• 21 Apr
    • 続・昼下がりの人妻。

      休日の昼下がり、 人妻モデルZさんのヌード撮影。 履いてこられた黒のストッキングだけはあえてそのまま。 これがまたエロさを倍増させます。   すました表情でレンズを見つめるZさんの表情は 実にクールなのですが、 一方でZさん本当によく笑う。 表情を崩したZさんも実に魅力的です。   三度目の撮影ともなると、 さすがに私もZさんの「ベストなアングル」がだいぶわかってくる。 Zさんも私の意図を汲んでくださり、 実に素敵なポーズで答えてくれる。 ストロボ君、今回もいい仕事してくれました。   「おカネのため」というのは少なからずあるのでしょうが、 どうやらZさん、モデル業そのものにかなりハマっておられる様子です。 特に緊縛モデルはこれからも積極的にやっていきたいようですが、 「技を覚えて私も縛る側に回ってみたいんです」、ですって。   Zさんの今後の活躍に、期待してます。

      テーマ:
  • 17 Apr
    • 昼下がりの人妻。

      春真っ盛り、ぽかぽかというより暑いぐらいですな。   先日、人妻モデルのZさんとお会いしたのもそんな暑い昼下がりでした。 3度目の撮影になるZさん、もうすっかりおなじみさんです。 前回お会いしてから3か月ほど経ちますが、 その間もかなり精力的にモデル活動をされているようです。   Zさんは決してご自分では掲示板に書き込みません。 カメラマンのモデル募集の書き込みを吟味して、 よさそうなカメラマンをじっくり選んでいるそうです。 普通のヌードモデルもやっていらっしゃいますが、 最近は緊縛系の撮影を選ぶことが多いのだとか。 前回お会いした時に何とも妖艶な緊縛写真を見せていただきましたが、 どうやらモデル活動を通じてご自身の内なる欲求に気づいてしまったようです。   私はといえば、緊縛の技術など持ち合わせておりません。 フツーに、ヌード撮影をさせていただくだけであります。 とはいえ、今私の手の内には、前回使えなかったトランスミッターがあります。 リモコンストロボで、Zさんの裸体を照らしまくります。 続く。

      テーマ:
  • 12 Apr
    • Nostalgia

      Somebody to love me 消えかけた 微笑みを戻して 笑顔だけが似合っていた頃へ nostalgia~♪   浜田麻里ですよ。 ええ古すぎますとも。 最近このシリーズを勝手に楽しんでいるイケダです。   先日篠山紀信展に行ってから、 妙に昔のグラビアが見たくなっています。 性欲の塊だった中学生時代、 オレはどんな写真に興奮していたんだっけ。   「激写」シリーズって、 最初は必ずワンピースなんか着てその辺を歩いている写真から始まるんですよね。 ああ、今月の子かわいいな、なんて思ってページをめくると、 いきなりどーんとおっぱいが。 まだヘアヌード解禁前でしたし、 今思えばかなりソフトなヌードでしたが、 それでも紀信先生の匠の技は 中坊のリビドーを極限まで刺激してくれたものです。   私は撮影のとき、 最初決まって私服姿のモデルさんを撮影します。 たまに珍しがられます。 これはカメラチェックやウォーミングアップの意味合いもあるんですが、 「激写」の影響もあるのかもしれません。 普通に服着て街を歩いている子が、 こんな姿を見せてくれるんだぁ~~~ みたいな。   紀信先生みたいな巨匠だと、 「私のハダカ、撮ってください!」みたいな応募が 黙っていてもたくさん来るんだろうな、などと思っていたのですが、 ネットをつらつら見ているとこんな記事が。   「激写」アートディレクターが語る 素人のお嬢さんがヌードになる確率 http://newswitch.jp/p/4100   これっ!という女の子に街中で声を掛けて説得し、 本人がOKくれたら次に両親の承諾を得る。 本当にやっていたんですねー。いやぁ大変な仕事だ。 私は時々このブログで、 モデルさんがいないーだの、ドタキャンされたーだの、 さんざん愚痴をこぼしていますが、 素敵なモデルさんはそう簡単に見つかるはずがないのだと、 改めて反省しております。

