1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-24 00:20:53

「少女椿」

テーマ:映画
「少女椿」を観てきました。
ロビーにいるお客さんが、みんなわくわくしながら開場を待っている感じが良かったです。
あと、ちょっとしか出ていない鳥居みゆきが最高でした。

「少女椿」と言えば、私はアニメ版の印象が強いです。
今はなき中野武蔵野館と、下北沢でやってた「スズナリ九龍城」というイベントで1回ずつ観ました。

フランスで売ってる DVD も輸入して持ってますが、「少女椿」は劇場で観るものという感じです。

(ここちょっとネタバレ)

アニメ版を劇場で上映する時は、ワンダー正光がブチ切れるシーンでフラッシュを焚いたりクラッカーを鳴らしたり、映像以外の演出がありました。
DVD の特典によると、最初の時はわざわざサーカス小屋を建てて、その中で上映していたそうです。

今回の実写版は、アニメや原作と比べるのは無粋と分かっていますが、どうしても「それ以下」な部分が気になってしまいます。
ブチ切れシーンはもっと派手なものを期待していました。そのシーンを楽しみに観ていると言っても過言ではありません。

エンド・クレジットを見たら黒色すみれが出てました。
誰かはよく知らないけど、なぜか CD を持っています。

終映後、トークショーがあったのですが、鳥肌実がいい加減な事を喋り続ける謎の時間でした。
鳥肌実と言えば、昔わざわざチケットを買って、日比谷の野音まで演説を聴きに行った事があります(私にとってあの日々は何だったのだろう)。
そして今日、「ああ本当にこういう無茶苦茶な人なんだ」と思いました。

せっかく一緒に舞台に出てきた監督が不憫でした。
でも綺麗な人だったので、ちょっと不憫なくらいが良いと思います。

漫画はほとんど捨ててしまったけど、「少女椿」は取ってあるので、また読み返してみよう。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「映画」 の記事
2016-05-21 13:44:17

演劇を観よう #2

テーマ:演劇
どの演劇を観たら良いか分からない人の参考用に、今まで自分が観た演劇について書きます。

以前も書きましたが(これ)、客観的視点を持つのは難しいので、バイアスのかかり方の参考のために、私の趣味や嗜好についても併せて書いてまいります。

すでに私の事をご存知の方や、演劇はあまり観ないけど GAIA_crew は観たという人には、バイアスは気にならないと思います。

さて、今日は演劇集団キャラメルボックスについてです。
最初にこれを紹介するのは、誰が観てもそんなにがっかりしないだろうと思ったからです。

「自分に合った演劇」というのは人によってばらばらですが、キャラメルボックスを一回観て「損した」という人は、まずいないと思います。何回も観ると人によっては「もういいや」となるかも知れませんが。

とにかく、分かりやすいです。ストーリーやセリフも分かりやすいですが、何が面白いか、どこが盛り上がりでオチは何なのかが分かりやすいのです。
きっちり作ってて完成度が高く、優等生な感じです。過激な表現や極端なおふざけはありません。

セリフに関しては、大きな劇場でもしっかり聞こえて良いのですが、いかにもセリフでございという感じは否めません。
あと、インド映画でもないのに突然ダンスが始まったりするのは、気持ち悪いと思う人もいるかも知れません。

客層は、ポジティブな演劇好きの人か、キャラメルボックスやその所属俳優が好きな人が多いです。
今はテレビでもご活躍の上川隆也は、キャラメルボックスの出身です。
公演後に撮影タイムというファンサービスがありますが、私みたいな客は退場してもOKです。

私はどちらかというと、自分の中のクオリティ基準を保つためにたまに観る感じです。
純粋にお芝居を楽しむなら千穐楽を観るのが良いと思いますが、初日に観ます。それによって「初日でもセリフを噛まないのは当たり前」という意識を持てるからです。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-13 01:51:32

3D Vision で BD3D

テーマ:IT
3D Vision 2 Kit が予定より早く来たのでセットアップをしてみました。
思ったよりもかなり苦労したので、ハマったポイントをメモしておきます。

