断らない女。その2

テーマ:

『断らない女。』の続き。

 

・・・・・

 

イケメン二人に連れられ

行ったのは、普通の居酒屋でした。

 

彼らも、私たちと同様に

2軒目だったようで、

お互いそれなりに酔っぱらってました。

 

*幸あれの勝手に命名ターイム*

私の隣のイケメン=濃くん。

C子の隣のイケメン=薄くん。

(以後、字が分かりにくいのでウスくんで)

 

注意:髪の毛ではなく、顔の濃さねw


二人ともイケメンだったけど、

ちなみに幸あれのタイプではありません。

私、あくまでも薄顔の年上が好き・・・

↑こんなことばっか言ってるからダメなんですよねぇ・・・

 

 

濃くんは、盛り上げ上手。

彼らは仕事仲間で

ウスくんの方がちょい先輩で、クールな感じでした。

 

ウソかホントか分かりませんが、

結構、堅そうなお仕事をしておりました。

 

 

彼ら、

相当、お酒強い!めっちゃ飲んでました。

 

私は、最近もっぱら

お酒が弱くなってしまったので、

バレナイようにセーブしていると

 

「あ~~

幸あれちゃん飲んでなーい!」

 

と、濃くんにバレ、飲まされ

軽くキャパオーバーしておりました。。(´д`lll)

 

ぶっちゃけ

彼らと何の話をしたか

よく覚えてませんが、

 

全体的には。

なんだか

とっても盛り上がりました。

 

なんじゃそら。(笑)

 

そんな中、

年齢の話題になり・・・

 

彼らの年が判明!

 

 

 

なんと 

 

25才と26才

 

 

 

 

え。

 

ウソでしょ。

 

ウソだと言って。ヽ(;´Д`)ノ

 

 

 

えーー

ヤバイ、超年下じゃんかーー。

 

いくらなんでも

28~くらいかと思ってたよ・・・

 

私たちも聞かれましたが、

あまりに下すぎて

軽くスルーしておきました。

あの雰囲気で9才上なんて言えない。。。

 

いや、バレてたかな・・・

 

 

そうこうしてるうちにいつの間にか

0時をすぎていて。。。

 

私は、酔ってるし眠たいし、

そろそろ帰りたいなーと思っていました。

 

私は濃くんにLINEを聞かれ、

C子はウスくんと交換していました。

 

お店を出て

「ご馳走さま~音譜と帰ろうとすると

 

濃くんが「俺のうちに行こうよ」

めっちゃ引き留めてくるではありませんか!!

 

 

ちょ。

 

え・・・。

 

そーゆーつもりはナイのよ、私。

 

お持ち帰りされるつもりはナイの。

 

(ハイ、出ました、

30オーバーのこの貞操観念の固さ・・・!)

 

 

って思って、サクっと

彼のお誘いをスルーしたら、

すっとC子の方へ。

 

 

でたよ、、、!

 

ザ・シフトチェンジ!!!

(参考記事 http://ameblo.jp/satiare/entry-12199401361.html

 

 

クールなウスくんは

こちらに’その気’が無いことを察知し

サクッと帰ろうとしてるけど、

 

濃くんがC子を離さないと言う構図になり。

 

 

め、、、めんどい、、、

 

 

濃くんが、まーーしつこくて。

 

ただ、C子は

まんざらでもないのか?

全然離れようとしない。

 

 

うーん・・・

 

C子さん・・・

 

ど・・・どっちなの?

 

 

まぁ、

最終的には彼らから離れて

帰ってきたわけですが。

 

その後、

C子が

「濃くん、ちょーしつこかった~」

と連発していて・・・

 

 

 

ちょ、

待って?

 

 

全然、

そうは見えなかったんですけど??

 

 

だから、

私も

「そうなら、ハッキリ断ったら

良かったじゃん?」と言いましたが、

 

それに関しては返答ナシでした。。。

 

 

 

そうか・・・

 

これか・・・?!

 

これだ・・・!!

 

 

 

「断らない女」

 

だから

 

モテるんだな・・・!

 

 

やっぱり、

思わせぶりな態度が出来るから

モテ子なんだな、と。

 

 

 

私は、無い時は『無いオーラ』出すし

 

だから

 

モテないんだなーと。

 

 

まぁ、興味無い人からモテても

しょうがないのかもしれませんが、

 

これで最近、

 

二度目の「シフトチェンジ」に遭い、

 

ちょい凹んでおります・・・。

 

 

色気がないんだろうか・・・。うん、無いね。

 

 

でも、

 

彼らと別れた後に

 

私のLINEに濃くんから、

 

「帰らないでよーー」とか、

 

電話も何度かきてて、

 

既読スルー、そして

 

その後もしつこいので

 

未読スルーしたんですけど・・・

 

 

 

 

結局、

誰でもいいのね!(爆)

 

 

この手のナンパに遭うと、

 

やっぱりナンパは軽い・・・と

 

思っちゃいますね・・・。

 

 

いや、実際、ついてく私らも軽いけども~~w

 

 

 

 

だって、他に出会いが無いんだものぉぉぉ・・・

 

 

 

 

こうして、

幸あれの不毛な出活は続くのであった。

 

 

 

 

AD