トヨタに学ぶ製造業実践コンサルタント

トヨタのエンジン開発部門から突然コンサルタントの世界へ!
過去の経験をともに製造業のお客様の助けとなる実践的なコンサル活動を実施中!!

トヨタに学ぶ製造業実践コンサルタントブログを


ご覧いただきありがとうございます。


A&Mコンサルトの中山聡史と申します。





製造業の企業様を中心に実践的なコンサルティング活動を行っています。

5S』、『製造改善』、『生産管理改善』、『購買改善』、『設計改善』など


幅広く活動中です。


現場ならではの問題点に対して、皆様と一緒に改善を行っています。





当社のホームページに実際のコンサルティングの考え方、活動内容、


実績などを記載していますので、ぜひご覧ください。


A&Mコンサルトホームページ


テーマ:

私が出版を依頼された内容は、

 

「検図」

 

に関する本です。

検図とは、言葉の通り、「図面の検査」です。

 

しかし、この図面の検査がきちんで出来ずに後工程であるモノ造り時に問題が発生している企業さんが多く有ります。

なぜ、そのような問題が発生するかというと・・・

・図面を確認する時間がない

・ベテランが書いた図面だから問題ないだろう

・設計者自身が図面を確認しているから問題ないだろう

などなど。

 

理由はさまざまです。

 

その問題を解決するために

 

今の時代に求められる検図はいうのはなんなのか?

どのようなポイントで検図をやればいいのか?

効率的な検図とはなんなのか?

というニーズに対して解決策を導かなければならない。

 

そのための検図の本です。

 

それを分かりやすく、どの年代の設計者でも読んでもらえる本にしよう。そのためには題材が必要であって、それを分解した100円ライターにしようと決めました。

 

私が100円ライターを企画し、設計し、検図する場合このような考え方や手法でやるべきだ!

 

という構成にします。

 

100円ライターの分解から、構造を考えるポイント、新たな付加価値を生み出すために検討しなければならない事項など

 

そのような点を目次にしてストーリーを構築します。

 

その詳しい内容は次回にしましょう。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルがなんだか、設計の本当の中身みたいになってしまいましたが、本の構成を考えるために苦労した点などをストーリーで形式でお話します。

 

まずは100円ライターを買ってきました!

今は、100円均一のお店で100円払えば(正確には108円)、なんど3本も買えるのです。皆さん知ってました??

(100円で3本という事は、33.33・・・円/1本なので、正確には100円ライターではないですね(笑))

 

そんなことは置いておいて、100円ライターを分解しました。

分解しながら、気付いたことは、シンプルな構造なのですが、本当によく考えられて、造られています。

この手の製品は昔から何も変わらないと思っているのはユーザーだけで、少しずつ、見えないところで進化していっているんです。

 

例えば、金属カバーのあたりに関しては、昔は武骨に覆われているだけでしたが、現在は、金属カバーの横に穴が空いています。

その穴は、点火口付近に必要な酸素といきわたらせると同時に、金属カバー内に混入した異物も除去可能になっていると思います。

(本当の狙いは製造メーカーに問い合わせないと分かりませんが・・・)

 

本当によく考えられています。

この100円ライターを私が設計したとすると、どのような考え方、どのような図面を書くかという事について、本を書くと決めました!!!

このよく考えられた製品かつ、誰もが分かりやすい部品や構造という点が決め手ですね。

 

分解したものをこのように整理しました~

 

これから本の構成を考えていきます!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本を書くと決めてから最初にやらなければならない事は、もちろん構成ですよね。

 

この構成が難しい・・・

 

どのようにすれば、導入から本題に向けてストーリーを構築できるのか。

 

専門書で多いのが、知識&ノウハウを詰め込むため、あまりストーリー性が無いことだと感じております。

私が目指すべきは、専門書であったとしても知識&ノウハウだけではなく、読んで面白い!と思ってもらえる本です。

 

物語風に書くと、ノウハウ&知識が分かりにくくなる、かと言って、物語がないと読んでいても面白くない・・・。

 

この両方を持ち合わせるストーリーを考える事にしました。

 

「知識&ノウハウが分かりやすく、ストーリーがあって読みやすい本」

 

に仕上げます。

 

そのためには何かを題材にしてストーリーを構築しなければなりません。

う~ん・・・

 

構造が簡単で分かりやすい図面が書ける製品・・・

 

!!

 

ライターにしよう。

 

ライターは部品点数が10点ほどですが、精度が高い部品がたくさんつまっている。さらにライターといっても、製造するメーカーによってさまざまな形が存在する。

ライターを調査して、私が設計するのであればこうしたい!というものでストーリーを構築しよう

と考えました。

 

まずはライターを調査するところからスタートしました・・・

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。