      1
      テーマ:
  • 06 Apr
    • モデルさん募集要項 ふたたび

      年度替わりで忙しい。 お花見行きたい・・・ 現実逃避したい・・・(/TДT)/   ですので、撮影に出かける時間も正直なかなかとれないのですが、 ご応募があれば極力時間を作りたいと思います。 仕事を放り出してでもヽ(゜▽、゜)ノ   ということで、モデルさん募集要項。 昨年11月の記事にも書いているのですが、 半年ぐらいたちましたので、改めて書いておこうと思います。   まず、撮影は土日祝日の日中のみです。 平日は撮影と関係ない仕事してます。土日の時間あるときのみの募集になります。   場所は都内のホテルです。 だいたいどこでも対応できますが、新宿か池袋で待ち合せて近くのホテルに移動することが多いです。   撮影内容ですが、 まず1対1の個人撮影です。同行者などはおりません。 空いている部屋にチェックインして、最初にモデル料をお支払いして、 お話ししながらカメラチェックついでに私服姿を撮らせていただきます。 その後、だいたい2時間ぐらいの撮影時間で、 下着姿~フルヌードと撮影していきます。 ここに金額を書くのははばかられるので直接聞いていただきたいのですが、 モデル料はだいたい「相場」通りだと思います。   2回目以降は、モデルさんとのお話し次第で撮影内容やモデル料が変わることもありますが、 1回目は特に道具なども使用せず、(もちろん撮影以上のあんなことそんなことはせず、) 終了撤収となります。   撮影したデータは公開致しません。 もしモデルさんがデータを希望される場合は、 当日PCなどに落としてお渡しすることもありますし、 後日メールでお送りすることもできます。 その写真をどのようにお使いいただいても結構です。 むしろどんどん使っていただきたいぐらいです。   あと、かなり大事なことですが、 ご連絡は当日の待ち合わせ時を含めて、 メールのみで行わせていただいております。 番号交換は一切致しておりません。 以前トラブルになりかけたことがあり、 お互いの個人情報保護の点からこのようにしております。 何卒ご理解ください。   サンプル写真も基本お見せしておりませんが、 モデルさんの顔等がわからないようにした「切り抜き写真」を twitterに掲載しています。 https://twitter.com/satikeda モデルさんからこういう写真を撮ってほしいというリクエストには できるだけお応えしたいと思っておりますが、 いかんせん毛が生えた素人ですので、 多くは期待しないでね。   最後に。 モデルを希望される場合、 あまりカッチリしたものでなくて結構ですので、 お顔と全身がわかるお写真を事前に拝見させていただいております。 また、年齢制限は厳密には設けていませんが、 おおよそ30歳前後までとさせていただいております。 もし私がプロのカメラマンで、 お金をいただいて撮影しているのであれば、 モデルさんは「お客様」ですのでそんなこと言っていられないのでしょうが、 私は完全に趣味で撮影しています。 ワガママを勘弁していただければと思います。   その他ご質問ございましたら、 いつでもメールしてください。 アドレスはプロフィール欄に載せています。 (コメント欄などにアドレスを書き込むと、 アメーバに怒られるので注意しましょう。) モデル未経験の方でも全然OK、 チャレンジ待ってるぜ!  

      テーマ:
  • 02 Apr
    • うそ

      折れたたばこの吸い殻で~ あなたのうそがわかるのよ~ 誰かいい人できたのね~ できぃ~た~の~ねぇ~♪   中条きよしはさすがに古すぎると反省するイケダです。   昨日はエイプリルフール。 皆さん、いいウソついたでしょうか。 私も思いついたウソをtwitterに書いてみましたが、 見返して哀しくなりました。何やってんだか。   世の中、ウソばっかりです。 政治家やえらい人たちだけではありません。 我が家は今リフォームなど計画しているのですが、 疑い始めるとみんな悪徳業者に見えてきます。   とりわけネット社会は、まぁウソだらけです。 例えばモデルしますの某掲示板。   『はじめまして。 高校卒業したばかりの18才です。 まだ処女です。 処女のうちに嫌いな身体の写真を残したいと思って投稿しました。 綺麗に撮ってくれる優しいカメラマンさん募集します。 都内〇〇区住み 155cm 45kg Ecup メールくれれば顔写真送ります。 希望はディズニーホテルですが、綺麗なホテルならカメラマンさんにお任せします。 あと、優しいカメラマンさんなら処女卒業の動画も撮って欲しいです。 カメラマンさんの自己紹介、撮影予定ホテル、撮影内容の詳細を送って下さい。』   『本当に困っています。 条件 先振り込み→確認後→待ち合わせて大丈夫な方 先振り込み大丈夫と一言書きメールください。 撮影から絡み全て5でお願いします。(NG中田史、スカトロ) きちんと読んでない方にはお返事しません。』   ・・・まさか引っかかる人、いないとは思うのですが。 ここまで潔いほどわかりやすければよいのですが、 「自分だけは引っかからない」という過信は禁物です。 改めて気を付けましょう。

      1
      テーマ:
  • 31 Mar
    • フリンダリンダ~♪

      いやぁ、 やっちまいましたねケンさん。 彼ほどの国際的に有名なスターが、 ハリウッド女優とかセレブとかじゃなくて 日本の飲み屋のおねえちゃんと、っていうのがまた良いですね。 なんだか身近に感じられます。   ゲスだからNG、ケンさんだからOK、とか言うのではなく、 オトコというのは皆潜在的フリン願望を持っている、ということで よろしいのではないでしょうか。   そうは言っても、いざ実行に移そうとしても簡単ではありません。 普通の既婚男性が「フリンしてぇな~」と思ったとします。 相手は誰でしょう。 飲み屋のおねえちゃん?相当な出費を覚悟しなければならなそうです。 職場の部下?誰にも見つからずに続けられますか?破局後のドロドロの可能性は? いずれにしても、かなりのリスクを伴いそうですよね。 もちろん、多くの場合、「気が付けばフリン状態」なのでしょうが、 こういうニュースをきっかけに、フリンのリスクについて 思いをはせておくことは意味があるなぁ、と思います。 リスクマネジメント的に。   数年前、私はとあるモデルさんと はじめて撮影旅行に行きました。 なかば冗談で話を振ってみたところ 「いいですよー」とあっさりOK。 数日前から心臓がバクバクしてろくに眠れませんでした。 楽しみ、というだけではなく、 背徳感とでもいうのでしょうか。 絶対ばれないように細心の注意を払って計画を立てているのですが、 言葉にならないような恐怖感を感じました。 あ、フリンするときって、こういう気持ちなのかなー、 などと思った次第です。   で?その撮影旅行で何をしていたんだい? と聞かれても、 教えてあげないんだなー( ͡° ͜ʖ ͡°)  

