スペイン系フランス人のアン・イダルゴ氏。   2年前に、スペイン国王と王妃(有名なレティシア妃)と彼女で スペイン共和国ヌエベ戦士たちへのオマージュで改名したらしい。   そういえば、2年間のスペイン国王のパリ市庁舎訪問も 他の諸外国の外賓より、盛大だったイメージが(笑)        ↑ 裏口    日本は、今日、母の日ですね。 おめでとう!じゃなくて、ありがとう!の日ですね。       では、みなさま、来週もよろしく〜         明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      28
      1
      テーマ:
  • 13 May
    • パリは、今週末もマクロン。

      今日は、遅めの午前中からリサーチの仕上げで 4区のマレ、近場の関係するショップ を 幾つか回り、アポなど確認をしていました。   電話でもいいんだけど、近いし、天気もいいし。 でも、なんとなく、今日のパリの空模様が怪しい。 このところ、午後、突然、雷雨に変わるから、、   土曜の午後ということで、マレは、どこも人、人。          今週1週間、ヨーロッパ祭というものが開催されているんだけど、  パリ市庁舎前は、今夜コンサートなどのイベントもあるそう。              ロベール・ドアノーのモノクロの写真「パリ市庁舎前のキス」のロケ地。 あの写真は、やらせだったらしいが、、 パリを好きになるには、十分なくらいステキ!なフォトですけど。   この写真の撮影現場も、今日のイヴェント会場があるパリ市庁舎前。    で、明日は、5時から、マクロン大統領が、当選後、初めて パリ市庁舎に「大統領として」ご招待されているそうで、 パリ市庁舎の裏手(通用口)には、撮影関係が、すでに準備中。              明日は、エリゼ宮で正式な就任式だと思う。 オーランド大統領の見納めかぁ〜。   6月の総選挙も控えている。   マクロン氏の政党は、まだ、誕生して1年。 大臣になるだろう政治家たちのお名前もチラホラ聞こえてくる。 新体制の内閣の顔ぶれも楽しみと言えば、楽しみだけど、 マクロン大統領の舵取りも、まだ、始まっていない。   これからも、当分、フランスの政治の方向性も はっきり定まらないんだろうな。。   そう、今日、マクロン氏もお呼ばれしているVIP ROOMは、 パリ市庁舎の裏手側にある。              でも、パリは、どこのロケーションも裏がいい。         実は、パリ市庁舎(Hotel de Ville)の横もいいんです。 プチジャルダンがあって。     写真撮ったので、明日のブログで マレのまだまだあるプチ路地をアップしますね。         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      21
      テーマ:
  • 12 May
    • J−34=あと34日で始まるバカロレア試験

        J−7、J−5、J−4、J−3、J−2、J−1という フランス語の表記って、よく見かけますね?   今日は、プチ、フランス語レクチャー。   イヴェントなどの開催・スタート日前の カウントダウンのことで このJ (ジェイ)とは、JOUR(S)で日にちの略。   J−7なら、後7日という意味。   J−1なら明日スタートみたいな感じです。   また、Jと数字の間は、 マイナス記号でハイフンではありません。   PCだと、つい打ち間違えてしまうんですけど、、   フランス語でマイナスとは、moins(モワン)と言います。   J − 10なら   マイナス10日=J moins 10 (dix)=10日後に開催とか スタートの意味です。   Il reste encore dix joursとも言いますね。              英語も DAY (日にち=決行日)を使って あと何日と言いますね。   最も有名な使われ方は、D−DAYと言われる1944年6月6日に 決行されたアメリカ軍によるノルマンディー上陸作戦決行日。   フランスでは、この決行日と−(マイナス)と数字で カウントダウンを表記することが実に多いんですよ。            先日、やっと、レオナルドの6月のバカロレア(BAC)の 全試験日程が出た。   全く、フランスときたら、、時間がかかる。   6月15日の哲学の試験から1週間続く。   フランスでは、大人になるための最初の試練と言われる BAC(バカロレアの略)=高校卒業&大学入試試験。   我が家の場合、ここにくるまで、ホント長くて。   J - 34( 後34日) です。テストまで34日。   でも、その後も、まだ続くので、 ヴァカンスも、、、まったく、予定も立てられない 今年の夏です。         早く、本当の意味で、、ホッと一息したいものです。           明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      18
      テーマ:
  • 10 May
    • 我が家から見る見馴れたパリの空

