2017-04-19 18:41:34

現代戦に対応するため、進化する自衛隊

テーマ:ブログ

自民党・安全保障調査会と国防部会の合同勉強会で、自衛隊・統合幕僚監部、陸・海・空それぞれの幕僚監部を交えて、自衛隊の現状と課題、要望について本音の意見交換を行った。

 

現代戦は益々その範囲を広げており、陸・海・空に加えて宇宙やサイバー空間に達している。そのため相手に対して優勢を確保するには、これらの領域を跨いだ戦い方をしなければならない。したがって自衛隊では統合運用体制を進めており、陸・海・空の各部隊間における確実な指揮命令の伝達と迅速な情報共有体制を目指している。

 

統合運用基盤を強化するため、高度な情報通信ネットワークを活用した指揮統制機能及び情報共有態勢を保持する必要があり、国内外の優れた情報通信技術を利用した、より広範で機動的な情報通信態勢を構築しなければならない。

 

防衛省が国会議員に説明をする場合は、いわゆる「背広組」と呼ばれる職員が担当するのだが、今回はいわゆる「制服組」と呼ばれる自衛官の幹部と議論した。国会議員からは、国防の最前線にいる自衛官と意見交換できたということで、非常に好評だった。今後も様々な機会を利用しながら、国会議員と現役自衛官が意見交換する場を設け、現場の声を吸い上げていく場を率先して作っていきたい。

 

佐藤まさひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

1 ■初めまして

ツイッターで、大変失礼します。
51歳のレベルの低い工業高校が最終学歴の男です。
もしお時間が有り、気が向いたらお教え頂けましたら、幸いです。
1.憲法解釈という言葉の意味。(今の憲法を作った時は、軍事力を今後持たない、持つと考えて無く、持つ将来的に持つ前提が無かったはずだと自分は理解しています。)
2.自衛隊を何故、国防軍にしたいのか。
3.英語で何故、セルフディフェンスフォースなのか?2の質問にも含め、自衛隊では行けないのか?
4.ドイツ、イタリアは軍を持てるのに、日本は国内外から、批判されるのか。
5.自衛隊はまともな装備を持たされず、海外に派遣され、派遣する事と戦場、非戦場等国家いで揉めるのか。
6.自分は、自国、自国民を堂々と守り、災害派遣で最近は変わって来ましたが、自衛官が堂々と制服で街中を歩け、国民から尊敬(海外はそのはす)される国に成って欲しいです。
7.余談ですが、福島と自衛隊か派遣された所が安全ならば、国会議員、官僚自身が派遣先に自衛隊とずっと現地で行動し、福島に住み首都機能を移せば良いと思います。
復興も進み、自衛官や今、福島いに居る人の気持ち心の葛藤が解るのではと思います。
お立場等、失礼な事を書き込み又、失礼な言葉遣いが有りましたら、大変申し訳ありません。
こんな自分にも、解るように返信頂けましたら、幸いです。
国内外の問題が有る中を含め、季節柄くれぐれも、ご自愛ください。
一年でも永く、議員を続けてください。
           町田市在住 小林啓一郎

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース