孤独な子育てから楽しい子育てに変わる

長男の育児で、孤独な子育て(弧育て)を経験。学童保育15年勤務経験。3人の子育て中のパパ。楽しく生きて自分らしく子育てしましょ。

NEW !
テーマ:
● コーチングや子どものこころのコーチング協会に興味のある方とランチ会しまーす!!

こんにちは、さとさんこと高島です。

コーチング、子どものこころのコーチング協会に興味のある方いる?

そんな方を対象に、ランチ会するよ。

2月にね。

普段は、あまり「コーチング」という言葉を使わないようにしてる。

知らない人が聞くと、怪しく聞こえたりするから(笑)

でも、コーチングに興味を持ってくださる方も、山陰にも増えたんだなーって感じてる。

仕事のコミュニケーションとして使っている人も、いるもんね。

コーチングとして認識してなくても、技術として使ってる人もいるだろうね。

部下を育てるための手法としてね。

私が学んでいる子どものこころのコーチング協会。



ビジネスで使われているコーチングスキルの中でも、「聞く」を特に重点的に学びます。

「子育ては聞くが9割でうまくいく」

子どもの声を聞く、子どもに訊く(質問)、自分の声を聴く

「きく」にも、3つある。

子どもの声を聞くこと。

子どもに訊くこと。

自分の声を聴くこと。

文章にすると簡単だけどね。

実際、どうすんの!!?

って、思うよね。

来年度から、私が開催する講座に来てもらえば、ワークを通して身につけてもらうことができる。

でも、まだインストラクターの修了試験が終わってねー。

ということで、コーチングや子どものこころのコーチング協会のことを、お話しするランチ会の開催です。

ご要望があったんでね。

こちらの方から、日程、場所、参加費等の詳細をお知らせします。

2月に入ったら、お申込みスタートしますよ。

「のんびり子育て」がわかるメルマガ。

のんびり子育ての解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 謝るタイミングと切り替え。”次男への謝罪…そして”

こんばんは、さとさんこと高島です。

子どもに対して、完全に私が悪いです。

ってこと、あるよね。

そんな時、子どもに素直に謝るって大切。

そして、もっと大切なこと。

ここに書いてあった。




子どもの立場になって、考えてみること。

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 子どもが言うことを聞かなくて困ってるんです。という時に見逃してしまっている視点。

こんにちは、さとさんこと高島です。

「子どもが言うことを聞かなくて困ってるんです。」

この言葉は、よく聞きました。

この状態に陥っている人には、決定的に欠落しちゃっている視点があるんだなー。

それは、子ども側からの視点。

さすがの私も、この言葉を言われた直後に、言われた子供から聞いたことがないから、推測で書きますよ。

この大人、わかってねーなー!

大概、同じようなことを思ってる。

この2人の状態は、簡単に言うとね。

信頼関係ゼロ。

全くゼロではないか…ゼロだったら、お互いに相手しないもんね。

でも、信頼関係があるとは言えないよね。

子どもにも、言いたいことがあるのかな?

子どもも、私のことを言うこと聞かないって思ってるかも?

子どもは、何を考えてるのかな?

って、気づくとちょっとずつ変わるよ。

この子!何考えてんの!!

じゃないよ。

この子は、何を考えているんだろう?

想像力を働かせること。

やってみてね。

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ちゃんとした親でないとダメだ!って思ってた頃の朝は怒りまくってたな…

こんばんは、さとさんこと高島です。

4年前くらいまでは、朝子どもたちを怒りまくってた。

朝、決められた時間に起きない。

座ったまま、朝ごはんに全然手を付けてない。

食べても、スゲー遅い。

学校の準備が全然できてない。

用意するものを、前日に言ってない。

5分前になっても、まだ準備してる。

と、書き出したら止まらないくらい怒ってた。

その当時、4年息子、1年娘は、泣きながら…

「…いってきます…」

そのころの私はこんな風に思ってた。

待たせるべきではない。

時間通りの行動するべきだ。

朝ごはんは、ちゃんと食べるべきだ。

準備は前日にしておくべきだ。

色々「べき」が強かったんだなーって、今になれば思う。

そういう私は、子どものころ、遅刻常習犯。

先生から「社長出勤だなー」って、笑われたこともあったっけ。

それ聞いて、私も笑ってた。

もちろん、いっぱい怒られたし、正座もしたことあったな。

だからかな。

自分みたいになっては、ダメだ。

そんなことは、親としてさえては、ダメだ。

ちゃんとした親じゃないと、ダメだ。

親は、ちゃんとしてないと!!って。



今は、ほとんど怒らなくなった。

でも、子どもたちが登校していく時間は、怒っていたとき全然変わらない。

なんだこりゃ?って、思うね。

遅刻して困るのは、子ども。

遅れてみれば、誰が困って、誰に文句を言われるか分かる。

そうすれば、自分で何をすればいいか…身につけていく。

わが子を、信じてなかったのかなー。

今は、親としてちゃんとする前に、自分がちゃんとすることを気を付けてるかな。

私だって、朝寝坊もするしねー。

そんな時は、「ごめーん、寝坊した―!!」って、謝る。

実際のところ、今は、こんな風に声をかけてる。

「ご飯食べようか?」

「いつもより、遅いよ」

「動こうか?」

「準備できた?」

口調は、いたって普通のテンション。

それ以上、付け足すことは、ほとんどなくなったなー。

子どもたちも、こんな感じ。

「わかった」

「お!ほんとだ、やべ!」

「準備できてるよ」

「今日は、早くできたな」

朝、怒っている気で充満していたあの頃。

今は、笑っていること多い。

怒りで充満している朝。

笑いで和やかな朝。

どっちがいい?

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● お祭りごっこをするって伝えたら、娘さんが涙を流して喜んでくれたんだって。

こんにちは、さとさんこと高島です。

お友達のママが、我が家の小4娘のお祭りごっこをまねて、お家でされたんですよ。

そしたら、娘さんが涙流して喜んでくれたって。



このママさんは、バルーンアートの教室を受講してくださった方。

お祭りこっごの射的は、バルーンアート。



飴にチョコバナナかなー、すごいもんね。



勢い、たこ焼きまでって!!



「お祭りごっことをする」って伝えたら、涙を流して喜んだ娘さん。

このママも、ちょっと驚いたって。

とっても嬉しかったんだよねー。

娘さんに、ママの気持ちが響きまくったんだよねー。

実際には見てないんだけど、感動したんです。

遊ぶってね、子どもにとって、とっても大切な時間。

その大切な時間を、作ってたママ。

その大切な時間を、一緒に過ごしたママ。

素晴らしい!!

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 人の話を聞いてないし、自分勝手に話すし、思いつきで話すし、勘違いを当たり前で話すし…

こんにちは、さとさんこと高島です。

カミングアウト。

中1息子の話を聞くのが、どうも苦手。

人の話を聞いてないし、自分勝手に話すし、思いつきで話すし、勘違いを当たり前で話すし…

と、どうも自分勝手な息子の話が苦手みたい。

でもね、妻によく言われる。

妻 「よく似てるよ、話し方」

だよねー

笑うしかねー。

話を聞いてみるのを実践していると、どうしても聞けねーという場面に出くわす。



子どものこころのコーチング協会代表の和久田ミカさんは、よく言うんですよ。

「できないところに、宝物が埋まってる」

俺の話も聞いてくれ!って、思ってんのかなー(笑)



私は、小3の時に父が他界してる。

父親として、息子とどう接していいのか?という見本を知らないんだと思う。

そんなの、どうでもいいんだよなー。

きっと、息子の前でカッコつけてるだけなんだと、最近感じる。

「のんびり子育て」がわかるメルマガ。

のんびり子育ての解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 駄々をこねる5歳娘に「おとうと一緒に入るほうがいいか、ひとりで入るほうがいいか…」

