2016-01-30 00:56:51

防衛生産・技術基盤、現場の情熱に感動

テーマ:ブログ
1月29日(金)、
日本の防衛生産・技術基盤を担う方々の現場の声に触れるべく、
三菱重工の相模原製作所と
洞菱工機(どうりょうこうき)を訪問した。

目にした試作品の可能性に心が躍り、
現場で汗する関係者の方々の情熱に感動した一日。

まず足を運んだのが、
三菱重工の相模原製作所。

神奈川県の相模原市にあり、
戦車を造っていることで有名だ。

今回目にしたのは、
水陸両用車の試作機。

この性能が、凄い。
特に水上速力は圧巻。

護衛艦を造り、
潜水艦を造り、
自動車のエンジンを造り、
戦車も造る。

そんな三菱重工ならではの強みが
存分に発揮された試作機だった。

この水陸両用車の可能性には
大いに期待したい。

周知のとおり、
水陸機動団を新編する陸上自衛隊は、
米国からAAV-7水陸両用輸送車を調達する。

AAV-7は世界10カ国以上で使用され、
湾岸戦争にも投入された、ベストセラー。

一方で、1960年代に開発が始まった相当古い装備品でもある。
設計も古く、整備にも相当な負担がかかる。

そして何より問題なのは、
AAV-7は、米国から調達するため
何両導入しようと、
いくら予算を投じようと、
日本の企業には恩恵がないこと。

むしろ今は、外国製の装備品に予算が割かれることで、
日本の防衛生産・技術基盤へ振り向けられる予算が圧迫されている。

つまり、一見、新しい装備品を取得し、
防衛力が高まっているかのように見えても、
実際には、国内企業が苦境に立たされ、
国内の防衛生産・技術基盤が揺らいでいるという一面がある。

相模原製作所の次に足を運んだのは、
そんな苦しい状況の中で懸命に頑張っている
“町工場”、洞菱工機(どうりょうこうき)。

戦車や高機動戦闘車(MCV)などの部品の製造を手掛けている
いわば、「縁の下の力持ち」だ。

洞菱工機は、社員約30名。
しかし、高精度・高品質の製品は、
確かな信頼を得ている。

会議室の前には、
同社の部品が使われている戦車など数々の自衛隊の装備品の模型が
綺麗に展示されており、
誇りを持って防衛生産・技術基盤の一翼を担っていることがよく分かる。

ただ、こうした町工場は、
大切な生産ラインを、
装備品用の特殊な部品の製造に当てているため、
一般論として、防衛事業への依存度も高い。

また、大企業と違い
ある部門の苦境を別の部門の努力で補填する
というようなこともできない。

よって、防衛予算の増減の影響をもろに受けることになる。
維持整備も含めて国内企業が関与できないような
海外の装備品を調達するということは、
その分、国内企業が関われる予算的余地も奪うことになる。

防衛予算の削減が続いた数年前まで、
そして、海外装備品の調達が増えている今、
国内の防衛生産・技術基盤の「縁の下の力持ち」である“町工場”は
まさに苦しい状況が続いている。

「国を守ることに、微力ながら貢献できれば」(会長談)

そんな気概で事業を担う洞菱工機などの“町工場”が
不安なく、防衛事業を担える環境を整えることは急務である。

装備品は揃えれば良いのではない。
使えなければ意味がない。

使い続けるためには、
継続的にメンテナンスをし、
必要であれば改良や改造を円滑に施さなければならない。

そのためには、
技術を持った国内企業が、
事業に参加できる環境を整えなければならないのだ。

そうした意味で、やはり、「国産」は重要。

もちろん、
予算的制約を抱え、
実戦経験もなければ、
実戦に基づいたデータの蓄積もない日本が
あれもこれも「純国産」とすることは不可能。

それでも、国際共同開発・生産やライセンス国産も含め、
「国産」という方向性自体は追求する必要がある。
何故なら、防衛生産・技術基盤あってこその「防衛力」だからである。

強固な防衛生産・技術基盤を育むために、
佐藤はこれからも力を尽す。

佐藤学校仮入校
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

佐藤まさひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

こういった防衛産業に多くの民間企業が参入できるようになったらなぁと思います。機密事項が多いと思うので難しいのかもしれませんが・・・
数十年前から、鉄鋼業界、重工業業界、造船業界、ガス・石油機器業界・・・と淘汰、再編されてきたように思います。そうして今家電メーカーが苦しんでいますが、次はそんなに遠くない将来、いよいよ自動車業界が淘汰される時代が来ると思うんです。そうするとものすごい不況が訪れるように思います。IT業界などのソフトや通信では、機械構造物の生産ほど多くの雇用が創出されません。
軍需産業は国内・世界のトップレベルの技術だと思いますし、またそこを追求していく必要のあるものだと思います。重厚な機械構造物とその中にあるメカニカルな部分、内燃機関、燃焼技術、乗り心地など人間工学、電気・ソフト・通信などありとあらゆる技術が一体となったこの業界はすごいと思いますし魅力です。
軍需用機器の部品、またはある一部の機能部分などを民間企業が造ったり、またここから生み出される技術ノウハウが民生用商品などに応用されて新たな商品・市場が生まれる・・・例えば自動車に代わって水陸両用自家用ヘリコプターが当たり前になるとか・・・期待してしまいます。
それにしても三菱重工など日本の重工業業界ってすごい!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み