2017-04-20 19:14:23

ペンス米副大統領:「全ての選択肢がテーブルの上にある」と北朝鮮に警告

テーマ:ブログ

外交部会において、ペンス米副大統領の訪日とイギリスの解散総選挙について、外務省から最新のブリーフィングがなされた。今回のペンス副大統領の訪日では日米経済対話に大きな焦点が当たっているが、佐藤はアメリカの北朝鮮に対する強い決意に注目したい。

 

 今回のペンス副大統領の旅程を細かく見ると、安倍総理への表敬や麻生副総理との日米経済対話終了後の翌日、横須賀で空母ロナルド・レーガンを視察している。北朝鮮が核兵器やミサイル開発を進めていることに対して、「戦略的忍耐の時代は終わった。すべての選択肢はテーブルの上にある」と、強い調子で述べたという。この場には自衛隊隊員100人も招待されており、日米の結束を北朝鮮に示す格好の場になったと思う。

 

 現場に同行した外務省の高官によると、ペンス副大統領は非常に魅力的な人物に映ったようだ。穏やかでかつ気さくな人柄のためか、米軍人と海上自衛官を前に演説した後は積極的に交流し、意見交換を通じて日米の絆の深さを強調していたとのことである。

 

 今回の外遊は韓国から始まり、その後日本に移動し経済から安全保障まで様々な問題を議論した。その後は、インドネシアとオーストラリアを回るとのことだ。日本を含めたこれら4ヶ国は、米国のアジア太平洋戦略にとって不可欠の国々である。今後の米国の外交政策と決意を測る上で、ペンス副大統領の来日は非常に有意義であった。佐藤としても本気になった米国と意思疎通を密にして、いつ来るか分からない朝鮮半島有事に備えていきたい。

 

佐藤まさひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

3 ■北朝鮮の反応

核実験は最後の威嚇だろう。此処暫くはミサイル実験の可能性があると思う。トランプ大統領は金正恩暗殺の電撃作戦のタイミングを考えているのではないだろうか。今は政権の足場がまだ固まっていないので、各組織のスタッフ人事が決まった時に政府の緊張の変化が訪れると思う。その頃にはアメリカは手を出さないと、金正恩が油断していると思われる。ソウルの邦人避難は、万が一の迅速な行動と誘導が出来る様に、連絡手段と運搬を確立させる事が望まれる。テロや戦争でなく災害時でも、海外邦人や国内の多くの避難民を安全に助ける様々なノウハウを、日本政府は行政や国民と共に早く身に付ける必要があるだろう。

2 ■イギリスの国民保護

昨年始め頃?にイギリスで、核戦争を想定した準備と避難の為の小冊子を全国民に配ったと、ニュースで取り上げていました。かなり良い出来で、内容詳細でイラスト入りの分かりやすいものでした。色んなチェックリストのページもありました。以前に作制したものを再び用意し配ったのだそうです。

印刷物も必要と思います。

1 ■無題

トランプ大統領になってから一気に親密になりましたね。
安倍総理と政府の皆様の外交努力には頭が下がります。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み