こんにちは、さとさんこと高島です。

子どもって、実はいろんなことを考えて、正しい選択をする能力がある。

だけど、いろんな事情で、その選択肢を選ばないことも多いもんね。

先日、妻が新年会で夜いなかった。

そんな日は、早めに風呂に入れてしまうことが多い。

小4娘にお風呂を洗ってもらった。

18時前くらいで、録画の「金の正解銀の正解」の番組を5歳娘と小4娘と私と見てる。



さと 「じゃ、これ見たら、はいろうか?」

5歳娘「うん!」

ちなみに5歳娘は、私か妻かと必ず入ってる。

3人で入ることも、よくある。

しばらくして、中1息子が帰ってきた。

先に風呂に入るって、さっさと入った。

さと 「じゃ、おにいが上がったら、入ろうか?」

5歳娘「えー、これ(番組)おわったらがいい」

さと 「えー、じゃー仕方ねーなー。終わったらだよ」

5歳娘「うーん!!」

で、番組が終わった。

さと 「先に入ってるから、おいでよ」

5歳娘「う…ん」

湯船につかってたら、5歳娘の泣き声が響いてきた。



あら?って、思ったけど、ほっておいた。

2分くらいかな…小4娘がなだめながら、着替えるところまで連れてきた。

小4娘「ちゃっと、はいったら見れるじゃん!!」

5歳娘は大泣き。

足バタバタして、泣いてる。

小4娘に怒りモードが発動したかな…?

でも、お風呂に入れさせようとしたのかな?

と、色々考えて、小4娘にお風呂の中から声をかけた。

さと 「いいよ、ほっといてあげていいよ」

小4娘「…」

何かぶつぶつ言いながら、テレビのところに戻った。

5歳娘は、相変わらずの大泣き。

そのまま、ほっておいてもいいかなーと思ったんだけどね。

お風呂のドアを開けて、一言、声をかけました。

さと 「おとうと一緒に入るほうがいいか、ひとりで入るほうがいいか決めて、動いてください」

たぶん、入ってくると思ってたけど、もし入ってこなかったら、一人で入らせようと考えてた。

しばらくしたら、ちょっと落ち着いたみたいで、お風呂に入ってきた。

比較的、穏やかにお風呂の時間だったよ。

5歳娘なりに、考えただろうね。

一人で入ることにして、テレビを見るか?

おとうと一緒に入るか?

今回は、「入りなさい!」とは言わずにしてみた。

子どもに任せてみたんだよね。

この選択をしたのは、ノッポさんの本を読んだからだな、たぶん。

とっても、共感。

子どもって、とてもよくわかっている。

でも、楽しいことに引きずられやすかったり、自分の気持ちをうまく表現する語彙力がなかったりで、うまくいかないことも多い。

でも、とってもよくわかってるんだよね。

それを信じて任せると、案外すんなりことは進む。

学童保育でも、実証済みです。

ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?: ノッポ流 人生の極意/小学館

¥1,512
Amazon.co.jp

「のんびり子育て」がわかるメルマガ。

のんびり子育ての解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【残席2名】松江ジャスミンで、のんびり子育てランチ会。子育てのこと話しましょ!

こんにちは、さとさんこと高島です。

2017年も、のんびり、ランチ会をしていきます。

1月16日(月)に開催です。

のんびり子育てランチ会 境港

ランチ会の参加者さんから、感想をいただいていますよ。

あっという間の3時間でしたね。

まだまだ、いろいろなお話を聴きたかったです。

大人数だと、どうしても、自分の近い席の人としか話せなかった…ということになりがちですが、6人という人数設定が丁度良くて、全員が顔を合わせて話ができるし、初めましての方とも、リラックスして、お話しができました。

おいしいものを食べて、子育てのことをあーだこーだしゃべっている時間が持てるだけで、気分転換にもなるし、肩書きのない一般ピーポーでも、参加しやすいし(笑)、このランチ会、ぜひ続けてくださいね(^-^)

機会があれば、また、参加させてください♪♪♪

あー、おいしかったぁ☆楽しかったぁ☆

ありがとうございました!



少人数で、子育てのことあーだーこーだー、しゃべっちゃいましょう!!

お店は、ジャスミンです。

飲茶・点心のコースですよ。

のんびり子育てランチ会

1月16日(月)11時から14時

会場 ジャスミン(島根県松江市浜乃木6丁目13−1)

参加費 3780円(税込み) ランチコースの代金になります。

定員6名 (残席2名)


お申し込みは、こちらからできます。

2017年、楽しく子育てするスタートを、一緒にきっちゃいましょう!!

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
● 最も捨てたいのは夫。クロワッサンの読者アンケート判明。

こんばんは、さとさんこと高島です。

スマホに代えてから、どれくらいになるかなー。

今さらながら、auのブックパスの読み放題プランにした。

600円くらいで、雑誌とかが、かなり読めちゃうんだね。

で、先日和久田ミカさんのfacebookのタイムラインで、こんな表紙を発見。

ミカさんは、子どものこころのコーチング協会の代表です。



最も捨てたいのは夫。

最近、関心のあるテーマって、飛び込んでくるんだねー。

即行で読み放題プランから、クロワッサン探したら、あった!!

ちなみに、この間読んだ本は、この2冊。

どの本も、読めば読むほど、日本は男性社会なんだなーと感じる。

働く環境だけじゃなく、家の中が一番男性社会かもね。

女性が活躍できる社会を、この日本は目指しているらしい。

その社会って、会社で働くことを前提にしてる。

でも、社会って、一番小さい単位が家庭だもんね。

その男性社会の中で、男の子が育つと、男性社会が当たり前な大人になるわけだ。

高度経済成長期の子どもたちが、今が親になっている。

このままだと、子どもたちの世代も大変だな…

何冊か読んだ男性像は、私にも当てはまる。

以前は、もっとそうだったからな…妻に申し訳ないと思う。

私たち夫婦は、一般的な役割が逆転している。

だから、まだ、よかったのかもな…

なんか、まとまらないけど、困った問題だね…

世の中のパパは、じいちゃんになったときに、捨てられないように気づくべきだね。

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 子どもと一緒にモノ作りするときのコツは2つ。これで達成感が全然違う。

こんばんは、さとさんこと高島です。

年末に小4娘と、こふじ(飼っている犬)の小屋の小屋づくりをした。

山陰の冬は寒いから、犬小屋の周りを囲うように作る。

あるお店からいただいた木材を使って、スタート!



私も小屋を作るのは、ほぼ初めて。

初心者ふたりで、どうなるか…



結局、朝から初めて、夕方の5時くらいまでかかった。



のこぎりで木材を切る作業のほとんどは、小4娘が担当。

くぎ打ちは、力のいるところが多いので、私が担当。

思いのほか、デカくなったから、途中ホームセンターいない春日店(島根県松江市春日町630)に木材と釘の調達も。

少し、木材が足りなかったけど、風よけには十分。

娘も大満足だった。

物を作ることが大好きな小4娘。

【子どもと何か一緒に作るときに、付き合う大人としての2つのコツ】

特にパパになるのかなー。

学童保育の指導員も、これするといいよー!!

1.極力、手を出さないこと。

道具の使い方は、ちゃんと教える。

具体的には、こんな感じ。

木材を切るときには、切る場所を鉛筆で書く。

これも、もちろん小4娘に書かせる。

指金を使いかたを説明してね。

のこぎりを使って切るのも、最後まで手を出さない。

ただし、のこぎりの使い方、どういうところで切るといいかは教えます。

ざっくりとね。

危険な使い方にならない程度に。

そのあとは、娘にやらせる。

私がしているのは、木材の上に座って、木材を押さえてる。

あとは、「がんばれー!」「できる!」「疲れたねー。ちょっと休む?」「よし、いこう!」って、前向きな口出し。

2.小4娘が作るのを、私が手伝っている感じにする。

実際には、小4娘ではできないことが出てきてら、小4娘に提案して了解を取る。

釘もね、金槌持つのに力がいるんだけど、上手くたたかないと、ドンドン釘が曲がる。

2人ともへたくそ。

これ以上やっていると、モチベーション下がるなーっていうラインまで来た。

さと 「釘は、力がいるから、おとうがしようか?できるところは、やってもらうから」

小4娘「わかった。だったら、わたしが切る担当する。」

さと 「そうしようか!」

小屋づくりの進行を、大人が主導しないこと。

あくまで、大人が手伝うスタンスにもっていく。

最短距離で完成を目指さない。

最悪、失敗してもいいという選択肢を持っていること。



すると、こういう達成感が得られるんだなー。

夜ご飯の時も、ずーっと満足そうだった。

小4娘「できたねー」

ってね。

私の子育ての中には、学童で積み上げてきた経験をいかして、実践していることもたくさんある。

そんなことも、ランチ会では話しようかな。

楽しく子育てする方法「前を向く」メルマガ。

楽しく子育てをするための解説や、高島の子育てのこと書いてます。

※登録は無料です
※登録された方の情報は、高島からはわかりません
※いつでも解除することができます

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

090-8248-4899 (高島)

子どものこころのコーチング協会

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)