環境
モニタ : ASUS VG248QE-J
グラボ : NVIDIA GeForce GTX 980
CPU : Core i7-6700
OS : Windows 10 Home 64-bit
メモリ : 16GB

まず、3D Vision 2 を有効にするために、NVIDIA のコントロールパネルから「ステレオスコピック 3D」というのを設定します。
その項目が無い場合は、新しい NVIDIA ドライバにアップデートします。

http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

ポイント1
最近の NVIDIA ドライバには、3D 関係のドライバは全部含まれています。
古い 3D 関係のドライバをインストールすると競合するので、入れては駄目です。
NVIDIA ドライバをインストールする時は、カスタムでクリーンインストールを選ぶのが良いようです。

私がインストールしたのは、365.10 WHQL というバージョンです。

「ステレオスコピック 3D」を設定するとウィザードが立ち上がって、機器構成を聞いてきます。

ポイント2
この時、どの機器構成であろうが、USB IR エミッタを接続していないと、先に進まないようです。
これが分からなくて、つい古い 3D のドライバを追加で入れたりしがちなので注意しましょう。

ポイント3
モニタを認識した後に変なエラーが出て、そこで諦めると「ステレオスコピック 3D」が有効になりません。

こんなエラー

NvAPI_Stereo_isActivated() returned 0 after stereo was enabled by default with Settings -> setDefaultStartupMode(true).


エラーのせいで進めない場合はタスクマネージャで、エラーダイアログだけ強制終了すると進めるようになります。そんなの分かるか。

ポイント4
VG248QE-J に差した DisplayPort ケーブルを抜くのがとても大変です。
インストールが上手くいかないのがケーブルのせいかと思って DVI-DL に差し替えたりしたのですが、コネクタが狭い隙間にあるので指先に力が入りません。
面倒でも、隣に差さっている邪魔なケーブルを抜くなどして、ぐにぐにして抜く必要があります。

ちなみに私の構成では、ケーブルは DVI-DL でも DisplayPort でも、どちらでも視聴できました。

ポイント5
PowerDVD の体験版は、BD3D に対応していませんでした。
再生すると普通に 3D のアイコンになるし、なぜ映像が 2D のままなのかずっと分からなくて、他のソフトを買おうかと思ってしまった。
製品版も、Ultra というグレードからでないと 3D には対応していないとの事です。

幸い、BD ドライブにバンドルされていた PowerDVD 12 を、GW セール価格(24,000円引き)で 15 Ultra にアップグレードする事ができました(12日までだったので、ぎりぎりでした)。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-07 13:49:15

演劇を観よう

テーマ:演劇
こんな経験はありませんか?
「趣味は演劇」というと「劇団四季とかですか」と言われ「それは観た事ないです」と答えるハメになる。
そして逆に「ええ、有名じゃないですか。私観ましたよ。すごいですよ。感動しますよ。観た方がいいですよ」と言われてしまう。

演劇にもいろんな種類があるし、楽しみ方は人それぞれです。
自分に合った演劇を見つけていない人は、つい有名劇団や知り合いの劇団ばかりを観てしまうと思います。
積極的に情報を集めても、観ようと思った時にはチケットが無かったり、一か八かで観に行ったら連続でハズレを引いてしまったりします。

観に行った演劇が自分に合った物だったかどうかで、演劇全般に対するイメージは随分と変わります。
ネットの褒め文化みたいなのを鵜呑みにすると、「これが良い演劇というなら他はもっと駄目だろうな」という誤解もあり得ます。

そのような「機会損失」によって演劇全般に対するイメージが悪くなるのは不幸な事だと思います。
基本的には、自分に合った演劇を見つけるためには片っ端から観るしかありませんが、それでは効率が悪すぎます。

今後、私が観た演劇について、このブログで偉そうに語りたいと思っています。
自分に合った演劇を見つけたい人が少しでも参考にしてくれて、それによって不幸な機会損失が減れば良いと思います。

私も GAIA_crew という劇団に所属しているので、他の劇団の事を書くのはリスクもあるのですが、「褒め文化」にならないよう気をつけて書きたいと思っています。
あと、客観的視点を持つにも限度がありますので、私の趣味や嗜好を知って読んだ方がより参考になると思います。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-30 13:42:07

PC とかモニタとか #4

テーマ:買い物
連休は特に予定も無いので、PC を注文してしまいました。あとモニタも。

PC は、パソコン工房でゲーム用のミニタワーをカスタマイズしました。
小さい筐体が好きなので、これで VR Ready および 3D Ready な感じにカスタマイズできたのは良かったです。以前ドスパラでカスタマイズした時よりは安くなりました。
カスタマイズに関しては、今の PC がグラボの熱でよく落ちるので、冷却性能を重視しました。

EVGA の GTX 980 Ti VR EDITION を待つのをやめたのは、Ti だと消費電力が高くなるのと、値段もかなり高くなりそうだからです。
パソコン工房のカスタマイズで Ti を選んだだけでも3万円以上高くなりました。

モニタは ASUS の VG248QE-J にしました。
最初は少し高くてもアマゾンで VG248QE を買おうかと思ったのですが、今日見たらアマゾンにも価格.com の最安値と同じ値段で VG248QE-J が出品されていたので、「じゃあそれで」みたいな感じです。出品者は PCDEPOT でした。

古いのをどうするかですが、PC はパソコン工房に下取りしてもらいます。
CPU とマザーボードとメモリがあれば良いらしいので、SSD は手元に残します。

モニタは、まだ普通に動くのでちょっと勿体ないですが、さすがに10年以上使ってるのでもう廃棄しようと思っています。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-18 20:48:12

PC とかモニタとか #3

テーマ:買い物
Oculus から連絡があって、当初7月だった発送時期が8月に延びたとの事でした。
PC はまだどうするか悩んでいます。
BTO のカスタマイズとかはやってみたのですが、もう少し選択肢が欲しいです。

あと、このグラボがいつ発売なのか良く分かりません。
Amazon.com では売っているようですが、BTO で選べるようになるなら、それを待ちたいとも思います。

モニタは ASUS VG248QE に決まりつつあります。
VG248QE-J という機種もあって、たぶん型番が違うだけだと思いますが、日によって VG248QE の方が安かったり VG248QE-J の方が安かったりします。
タイミングを見て注文してしまった方が良いかも知れません。

NVIDIA 3D Vision 2 Kit は1~3ヶ月待ちになっていたので、今の PC では使えませんが注文しちゃいました。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-13 23:13:42

未来に生きたい #4

テーマ:IT
富士通ドームシアターの「ザ・ユニバース」を見る数年前にも、私は素晴らしい映像体験をした事がありました。
それは「UCC STAR PORT」という、ムービング・シート・シアターでした。確か渋谷に期間限定で設営されていたと思います。

当時すでにディズニーランドにはスター・ツアーズがオープンしていましたが、私は乗った事がありませんでした。後に乗りましたが、結論として「UCC STAR PORT」の方が没入感がありました。

スター・ツアーズのようにライドの中にスクリーンがあるのではなく、今の 4DX みたいに4人がけ位の長椅子が個々に動くタイプで、人によっては酔うくらいキビキビと画面に追従していました。

「UCC STAR PORT」では、ショースキャンという新しい技術が使われていました。これはフィルムを秒間60コマで再生させるというものです。
今でこそ60fpsの映像など当たり前ですが、たとえば映画ですと、当時はすべて秒間24コマのフィルム上映でしたから、それに比べるとかなり滑らかな動きでした。
一説では人間の目は秒間60コマの映像ならチラつきを感じないと言います。

ここでもやはり、フレーム数と追従性(この場合は映像は追従される側ですが)が没入感を生み出していると考えさせられます。
宇宙を舞台にしているので、何となくスクリーンの境界が曖昧だったのも良かったのかも知れません。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-09 20:56:20

PC とかモニタとか #2

テーマ:買い物
NVIDIA の 3D 系の規格に対応していて、HDCP にも対応しているモニタを探しましたが、やはりなかなかに少ないです。
3D Vision や 3D Vision2 が出た頃は、それらのキット(メガネとか)を同梱した対応モニタも発売されていたようですが、Amazon にも価格.com にも売ってないし、売ってたとしても必然的に型が古くなってしまう。