       長いこと、、かかった、我が家のアパルトマンの建物の 外装掃除工事。   RAVALEMENT=ラヴァルモンと言います。                  パリ市内の建物は、法律で、10年に一度、 建物の外装の掃除が義務です。   集合住宅アパルトマンは、管理費として、 それぞれの持ち主が料金を負担するのですが RAVALEMENT(ラヴァルモン)の負担額も 一気にドーンと請求される。     今のマレの住まいは、賃貸だが、今までに16区の 3LDKやSTUDIO(ワンルーム)のラヴァルモンを支払ってきたが、 大金とは、覚えているが、細かい金額は正直、覚えていない。   忘れた頃に、ドーーーーカンとくる。     ↑ 建物の1Fと2F(日本式)が、やたらと、美しいレンガに 生まれ変わって、私たちの階は、あまり、代わり映えしていない?     毎年、マンションのオーナーが管理会社に集めって ミーティング会があって、そこで、こうしたことを話し合うのですが、 今まで、私は、一度も、参加したことがないのです。   本来、持ち主は、出席するか、委任状を提出するべきなのですが、、 裏事情で、よく耳にするのですが、そうしたマンションの建物の オーナーは、フランス人主導なので、日本人大家が参加したところで 彼らの言いなりになるしかない、、ということ。   私の回りを見ても、持ち家日本人の参加は、もとんどいない。 日仏カップルで、共同にアパルトマンを購入している場合などは、 フランス人パートナーが積極的に参加しているようでもありますが、、   20年、一度も出席していなくて、大損害?も受けたことあるけど(笑) 参加してている主導権を持ったオーナーたちだけ 自分たちのアパルトマンの窓や雨戸をみんなの管理費で修理しちゃったことなど。 後の祭りだけど。   だからと言って、忙しくて、そんなミーティングに行っていられない。 そろそろ、名義も息子くんに変えたいので、彼にバトンタッチかな。   2月末には、終了する予定だった、今の住まいのラヴァルモン。 フランスらしく、長くかかったけど、終わって、よかった。   窓を開けると、人がいる(工事の人)と、悪いのだが、ドッきと するもので、、、   これで、我が家の窓から、又、パリ空を眺め、ぼーっとする 大好きな時間を過ごせる。   見慣れた窓からのパリの風景。 大好きです。       窓側は、すべて、組み立てられた高所作業台で 覆い被さられるようになっていたので、鬱陶しかった!   やたら、窓側で、5月のパリの空気を感じたくなるもの。 で、レオナルドも、窓側に。        明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      26
      1
      テーマ:
  • 09 May
    • 休み明けのパリは、静かで気持ちいいです。

        昨日も、いつもと変わらず、 ポリスと機動隊のすごい数。   パリといえば、このデモ集会。 必ず、1週間パリに滞在すれば、 何らかのデモ更新に出くわす。 (いつもおきまりのルートはありますけど、、、)     バスティーユ広場は、「マクロン!反対」のデモ。         フランス人て、本当、革命精神と破壊精神を 持ち合わせているからね。     それでも、今朝は、 パリも連休が明け、落ち着きを取り戻した、、、と 言いたいところ。     連休中は、ウールのセーターやダウンジャケットの人も 多かったパリの街も、今日は、久しぶりのお天気。   気温上昇は、あまり期待できませんが、 晴空は、気持ちがいいもんです。     今週は、ロンドンからパリに入ってくる クライアントさんもいるので、、、 最終のリサーチなどなど、          日本の皆さんは、もう、休みボケも解消されていると 思いますので、こちらは一足遅れで、ギアチェンジして 頑張ります!!                明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      25
      1
      テーマ:
  • 07 May
    • いつもと変わらない日曜日でも、大統領が決まる日

