福の島①

テーマ:

虹の橋がかかった素晴らしい皆様

 

こんにちは虹虹虹

 


6年経ってしまいましたが

 

3/11.12に行ってきました。

 

ずっとずっと

 

いかなくちゃいけない気がしていて

 

やっと行くことができました。

 

 

前日は緊張していて

 

眠れませんでした。

 

でも、

 

福島の方々

 

「来てくれてありがとう」 と

 

心からの声をかけてくださいました。

 

オーボエの演奏も

 

涙ながらに聴いてくださり

 

「感動で胸がいっぱいです」と

 

その暖かさに

 

私の方が

 

多くをいただいてしまいました。

 

 

救援物資もあったのに

 

「もっと大変な方がいるから・・・」と

 

譲り合われていて

 

福島は『福の島』だと

 

心から思いました。

 

 

 

少しずつ

 

海の様子もお伝えします↓









真ん中にある赤い橋を拡大すると↓



まだ、つめあとが残されています。



6年経った今でも、このような状態でした。





仮設住宅↓







のどかな公園で

 

子供達が遊んでいました↓



 

 

3/12に水素爆発があったのち

 

「直ちに人体に影響なない」との政府の発表の

 

直ちに、の言葉に

 

悩み苦しまれたそうです。

 

目に見えない放射能の

 

恐怖と戦い

 

何度も起こる地震に

 

靴を履いたまま

 

眠れぬ夜を過ごされたそうです。

 

 

子供たちの命を、未来を

 

何とか守りたいと

 

思われたそうです。

 

 

想いは同じだと・・・

 

自分は被災してないからと

 

分離感を作っていただけで

 

想いは同じなんだと

 

はっと気がつかされました。

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD