参院選に自民党比例代表で出馬する女優・三原じゅん子(45)が、結婚を前提に交際していた舞台監督の末永善洋氏(38)と破局したことが8日、分かった。本紙の取材に対し、三原は「結婚を真剣に考えていたけど、選挙に巻き込みたくなかった」と破局を認めた。

 2人は昨年末から交際し、結婚秒読みとみられていた。だが、三原が参院選出馬の決意を固めた今年2月ごろから、互いに多忙な中ですれ違いが生じたという。保育園に通う末永氏の長女と3人で食事に出かけるなど関係も良好だったが「(末永氏の)子どものこともあるし、けじめをつけなきゃいけないと思った」と、先月17日の出馬会見前に別れを告げた。

 現在は当選へ向け全国を駆け回っている。「自民党と結婚した」とプライベートは二の次で、参院選へ突っ走る。

 【関連記事】
三原じゅん子、再々婚へ…舞台監督の末永氏と真剣交際
三原じゅん子、ブログで酒井法子容疑者に出頭呼びかけ

高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
児童の個人情報入りUSBメモリーなどが入ったかばん、ひったくられる 芦屋の女性教諭(産経新聞)
<プラネタリウム>巨大スクリーンが完成 名古屋市科学館(毎日新聞)
阿久根市長を告発=降格取り消し無視で、職員側―鹿児島(時事通信)
AD
 民主、国民新、社民の3党国対委員長は1日、国会内で会談し、郵政改革法案、労働者派遣法改正案について16日までの会期内成立を目指す方針で一致した。郵政改革法案は、連立政権を離脱した社民党も賛成して31日、衆院を通過したが、参院総務委員会は、委員長(民主)を含めても民主、国民新両党だけでは与党過半数を確保できず、社民党が反対すると否決される可能性がある。

 民主党の山岡賢次国対委員長は会談後、記者団に「(社民党が重視する)労働者派遣法改正案はしっかり成立させる。3党連立という形は変わったが、国対は今後も従来通り進める」と述べ、3党の連携に揺るぎがないことを強調した。

 しかし社民党は、民主党との距離を取り始めている。会談でも、社民党の照屋寛徳国対委員長は、自民党など野党が提出を検討している内閣不信任案や首相問責決議案について「いまだ党内論議、党内正式決定は一切ないので議論して決めたい」と述べ、賛成に含みを残した。

 民主党は「社民党に配慮しないと、法案が成立しない」(参院幹部)と神経をとがらせており、山岡氏が派遣法改正案成立への意欲を改めて強調したのは、社民党への配慮という側面もある。

 一方、米軍普天間飛行場の移設問題について、3党は4日の衆院本会議で鳩山由紀夫首相の出席を求めて各党による質疑を行うことを決めた。

 衆院安全保障委員会で来週中に平野博文官房長官と岡田克也外相、北沢俊美防衛相の関係閣僚が出席して普天間問題で質疑を行うことも確認した。【大場伸也】

【関連ニュース】
郵政改革法案:「良識を回復」…衆院通過で亀井氏
郵政改革法案:衆院本会議で可決 参院に送付へ
郵政改革法案:衆院通過へ 野党、亀井氏らの不信任案検討
郵政改革法案:与党、衆院委で強行採決
郵政改革:民営化見直し方針、WTO高官が初協議

原発運転差し止め認めず=島根1、2号機―提訴から11年・松江地裁(時事通信)
大地震で倒壊危険性、ヘルメット必携の市議会(読売新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
<花しょうぶ>愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
枝野幹事長固まる=少子化担当相に蓮舫氏内定―菅新政権(時事通信)
 【ロサンゼルス吉富裕倫】米大リーグのヤンキースやロッテ、阪神などでプレーした伊良部秀輝・元投手(41)が酒気帯び運転の疑いで米ロサンゼルス郊外で逮捕されていたことが25日、分かった。

 ガーデナ市警察によると、伊良部元投手は17日午前1時半ごろ、自宅に近い同市内で蛇行運転し、駐車中の車に衝突しそうになったところを巡回中のパトカーに発見された。飲酒検査の結果、逮捕され、同日午前10時半に5000ドル(約45万円)の保釈金を払って釈放された。血液検査の結果が判明する約1カ月後に起訴するかどうか判断される。

 伊良部元投手は昨年、四国・九州アイランドリーグの高知で現役復帰したが、今年1月に2度目の引退を表明。現在は、ロサンゼルスで少年野球の指導などをしている。

 07年8月には大阪市北区の飲食店で酒に酔って店長を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、起訴猶予処分になっている。

【関連ニュース】
酒気帯び運転:伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で
横浜3人死傷:飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴
ひき逃げ:フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉
酒気帯び:巡査を懲戒免に 奈良県警
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間

皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)
福島党首、沖縄知事と午後会談=普天間・辺野古反対で連携へ(時事通信)
宮崎の10市町、ワクチン接種を受け入れ(読売新聞)
証券業協会、暴力団データベースを構築 警察庁が情報提供 (産経新聞)
【風】新型インフルエンザ 自粛ムードに「苦渋の決断」(産経新聞)