      パリ 13℃体感温度は、もっと低い感じ。10℃以下。いつもと変わらないパリの日曜日の朝なんだけど、、今日は、大統領選投票日。 気温差が激しいからか、午前中、投票所に行って、投票箱に入れた直後、その場で、倒れて、救急車運ばれた方がいたとか。それで、投票所が一時閉まってしまったなどのハプニングもあったり。レオナルドは、同じカルティエの幼なじみで、ずーっと仲良い友達で、18歳以上のグループで、一緒に、ヴォージュ広場の投票所に行きました。同級生でも半分は、まだ、17歳だからね。仲良しグループでも、こんな時は、18歳以上に、特別な結束ができるようで。20時ぴったりの開票で予想通り、マクロン氏65.5%で、フランス共和国の大統領に。ルーブル美術館前のロータリーでは、トリコロールのフラッグ🚩をもったマクロン氏の支持者のお祭りコンサートが始まって。マクロン陣営は、15区なので、バスティーユ界隈は、今は、とっても静か〜 社会党のオーランド大統領の当選の時は、バスティーユだったw。それより何と言っても歴史的な、社会党初のミッテラン大統領の勝利の時は、バスティーユは、歓喜に包まれ、すごい熱気だったらしい。彼は、移民受け入れの様なこと宣言してたから、それはそれは、移民外国人は、泣いて喜んだ。それまで、かなり、彼は、虐げられてたから、、、、、 ニュース聞きながらのブログで、落ち着かないので、、、政治のお話は、また!!!明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      26
      テーマ:
  • 06 May
    • ダ・ローザな夜。c'était bon:) #darosa #paris#epicerie...

      ダ・ローザな夜。c'était bon:) #darosa #paris#epicerie #restaurant kondo satomiさん(@satomi_box)がシェアした投稿 - 2017 May 5 2:43pm PDT

      23
      テーマ:
    • 最近、da rosa(ダ・ローザ)に通ってます。

       今日は、サトミーナのクライアントさんでもあるWEBデザイナーの方がGW中にパリに来られているのでアペロ&軽ディナーという運びに。   で、左岸は、デプレにあるda rosa(ダ・ローザ)に行ってきました。  いつものお決まりda rosa(ダ・ローザ)オーダーメニュー     先日、ヴァンドームのda rosa(ダ・ローザ)でテイスティングしたニューメニューも注文したかったんだけど 結局、いつも同じ、定番に(笑)  試食会の模様はこちらから👉👉👉   日曜日に大統領選投票日もあるけど、今週末もロング・エイークエンド。8日の月曜日は、第二次世界大戦終戦記念日の祝日。 お天気は、パッとしなさそうですが、それもパリらしい。      最近、めっきり、小食になってきているので、すぐ、胃が膨れ上がってしまう。美味しいもの大好きなのに、、、。バカバカ食べれないのも、歳なのかしら(笑)  でも、いつでも美味しいda rosa(ダ・ローザ)のお料理はスペシャル。胃袋も大満足(ニコニコ)        da rosa サンジェルマン店の店長さんクロードさんとサービスのソフィアさん↓    da rosa(ダ・ローザ)のスタッフさんは、本当、みんなフレンドリーです〜。   そして、日本のGWも終わりましたね。お休み中にパリに来られて方も帰国。お気をつけて、おかえりくださいませ。  Da rosa  Saint-Germain des Pré62 Rue de Seine, 75006 ParisTel:01 40 51 00 09http://www.darosa.fr/       明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      7
      テーマ:
  • 05 May
    • マレはサンポール通りのショコラティエ「LES TROIS CHOCOLATS)

      マレ地区のサンポール通りが、新しいショップも増え、 最近、また、元気になってきた。   中でもサンポールを通りをオシャレでキラキラ輝くストリートに してくれたのが今年の2月にオープンした 「LES TROIS  CHOCOLATS」=レ・トロワ・ショコラ         オーナーのショコラティエの方は、日本人女性の佐野 恵美子さん。 ↓       博多で創業75年の有名な「チョコレート・ショップ」の 三代目で10年前に単身渡仏し、ジャック・ジョナンなどで修行を 積まれたというスゴイお方。   ショップのウインドーは、センスいいアンティークの デコレーションでなんとも可愛い。             いつも立ち寄るのが楽しくてワクワクする ショコラティエ「LES TROIS  CHOCOLATS」   地元、パリのマレっ子がひっきりなしに訪れては、 お気に入りのチョコラを自分に、また、プレゼントに 買っていきます。   ほんとう、スゴイ、人気。               ゆずなどの素材も厳選された上質なものを使っているそうで、 高度な技術で丹念に作られるチョコラは、まさに想像以上の 美味しさです!   作り手の繊細さを感じるものです。     また、なんとも気になるのが、パティスリー系で 可愛いケーキが並ぶ。 ↓   ↑ グルテンフリーのロールケーキなどもあるのです。       現在、サンポールの通りは、工事中で、商店街泣かせ。   他のお店のみなさん、いつ終わるかわからない工事に少々 我慢が出来ない様子なんですよ。   工事が終わる夏頃には、LES  TROIS  CHOCOLATSで 季節限定でオリジナルアイスクリームなども店先で 販売するらしい。 そして、小さなテラス席も考え中だそう。   ショップの地下のショコラ工房で作られるできたての 新鮮なチョコラやガトー。   できたての一番美味しい状態で食べていただけるような コンパクトでシックなサロンドテの空間も考案中だとか。   いつでもワクワク、ウキウキさせてくれる LES TROIS CHOCOLATSのこれからがとっても楽しみデス。   LES  TROIS  CHOCOLATS 45 rue Saint Paul 75004 Paris FRANCE Tel: +33 (0)1 44 61 28 65 http://les-trois-chocolats-paris.com/jp/index.html#accueil             明日もお楽しみに!         私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      21
      テーマ:
  • 04 May
    • 昨日の夜は、フランスは、テレビもネットでも大統領候補の討論会中継でした。

