小郡ハーフ

テーマ:
1時間16分29秒

今シーズン最後のレース。せめてハーフで自己ベスト更新を狙って走る。しかし、後半はマラソンペースまでペースダウンしてこのタイム(笑)。
今シーズンはトラック以外はダメだったなぁ。
AD

別大マラソン

テーマ:
2時間43分55秒。

今シーズン最後にして30代最後のフルはイマイチなタイムで終了。結果が出なかったが来シーズンは40代として頑張ります。
AD

防府読売マラソン

テーマ:
2時間45分50秒  189位


18'02”
35'47”(17'45”)
54'12”(18'25”)
1:13'08”(18'56”)
中間点 1:17'32”
1'33'17”(20'09”)
1:53'13”(19'56”)
2:14'19”(21'06”)
2:35'33”(21'35”)
2:45'50”(9'56”)


今年本命レースと位置付けていた防府読売マラソン。
レースが終わって1週間以上経ってしまったので手短に。

当日は風が強く気温は低めで寒い。レース前にランパン、ランシャツでいくと寒さにやられて撃沈しそうな気がして寒さ対策をとる。ランシャツの下にTシャツを着て、ランパンは履かずにハーフタイツにふくらはぎのゲイターを履いてスタートラインに立つ。
ゲッケンは233番だがかなり前の方に入って7列目くらいに並ぶ。

スタートしてロスタイムは2秒くらい。3分35秒の集団に入りたかったので最初は飛ばしてトラックを回り競技場の外に出る。
1kmは3分32秒で通過。しばらくすると、周南のS伯さんが引っ張る集団が追い付いてくる。どうやら、3分35秒ペースの集団のようなのでS伯さんの後ろについて走る。
向かい風だが晴れていて3kmくらいまでは意外と暑さを感じて汗が出る。    
5kmは18分で通過したかったのでほぼ予定どおり。

5kmを過ぎてから追い風に変わったのか集団のペースが上がる。集団で走っているので呼吸は楽だが、脚がこのペースの着地衝撃にいつまで耐えられるのか?
8km過ぎでH3さんに追い付く。今回はハーフまでしか走らないと言っていたが調子が悪そうだ。

10km通過してから向かい風になり集団のペースが少し落ちるが、13km過ぎから徐々に集団から遅れる。







15kmからは単独になり3分40秒ペースをオーバーし始め18kmで脚にくる。まだ半分以上の距離があるのでヤバいと焦る。

20kmを過ぎてS4君のいる集団に追い付かれる。1kmくらいは頑張って付いていくがすぐに置いていかれる。
そこからは4分ペースで走るのがやっとの状態。

27kmで女子トップの吉松さん率いる大集団に抜かれ、30km手前でチカちゃんにも抜かれる(笑)





30kmで折り返してからは向かい風と寒さでさらに脚の筋肉が固まる。そこからサブスリーペースまでペースダウンし抜かれまくり。途中で止めようかと思うが、マラソンは完走してなんぼなのでとりあえずゴールを目指す。





ラスト5kmはメチャクチャ長く感じる。
ふくらはぎやハムが攣りそうになりながらなんとかゴール。

半年くらい前から防府読売マラソンを目標に練習してきたが、失敗レースになってしまった。今回の気象条件で前半から攻めて行った人達は自分と同じように向かい風と寒さにやられて多数が撃沈だったようだ。
前半をもう少し抑えて走ればよかったと後悔するがこれも経験。

次の別大ではうまく走ろう。

   
   



 

AD

下関海響マラソン(後編)

テーマ:
ハーフを過ぎて給水で集団から少し離れた時にミッチーさんが追いついてくる。2月の北九州でも去年の海響でもミッチーさんには30kmで追い抜かれて引き離されてしまったが、今回はまだ余裕があったのでミッチーさんの後ろに付いていき下りを利用してEランナーズの集団に戻る。

風が強いがS4君が前に出て集団を引っ張るような形で3分50秒ペースで進む。
そのまま5人くらいの集団で金比羅トンネルを抜けると雨が降ってくる。帽子を被ってきて正解だった。
補給してなかったことを思い出してパワージェルを出して食べる。今回はスパイベルトを腰に装着して補給食を入れて走ってみたが、邪魔にならないしゼリーや塩飴なども取り出しやすい。

