福の島②

テーマ:

 

 

つづきです。

 

 

 

2017年2月26日に建立されたばかりの

 

慰霊碑に出会いました↓






帰還困難区域です↓





警官?警備員?の方が

 

ずっと入口を護ってくださっています。

アーケードの中は

 

つめあとがそのままのお宅がいっぱいでした。



「写真1枚だって、放射線量が高くて持ちだせない」

 

「いざとなったら、物もいらない。

 

家族が存在してるだけで嬉しい」

 

「急に価値観を突き付けられ、向き合いざるをえなかった」

 

など、語ってくださいました。

 

 



汚染土が入ったビニール袋↓



至る所に、沢山ありました。

 

緑のシートの下も汚染土です↓



こんなにたくさんの汚染土を

 

どうするんだろう?

 

どうしたらいいんだろう?

 

 

 

避難生活を続ける中

 

自衛隊の方が

 

白い防護服で現れた時

 

普段着のままの皆さんは

 

「自分たちはもう死ぬんだ」と

 

絶望されたそうです。

 

 

スーパーでも給食でも

 

福島産しか並ばなくて

 

放射線を浴びた可能性のある食べ物は

 

「自分たちで食べろ」と

 

国から見捨てられた

 

気持ちだったそうです。

 

 

 

 

 

福島第一原発付近↓

 

IMG_20170313_124500896.jpg

やるせない気持ち。。。

 

 

小さな私に何ができるんだろう???

 

どう生きたらいいんだろう???

 

 

 

 

 

 

今ある持ち場を

 

心をこめて全うするしかない。

 

 

命をかけて、というか

 

命は誰でも等しく

 

かかっちゃっているのだから・・・

 

 

命を輝かせないと

 

犠牲になられた方に申し訳ない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 



ふと気がつくと

梅の花が咲いていました。



梅の花は

 

どんな状況にあろうと

 

ひたむきに

 

自分の命を輝かせていました。

 

 

 

その美しさ

 

真の強さに

 

胸がふるえました。

 

 

 

 

 

 

 

虹がかかった皆様へ 虹虹虹

 

 

生きてる者は

 

死んだ者を

 

己の中に

 

生かすことができるのですね・・・

 

 



2017年3月11.12 日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD