平野博文官房長官は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を一定期間後に全面公開する意向を示したことに関し「そのことによって(政府の求める)情報が提供されなくなることが国益にとって本当にプラスなのか、ということも考えねばならない」と否定的な考えを示した。首相が「(4月から)すべての使い道を記録にとどめる」と明言したことについても「検証する」と述べるにとどめた。

 平野氏は「首相がどういう意味で(全面公開と)おっしゃっているのか真意を具体的に聞いていない」とも述べ、再考を促す考えも示した。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
平野官房長官:内閣支持率続落を分析
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など

雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告-人事院(時事通信)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
AD