1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-01 18:12:27

議員報酬削減!

テーマ:議会報告
一昨日、6月29日に第二回定例会が終了しました。

一般質問のことや初めての総務委員会のことも書きたいのですが、
今日は最終日に全会一致で可決されました、

『東久留米市議会議員の議員報酬及び期末手当の特例に関する条例』
について書きます。

最初に提案理由と条例の内容を書きます。

提案理由
 平成23年第2回定例会において、東久留米市議会議員の報酬及び
期末手当の特例に関する条例が全会一致で可決された。
 しかし、その条例は平成27年4月30日をもってその効力を失い、
現在は本則通りの議員報酬及び期末手当となっている。
 平成23年の条例提案時の提案理由としては本市の厳しい財政状況や
市民の暮らしを踏まえてとあった。現在の本市の財政状況は財政調整基金
こそ当時より上積みされているものの、厳しい財政状況に変わりはない。
また市民の暮らしも決して好転していると言える状況にはない。
 議員報酬に係ることは報酬審議会の議を経ることが原則ではあるが、
この機会に市議会議員としての姿勢を明確にするため、議員に支給する
議員報酬及び期末手当を減額する必要がある。

内容は報酬月額を100分の5減額する、また冬の期末手当を
0.5か月分減額するものです。
これにより議員報酬は約8%の減額となります。

提案理由にもありますように、前任期も議員報酬の削減を行っていました。
しかし今回は誰もこの条例案を再提出する気配はありませんでした。

ひょっとしたら、もともとどこかの会派が条例案を出せば、
賛同するつもりだったのかもしれません。

しかし誰とは言いませんが、一部の議員が『もう元に戻してもいいんじゃないか』
と言っているのも耳にしていました。

私は今議員報酬を元に戻すことは市民に対して理解が得られないと考え、
以前から議会でも、そして選挙中も報酬削減を訴えてきていました。

『誰も出さないなら俺が出す』と決意し、各会派に説明して回りました。

その結果なんとか最終日に条例案が全会一致で可決されました。

その前の代表者会議で全会一致の議員提出議案は第一会派が提出するという
不文律があるとのことで、提案者は自民クラブとなりました。

しかし、提案理由も代表者会議で一行だけ削除されましたが、
私が案文を書いて各会派を回ったものです。

私は誰が提案者になるとかそういうことは大きい問題ではないと思います。

私が各会派を回らなければ、議員報酬の削減はできなかったかもしれない。
それが今回実現でき、少しは市民のために役立てたかと思っています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-06 18:12:23

一般質問通告

テーマ:議会報告
2期目の当選をさせていただき、改選後最初の定例会が始まります。

3日に一般質問の通告を行いました。

今回の一般質問の通告内容は以下の通りです。

1 東久留米の未来のために

 (1)財政の健全化について
  ア 実施計画策定の進捗について
  イ 公共施設白書について

 (2)保育行政について
  ア 待機児解消について
  イ 保育料の改定について

 (3)教育行政について
  ア コミュニティスクールについて
  イ 給食費について


以上になります。

タイトルの『東久留米の未来のために』は私が
今回の選挙でずっと訴え続けてきたことです。

東久留米の未来のために今何をすべきかを質問するつもりです。 

他の議員も含めた届出順序及び内容はこちらです。

私の出番は12日(金)の9:30~だと予想されます。

お時間のある方は是非傍聴にいらして下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-23 09:16:46

市議会議員選挙5日目の朝

テーマ:雑感
皆さん、おはようございます。

ご無沙汰いたしまして申し訳ございません。

市議会議員選挙が始まって5日目の朝を迎えました。

毎朝多くの候補者が駅前に立って挨拶をしています。

私も今日も6時30分頃から駅の西口に立ち、
挨拶をさせていただきました。

私が今日ブログで書きたいことは、ある候補者の行動です。

基本的に朝は多くの候補者が駅に立つので、
みんなで譲り合って立つのが普通です。

しかし、その候補者はプラカードを何枚も持ち出し、
他の候補者が立つスペースを無くしていました。

まさに、自分だけ目立てばいいというような態度でした。

しかも、そのプラカードには『戦争立法NO!』とか、
『都市計画税引き下げました』とか書いていました。

この候補者は『憲法9条を守れ!』なども選挙中主張していますが、
そのような主張は国政でしていただきたい。

東久留米市議会で憲法を議論したり、法律を作ることはできません。

国会議員が、応援演説に来て、国政の話をするのはいいと思います。

しかし、市議会議員候補者がなぜ国政の話をするのでしょうか。
私にはその感覚がわかりません。

また都市計画税の引き下げについてですが、
確かにその議員は以前から都市計画税を引き下げるべきと
主張していました。

しかし、その議員が主張したから都市計画税が引き下げられた
わけではありません。


東久留米市の都市計画でさしあたって大きな予算を要する計画の
予定がないため、市が0.2%の引き下げを行ったのです。

それをまるで自分の手柄のように言いまわるその候補者
の態度が私には信じられません。


皆さんも是非このような候補者には騙されないようにしてください。

あなたの貴重な一票を無駄にしないでください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。