現在入手可能で、比較的新しくて、 3D Vision2 に対応しているモニタは3つありました。
  • BenQ XL2411Z
  • ASUS VG248QE
  • Acer XB240Hbmjdpr

3つとも応答速度は 1ms です。
XL2411Z はメーカーサイトによると、DVI-DL 接続時のみ 3D Vision に対応するようです。
XL2411Z 以外はスピーカーを内蔵しています。

XB240Hbmjdpr は他と比べて値段が高いのと、なぜか Amazon にレビューがありませんでした。見た目は VG248QE と同じようにも見えるので、OEM なのかも知れません。

VG248QE は NVIDIA 3D LightBoost と HDCP に対応しているか、ネットの情報だけではいまいち確信できなかったので、メーカーに問い合わせてみました。
すると、どちらも Display port から入力した時のみ対応しているとの事でした。

ただ、ここの情報によると DVI-DL で 3D 入力できるとあるので、NVIDIA 3D LightBoost は DVI 端子でも行けるかも知れません。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-09 01:04:23

PC とかモニタとか

テーマ:買い物
09_benchmark.jpg

PC を買い換えます。
そのために色々調べています。

今の CPU も Core i7-975 だからそんなに遅くないと思うのですが、PC 自体を買い換えたい。
目的は
  • VR Ready にする
  • 3D Ready にする
  • BD 見れるようにする

今のドライブでも BD の読み書きは出来ますが、モニタのせいで市販ソフトの視聴が出来ません。
これと 3D Ready にする目的から必然的にモニタも変えないといけません。
ネットで調べて分かった事は以下のとおり。
  • NVIDIA 3D Vision2 にするのが手っ取り早い
  • それにはデュアルリンクの DVI が必要
  • PC で BD を視聴するには HDCP 対応モニタが必要
  • NVIDIA 3D LightBoost にも対応してた方が良い

モニタはかなり選択肢が少なそうです。
メーカーサイトでもこの辺のスペックを明記してなかったりします。

PC 側は VR Ready のスペックを満たしていればまぁ大丈夫でしょう。
ただ、BTO で BD-R のドライブを選べるところが意外と少なかった。
もう少し調査が必要です。

ちなみに一番納期がかかりそうな Oculus Rift については、取り敢えず注文してしまいました。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-05 22:40:13

未来に生きたい #3

テーマ:IT
25年前に初めて VR ゴーグルを体験した時、思った以上にショボくて「天下のシリコングラフィックスでこの程度?」と失望したのを良く憶えています。

VR ゴーグルは、いかに映像が頭の動きに追従するかが重要なのですが、当時の物は追従性以前にフレームが出ていませんでした。秒間数フレーム程度だったと思います。

つまり、ワークステーションといえどもゲーム専用機にはるかに及ばなかったのです。
そういえば同時期に横浜まで行ってプレイしたバトルテックもそんな感じでした。そっちは中身は Mac だったという話もありますが。

そしてこれも同じ時期だったのですが、私は富士通ドームシアターの「ザ・ユニバース」を体験して目から鱗が落ちました。
アナグリフ(赤青のメガネで見る立体視の方式)にも関わらず、まるで映像の中に入り込んだような感覚だったのです。

没入感を得るには、視界を映像で覆う事と、フレームがちゃんと出ている事が重要だと分かりました。
「スーパーマリオ64」は視界を覆いませんが、それでも高い没入感を感じたのは、操作に対するレスポンスが良かったのだと思います。ある意味で「追従性」が没入感を高めていたのだと言えると思います。

実は Oculus の開発版はちょっと体験した事があるのですが、その時は何の没入感も感じませんでした。
最近 Oculus Rift が発売されて記事を目にするようになって、あの時はコンテンツが駄目だったのかなと、再び興味を持ち始めたのです。



台本ビューアアプリを公開しています。
PlaySCriptViewer の情報
- 正規版 (PSCV) for iPhone
- 無料版 (PSCVL) for iPhone
- 開発版 (PSCVL) for Android
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。