人生を大きく豊かにするには

上手くいく人と、上手くいかない人。の差は考え方です。ビジネスや人生を向上させるための役立つブログを目指しています。


テーマ:
ビジネスで成功を成し遂げつには、


今やっていることに卓越するだけでは、不十分です。


卓越していることを第三者に認めさせることが必要です。


プロジェクトのゴールに到達したということは、


名声を得ることではなく、単に名声を得るチャンスを


つかんだだけなのです。



会社組織でよくおこりうるケースを想定して考えてみましょう。


あなたの上司が、次のプロジェクトのへっとを誰にしようかと


考えているとき、いちばん初めに思い浮かべるのは、

脳力があり、しかも目立つ存在の部下でしょうか?


それとも脳力は、あるけれどまったく目立たない部下でしょうか?



どちらかを選ぶとしたら、それは脳力があって

しかも目立つ人物でしょう。



人目を引くということは、自分のためだけではなく、

あなたの周りの人たちにもいい影響を与え、

彼らもまた目立つための努力をするようになるでしょう。


これはテコの作用のようなもので、

わずかな努力が何十倍もの実力となってくれます。




AD
いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
誰もが緊張するということがあると思います。緊張したくないため緊張することを避けるかのように思えてしまう人がいます。緊張するということは悪いことなのでしょうか?



緊張には、良いものと悪いものがあるように思います。





良い緊張?

緊張感があるからより慎重な集中力を発揮できたり・・・。

上司が激怒して上司に怒られるという緊張感からいつも以上に頑張った・・。


あるいは上司に怒られないように、怒られないように仕事を覚えよう。


得意先に言ってしまった手前、納期に間に合わせるために残業、残業、また残業・・。



その他にも緊張感を持って仕事をするということがあるかと思いますが緊張感があるからこそ頑張ることができたりします。





悪い緊張?

悪い緊張というものも確かに存在しています。例えば大勢の人前で、話をしをする場合、胸はドキドキ、頭が真っ白となり、言葉が出なくなってしまうということもあります。




あるいは、ここ一番で大切な場面では失敗したくないものです。そいう場面に限って大きな失敗をしてしまったりします。





良い方向へ持っていく努力?

緊張には良いものと悪いものがあり、目標を達成するために上手に利用して良い方向へ持っていくように心がけべきと思います。緊張はある意味、自分に秘めているパワーの一つと思います。



このパワーは使い方次第で随分ちがってくると思います。こちらのブログに参考になる記事が書かれていますので参考にしてください。
⇒ http://yakuzaisi-kyujin-saito.biz/blog/puresya/




1開き直り

緊張する場面で、開き直ったら上手く行ったという経験があるかと思います。プレッシャーや緊張が重荷になり、何かのきっかけで「どうにでもなれ・・」などと開き直り、その結果好結果となった。という経験が誰もがあるかと思います。



*もちろんやみくもに開き直るというのは、時には逆効果になることもあります。例えば楽観的に考えることが大切と言う人がおります。

大丈夫、前向きに行こうなどと言って結果や成果に結びつく行動をしていなかったり、結果や成果に結びつかない行動、あるいは行動しない。などと意識がズレてしまうと意味がありません。





2.自分を追い込む

自分を追い込むこともある意味大切なことになります。自分に厳しくすることで自分をコントロールしようとする考え方です。



しかし、自分を追い込むことは難しいものですので、頑張る理由ややりたいこと、達成したいことなど自分に価値がある事柄と結びつけることが大切になります。



なかなか自分で自分に厳しくできなければ、そういう状況に身を置くこともありです。






まとめ.開き直りと自分を追い込むことのバランス

開き直りと自分を追い込むことのバランスを考えるべきです。あまりにも厳しい状況に身を置いてそのストレスで潰れてしまっては意味がありません。




その反対に、開き直りすぎて、目的、目標へ向かうことをやめてしまったり、意識がズレて本来向かうべき方向と違っても意味がありません。




自分の目標や目的へ向かい良い結果を出すためのバランスを考えることが大切です。













AD
いいね!(91)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


期待の法則



期待の法則とは人は期待することに、影響されるという法則です。例えば、景気が良くないので給与は上がらないと思えば、そうなるわけです。




親から「お前はでいる」と期待された子供は、期待通りになります。親から「お前は頭が悪い」と期待された子供は、期待通りになります。




会社で、転勤を言いわたされるケースで、この期待して送り出すのとそうでない人の差は大きな差を生みことになります。




期待しない場合

上司「今回、キミに、A支店へ転勤してもらうことになった。

今までの成績を見れば、もう言い訳はできないと思うよ。」


部下「・・わかりました」能力がない自分が悪いのか。




期待して送り出す場合


上司「今回、キミに、A支店へ転勤してもらうことになった。

今まで成績はそれほど良くなかったかもしれないが、キミには能力があると見込んで転勤を決めたんだよ。

キミにA支店へ行ってもらい活躍を期待ています。」


部下「わかりました」よ~し、やってやるぞ。



このように期待するものに、私たちは影響をされています。




期待の法則を上手に利用して、人を動かすこと、人を成長させることを行なうことで仕事での成果や結果を上げることができるでしょう。






自分に対しての期待


自分に対しての期待を持つことも大切になります。ある意味、期待していないことには、やる気は起きないものです。


期待しているものには、積極的になるでしょうし、忍耐強く頑張れたりします。



自分には能力もないし、仕事は苦手と期待していれば、仕事の覚えも悪く、早く仕事を終わりにして、家に帰りたいと時間ばかり振り返ることになります。



そしてやる気を持てず、積極的な行動を起そうとも思えないものです。自分に対しての期待をすることも必要なことなのです。





魅惑の法則


魅惑の法則とは、自分と考えていることが似ている人を引きつけるという法則です。



つまり、自分の将来について期待をしてワクワクしながら頑張っている人には、同じ様に将来について期待をしている人と話が合い、引きあうものです。



反対に、いつも暗いことを考え、悪いことが起こると期待している人は、同じようなことを期待している人と引き合うものです。




この法則を上手に利用したい場合には、自分よりもワンランク高い人たちの持っている考え方や期待の仕方について理解をし、身につけるようにします。



身につけることができれば、引き合う人はそういう人になります。



自分に対する影響、周囲に対しての影響力を利用して頑張りましょう。







AD
いいね!(58)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。