2016-02-10 22:07:56

防衛生産・技術行政に変化あり! 強固な基盤づくりを目指して

テーマ:ブログ

2月10日(水)、
国防部会勉強会が開催された。


議題は
防衛生産・技術行政、
及び国際装備協力の現状について。


近年、日本の防衛生産・技術行政は
新たな動きを見せている。


武器輸出三原則の見直し、
防衛生産・技術基盤戦略の策定、
そして、昨年10月の防衛装備庁の発足は
その典型だ。


特に「技術的優位」の確保や「取得改革」の推進、
「国際装備協力」の推進や「防衛生産・技術基盤」の強化を
方針に掲げる装備庁の発足は
装備行政において大きな節目と言える。


こうした動きに背景には
周辺国における軍事的技術力の発展や
軍民両用技術の発展と活用への期待、
技術の高度化に伴う研究開発費の高騰などが、
挙げられる。


特に研究開発費の高騰は
世界各国に共通した現象となっており、
各国とも、調達改革など様々な努力をしている。


本日の勉強会で
議題として挙げられた
国際装備協力もその一つ。


米国も含め、
装備に必要な全ての技術を独力で確保することが困難になってきている今、
国を超えて相互に技術を補完し、
研究開発費や調達費といったコストをシェアしようとする動きが広まっている。
空自が導入するF-35もその一例だ。


日本も、現在、オーストラリアと潜水艦協力の可能性を模索している。


ただ、国際装備協力の動きが進んでいるとは言え、
基本となるのは、
強固な国内防衛生産・技術基盤であることに変わりはない。


なぜなら、
他国より優れた技術やノウハウがあってこそ、
他国は日本との協力に魅力を感じるからだ。

これがいわゆる「バーゲニング・パワー」である。


防衛装備分野においても国際化が進む状況にあるからこそ、
日本が防衛力整備において自立性を保つためにも、
他国と協力する際にバーゲニング・パワーを発揮するためにも、
より一層、国内の防衛生産・技術基盤の強化に努めなければならない。


自衛官として国防を担う中、
頼れる装備品の重要性と必要性を肌身で感じてきたからこそ、
防衛生産・技術行政をより前に進めるべく、
佐藤は引き続き、あらゆる努力をしていく。


佐藤学校仮入校


佐藤まさひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

1 ■絶対に倒れないバイク

一昨年にアメリカのLit Motorsが「C-1」という絶対転倒しない二人乗り電動バイクを発売した。自動車にぶつけられ強い衝撃を受けても転ばずに自立する。車内基底部に搭載された二つのジャイロがバランスを取りコーナーや方向転換時の転倒を防ぎ自立を補完させるシステムを持つ。価格は250万円ほど。
日本の防衛は東西に長い広範な沿岸部を持つので、緊急時には特に迅速な行動が欠かせないが、戦車や装甲車等の道路通行には道端の数多くの一般車両の妨げがあり、短時間での目的地への移動は困難が予想される。なので最初の到着は、航空部隊を除けば身軽で交通事情の影響を受けにくいバイク等の部隊が先行することになる。但し、重量物運搬や銃器類を扱いながらの運転は通常では出来ない。そこで、ジャイロシステムを持つ自衛隊用バイクを開発すれば、小銃を扱いながらの運転は勿論の事、機関銃や携帯地対空誘導弾の重火器運搬が容易になる。またバイクに接続した重火器が、照準装置の付いたヘルメットで操作できれば、より作戦行動がし易くなるだろう。機器類の耐水性を高めれば浅い水深の渡河なら出来る。C-1は電動バイクだが、自衛隊用には実用性を鑑みてガソリンか電動か或いは両用できる切り替え式も良いと思う。バッテリーには小型で急速充電の機能が必要だ。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み