25kmも集団で通過。北バイパスに入ってまた上りが始まる。上りになると脚の疲労が出てきたのか徐々にS5君や麦わらさんから離されていく。15m以上も集団から遅れてしまったが、昭和病院前の下りで白髪混じりの50代ランナーに抜かれたので頑張ってこの方に付いていく。この50代ランナーの走りが素晴らしく、脚がバンバン上がっていて前にいる麦わらさん達の集団との差が縮まっていく。
このまま麦わらさんやミッチーさんに追いつくかと思ったが、27km過ぎの人工島に渡る橋に入った途端に物凄い向かい風が!
押し戻されそうな強風に前に進まない。しかし、50代ランナーの方はペースが落ちないのであっという間に引き離される。そして、麦わらさん達の集団にも追いつく。
自分はジョグのようなペースになり28kmのラップは4分40秒もかかる(笑)。しかし、麦わらさん達の集団もペースが落ちているのか思ったほど差が開かない。
これは折り返して向かい風になりペースを戻せれば集団に戻れるか?と期待するが、向かい風で脚を使い切ってしまったようで全くペースが上がらない。
Eランナーズ集団から大きく離されて30km過ぎでは30代に見える山口の50歳のM野さんに追い付かれる。
M野さんに付いていこうとするも上りで一気に離されて置いていかれる。

その後のアップダウンでは4分20~4分30秒で走るのが精一杯。
北バイパスを通って金比羅トンネルに入る手前でViVaのH間さんに追い付かれる。
H間さんと話しながら3kmほど並走。二人ともかなり脚にきているので4分20秒ペースで走るのがやっとだ。

しかし、35kmの彦島大橋を上り切ってしまえば後は下りが続くので少し元気が出る。下りを利用して36kmくらいから徐々にペースを上げる。H間さんが離れていく。代わりに広島のトップギアというチームのランナーが横に並ぶ。37kmを通過してラスト5km。あと5000m1本だと思って切り換える。
彦島トンネルに入って一気にペースアップ。3分50秒ペースくらいまで上げるがトップギアのランナーは並走してくる。トンネルを抜けてなんとか引き離す。しかし、関彦橋の上りでまたキツくなりペースが落ちる(笑)。その瞬間に下関のN村さんがすごい勢いで抜いていく!慌てて追いかけるもペースが速すぎてハムがつりそうになる。
あと3kmを切っていたのでペースを上げたいが、つらないように4分ちょいのペースでなんとか走る。
ラスト2kmでたかおいちゃんやちゅんるさんの応援でパワーをもらう。
ラスト1kmでスパートして2人抜いて去年より8秒だけ速いタイムでゴール!

走り終わると去年同様に左足裏にでかいマメができていて痛かった(笑)

海響マラソンは第1回から今年で7年連続で参加。フルは3回目だが、ただでさえハードなコースなのに今年は強風と暑さでキツいレースだった。
   
     
 

下関海響マラソン(前編)

テーマ:
下関海響マラソン
フル  
2時間48分32秒
41位

ラップ
5km  18分42秒
10km 37分45秒(19分03秒)
15km 56分57秒(19分12秒)
20km 1時間16分11秒(19分14秒)
ハーフ 1時間20分28秒
25km 1時間35分25秒(19分14秒)
30km  1時間56分11秒(20分46秒)
35km  2時間18分15秒(22分04秒)
40km  2時間39分31秒(21分16秒)
42.195km 2時間48分32秒(9分01秒)

3度目の海響マラソンのフルに出場。前から3列目くらいでEランナーズの仲間や下関の練習仲間と一緒に並ぶ。前回女子優勝のチカちゃんが後ろにやってくる。1週間前の大阪マラソンで体調不良のため7km棄権で救急車で運ばれたというのに大丈夫か?

8時30分スタート。気温20℃で曇っていて蒸し暑い。
S5君と並走しながら1kmを3分38秒で通過。同じ集団にS5君、S4君、A2さん、麦わらさんのEランナーズメンバーがいる。F1さんはいないようだ。
2kmくらいで汗が吹き出してくる。追い風だが暑いためか集団のペースが少し落ちる。50mくらい先にT中隊長の姿が見える。
5kmくらいで山口県庁のK子さんが横に並ぶ。なぜ、サブ30ランナーのK子さんがこんな所にいるんだ?しかし、去年も人工島の30km手前で抜かれたんだったかな。  

8kmの関門医療センターで折り返す。いきなり物凄い向かい風に!これはたまらんと集団の後ろに下がる。S5君、S4君が前に出て風避けになりながら引っ張る。しかし、風が強いので3分50秒ペースに落ちている。
10kmでT中隊長に追いつく。
S5君が何度か前を代わってくれとジェスチャーするが、ここでは風が強すぎるので前に出ない(笑)。
唐戸市場の手前でK子さんとようやく前に出る。しかし、海岸沿いでS4君とA2さんが前に出る。
15kmでスタート地点に戻ってくるとたくさんの知り合いから応援をもらう。
16kmで通っているジムの前を通りすぎると一旦離れたはずの麦わらさんが集団に追いついてくる。
そのままEランナーズメンバー5人で練習会のペース走のように進む。彦島トンネルに入るとA2さんが一人出る。離されないように真後ろにピッタリ付いていき20km通過。
トンネルを抜けても上りがまだ続くが、3分50秒ペースのままハーフを1時間20分28秒で通過。予定よりかなり遅いが風が強いので仕方ない。
後半も乗りきれるか?