       昨日の夜は、ほとんどのフランス家庭では、テレビやネット(ライブ中継)で 日曜日に控えた大統領選のルペン氏とマクロン氏の討論を見ていたと思う。     ↑ 写真お借りしました。     視聴率は、W杯並?以上だとは思うけど。   我が家には、テレビはないので、ネット中継を見ていたが、 いつも、思うけど、フランス人というのは、 こうも、あーでもない、こーでもないと、、 とにかく、こうも話し続けられること自体がすごいと感心する。   「ママ、これ見て、全部、フランス語わかるの? フランスのシステムとかわかる〜? フランス人だって、わかんない人いると思うよ。 だいじょうぶ?」と 息子、レオナルドに言われた。(涙)          彼が、言うところの、フランス人のわからない人というのは、こういう討論や グロバリゼーション化の問題より、 明日、生きていくこと、生き延びることが厳しい人たちのことなのだそう。   パリは特殊で、パリにいると、フランスの地方の状況が わかりづらいが、フランスは、都市と地方との格差が どんどん広がっているわけだし。   昨日の討論中、私も息子くんも、、、 「どっちもいやだな!」だけは同じ。   彼なりの視点をいっぱい話してくれましたが それは、長くなるので、省略か、またの機会にでも。   18歳になって、フランス人として、初めての選挙が、 この大統領選で、第1回投票までは、 まだ、クラスメイトなどとも話したり、SMSやってたけど。   もう、今では、ほとんど、盛り上がっていないらしい。 熱くならないらしい。   私としては、今、BACのテスト中なので、 熱くなってもらっても困るけど(笑) ただでさえ、この時期は、天気もよくなって、休みも多いし、、、、、、 バルサとかレアルとか、ヨーロッパチャンピオンなんちゃら、、の 大事なフット(フランス語のサッカーの略語)の試合が毎日ある。 (この大事の意味がわからない。見ないと死んでしまうほどらしい、、)         BLANC(ブラン)=白紙投票も1票として カウントすべきという考えもある。 白紙投票が多ければ、再選挙となるわけでないのだけれどね。   それでも、白紙投票を考える人は、多い。 あとは、仕方なく、、、マクロン氏も多い。       折しも、大統領の選挙戦中は、 フランスに住んで、仕事をしているすべての人、 サラリーマンも個人事業主もしなくてはならない 所得申告(確定申告)の時期。   今日は、再度、2度目の税務署に。   日本では、フランスは、公立高に通えば、 塾がないとか予備校がないとか、、 教育費が、タダ、、とかいう人いるけど、   一概にそうとは、言えない。   少なくとも、ずーと公立の息子くんの学校では、 皆、私立校の学費より高い塾や予備校に通ってる。   それらの全部が、所得申告上、減税対象になるわけではないが、 息子が、複数通った塾、家庭教師、予備校の中から、 確定申告時に、申請可能な書類が届く。 (日本の生命保険などの排除の用紙みたいに)   あまりにも多くの予備校に通ったので、 どこが対象なのかも調べてなかったので、 昨日、書類が送られてきたところもあったので 2度、足を運んだわけ。         こんなに、お金かけて、私も、本当におバカだと 思う瞬間。はぁ、、、、。 落ち込み😂     マクロン氏は、高等教育関係(大学生)に対する援助を政策として 訴えていて(若い有権者取り込み作戦とも言われているが) 5区のJISSUEのパリ大学の学生の前でミーティングも行っている。   我が家の今の問題だけを見たら、本当に、、この教育問題、 何とかならないの??と思うけど、 自分の目先の事だけ考えていても、世の中がよくなるわけではないので。     あーあ!失望感しか残らない、、、、 なんとも、寂しい大統領選になってしまった。   二人の候補者は、フランスの恥とまで、言ってる人も多い。   私の回りの多くのフランス人も、レオナルドだけでなく、 大方、冷めた大統領選挙投票になる見通しです。   結果的に、大統領は、マクロン氏になるとは、思うけど。。。                明日もお楽しみに!     私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。 http://www.satomina-paris.com ランキングに参加しています! にほんブログ村にほんブログ村 パリ ブログランキングへ フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      21
      2
      テーマ:
  • 03 May
    • パリの今年の5月の始まりは、連休と大統領選から

      アレって、、気がついたら、5月も、もう3日経ってしまいましたね。  フランスも5月は、祝日が多く週末のロングウィークエンドが続きます。 気温差は激しいけど、五月晴れの空の下、プチ・ヴァカンスにお出かけのパリっ子も多いのですが、 日本でもちょっとだけ、ニュースで報道されているフランスの大統領選の決選投票日まで残りわずか、、、 パリでは、ルペンにもマクロンにもNONという団体の集会やらルペンの大規模な演説があったり、反ルペンの講義デモやらで、、特に、我がカルティエ近くのバスティーユ界隈は、フランス共和国保安機動隊が、ズラーッと、右も左にもいて物々しい雰囲気です。 まぁ、この光景は、もう、見慣れてますが(笑) 正直なところ、大統領選挙、個人的には、一気に冷めてますけどね(汗) どう転んでも、そうそう、今のフランスが良い方向に変わるようには、全く、見えないものね。この話は、また、投票日前日くらいに。 日本は、GW後半ですね。 休みを利用して、日本からパリに来られている方も多いと思います。 天気は、変わりやすいですが、5月のパリを楽しんでくださいね。 大統領選挙戦中のパリ滞在も、普段の騒々しさとも違ったパリの街の表情が見れるので、パリッ子の中に仲間入りた気分で、目線を変えてパリの街を観察してみてください!     明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      17
      テーマ:
  • 30 Apr
    • パリのアルスナル建築博物館のもうひとつの企画展

       昨日に引き続き、アルスナル建築博物館(パビリオン・アルスルナル)の企画展の模様をアップ。       パビリオン・アルスルナル(PAVILLON DE L'ARSENAL)の3階(フランス式2階)では、フランスの大統領選挙にちなんだ展覧会「L'ESPACE  DU DEBAT」をやっています。  開催期間は、大統領選の決選投票日の5月7日まで。     フランス人は、議論好き。 インターネットの時代背景ともに、フランス人の議論の形式や方法も変わってきています。    その議論の多様性とインスピーレーションを提案するスペースになっています。      PCでは、懐かしいミッテランやシラクなどの歴代フランス大統領の演説が流されていました。    日本式の2階(フランス式1階)は、パリ・オスマンの展覧会中↓http://ameblo.jp/satomina-paris/entry-12268560126.html     週末は、混むようですが、平日、閉館前とあって、静かで、のんびり、アートを楽しめるスペースです。  パビリオンに入ったら、難しいことは考えず、、思いのまま、流されるように、、、 こうしたアートに触れながら時間を過ごす。      GWでパリにいらしている方、メジャー観光スポットもいいけど、、こうしたパリ人たちに愛されるプチ・美術館で優雅なパリの時間空間を体験してみてもいいと思いますので、オススメです。     マレから近いので、ショッピングの後でも、パリっ子みたいに、暮らしの中のアートを楽しんでみてください。   ↑一人ひとつで、デッサン入りのブロックメモがもらえます。     このパビリオン・アルスナルの建物は、エントランスのある地上階は、常設で、年代別にパリの都市計画が展示されています。 オリジナルなお土産ギフトショップもありますよ! 今回は、館内にいる時間ばなくって、写真なしですが、又、近いうちに、ブログで紹介したいと思います。  Pavillon de l'Arsenal21 boulevard Morland 75004 Pariswww.pavillon-arsenal.com    明日もお楽しみに!    私の通訳コーディネーターのホームページもご覧ください。http://www.satomina-paris.comランキングに参加しています!にほんブログ村にほんブログ村パリ ブログランキングへフランス(海外生活・情報) ブログランキングへ

      31
      2
      テーマ:

プロフィール

パリ 通訳・コーディネーター satomina- paris

自己紹介:
パリを中心としてヨーロッパで、通訳・コーディネーターをしています。 展示会や市場調査に来られる...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

ブックマーク

SATOMINA-PARIS

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。