参院選に自民党比例代表で出馬する女優・三原じゅん子(45)が、結婚を前提に交際していた舞台監督の末永善洋氏(38)と破局したことが8日、分かった。本紙の取材に対し、三原は「結婚を真剣に考えていたけど、選挙に巻き込みたくなかった」と破局を認めた。

 2人は昨年末から交際し、結婚秒読みとみられていた。だが、三原が参院選出馬の決意を固めた今年2月ごろから、互いに多忙な中ですれ違いが生じたという。保育園に通う末永氏の長女と3人で食事に出かけるなど関係も良好だったが「(末永氏の)子どものこともあるし、けじめをつけなきゃいけないと思った」と、先月17日の出馬会見前に別れを告げた。

 現在は当選へ向け全国を駆け回っている。「自民党と結婚した」とプライベートは二の次で、参院選へ突っ走る。

 【関連記事】
三原じゅん子、再々婚へ…舞台監督の末永氏と真剣交際
三原じゅん子、ブログで酒井法子容疑者に出頭呼びかけ

高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
児童の個人情報入りUSBメモリーなどが入ったかばん、ひったくられる 芦屋の女性教諭(産経新聞)
<プラネタリウム>巨大スクリーンが完成 名古屋市科学館(毎日新聞)
阿久根市長を告発=降格取り消し無視で、職員側―鹿児島(時事通信)
AD