立春の4日、強い寒気が流れ込んだ影響で、北陸を中心に日本海側は大雪となった。気象庁によると、新潟県では24時間降雪量が一時60センチを超えた所もあり、山形県大蔵村は積雪が267センチに達した。北陸では6日にかけて降雪量がさらに増える恐れがあり、気象庁は注意を呼びかけている。

 4日午後3時現在の各地の積雪は▽北海道幌加内町208センチ▽新潟県十日町市235センチ▽岩手県西和賀町148センチ▽岐阜県白川村146センチ--などで、平年を上回る所が多い。5日午後6時までの24時間降雪量は多い所で▽新潟県70センチ▽富山県50センチ▽石川県、福井県40センチ--の見込み。

【関連ニュース】
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表

日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響-気象庁(時事通信)
JR常磐線の線路脇に放火 容疑の男逮捕 ひたちなか(産経新聞)
<公務員法改正案>首相要求で幹部異動 次官降格も容易に(毎日新聞)
センバツ 入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
<普天間検討委>移設候補地案を17日に持ち寄り(毎日新聞)
AD