三重県鈴鹿市道伯4の短期賃貸型のマンションで18日夜、外国人の男性が刺殺された事件で、県警鈴鹿署は19日、この部屋に住むフィリピン国籍の無職、マガット・メリチョール・モリロ容疑者(53)を殺人の疑いで逮捕した。同署によると、「もみ合っている最中に死んでしまった」と話し、容疑を否認しているという。同署は、死亡した男性の身元確認を急いでいる。

 容疑は、18日午後7時40分ごろ、マンション3階の自宅通路で、男性の左胸などを刃物で刺し、殺害したとしている。同署の調べでは、死亡した男性は40~50代で、死因は出血性ショックだった。

 同署によると、マガット容疑者は車で逃走していたが、18日深夜に現場に戻り、署員に身柄を確保された。【谷口拓未】

赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
住商、JCOMの筆頭株主に(産経新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
混合診療解禁などで意見交換-民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
AD