      テーマ:
  • 28 Mar
    • 心音フェチ?

      年度末で仕事に追われるイケダです。 皆様いかがお過ごしでしょうか。   来月半ば過ぎまで撮影の予定が入っていないので、 少し前のネタなど。   以前お会いした某モデルさんから聞いた話なのですが、 普通にカメラマン募集の書き込みをしたと。 で、応募があったのだが、少々風変わりなものだった。 「心音を録音させてほしい」というのです。   実際に会ってみると、普通のラブホに連れていかれ、 確かにいろいろなことをしながら心音を録音されたのだそうです。 お風呂に入ったり、スクワットなどいろいろ運動させられたり。 で、エッチしながらというのはなかったそうなのですが、 最後に首をしめられたそうです。 本当に気を失いかけるところまで首をしめられ、 そのときの心音を録音して終了したのだそうです。   ・・・なにこれ? これもフェチなの?   以前このブログで書きましたが、 フェチの対象は本当に様々で、 私のような未熟者にはとても思いつかないような対象に 性的興奮を覚える人が世の中にはいるんです。   それにしても・・・心拍フェチかぁ・・・   ググってみても、さすがにあまり出てきません。 2チャンネルの過去ログに「心臓フェチ」というのがあって、 エッチしながら相手の心音を聞くと興奮するという人たちが書き込んでいたり、 「心フェチ」を名乗る人のブログがヒットしたりしましたが、 どれもあまり繁盛していないようです。 かなりマイナーなマニアなのでしょうか。   しかしまぁ。 危険極まりないですね。 そのモデルさんも「本当に殺されると思った」と言っていました。 よい子のみなさんは、決してマネしないように。    

      テーマ:
  • 24 Mar
    • 桜の季節

      あちこちで桜が開花しています。 朝晩は寒いけど、日中外に出るとすっかり空気が変わっています。 春ですなぁ。   去年も書いたように記憶していますが、モデルさんとの約束がない週末は たまにですが風景を撮りに出かけたりしています。   一件何の変哲もない街並みでも ファインダー越しに見ると印象ががらっと変わったり。 花を撮るときも、 構図を考えたり後ろをぼかしたり。   なるべくカメラをいじることで、 少しでも上手になるような気がしています。   でもねー。 本当に撮りたいのは、やっぱりきれいな女子なんだよなー。 本当は今週末も撮影が入るはずだったのに、 私の都合で流れてしまったー。 残念だ―。   相変わらず、月一活動が続いているイケダですが、 気長に日程調整に応じていただけるモデルさん、 熱烈募集中です。

      2
      テーマ:
  • 19 Mar
    • Dさん その3

      デザイン系のお仕事をされているDさん。 カジュアルな服装ですが、今風のおしゃれな感じが ファッション音痴のおじさんから見てもわかります。   専門学校時代にカメラをやっていた友達に、 ポートレートは何度か撮ってもらったことはあるそうです。 お会いする前に送っていただいたサンプル写真は プロの作品かと思うようなクオリティでしたが、 なるほどそういうことでしたか。   で、今回何故ヌードに?と尋ねると、意外な答えが。 「最近ダイエットに成功したから。」 ほほう・・・まあ他にも言えない理由があるのかもしれませんが、 引き締まったDさんのボディを頑張って撮らせていただきましょう。   撮影開始前、お話ししているときのDさんは 周りをほっこりさせるような素敵な笑顔。 で、撮影が始まり、ポーズを取り始めると、 Dさんの笑顔はオトコを挑発し始めます。   ウエスト、腹筋、確かに締まってますねDさん。 しかし、それよりも強烈なインパクトなのが、 大きくて形の良いおっぱい!! Dさん何気なくポーズをとりますが、 無意識におっぱいの大きさ・柔らかさを強調しています。 鼻血出るほど色っぽいです。   で、一方の私。 ようやく軌道に乗り始めたリモコンストロボ。 右から左から、後ろから上から。 いろんな角度でDさんの裸体に光を当てる。 この立体感、このシャープさは、 今までストロボなしで撮ってきたものとは全く違います。 まだまだ試行錯誤していますが、 自分でも驚くほど素敵なのが何枚も撮れました。 お見せできないのが申し訳ないのですが、 twitterにほんのちょっとだけ、お出ししようと思います。  

      1
      テーマ:
  • 16 Mar
    • Dさん その2

      Dさんの話、続けます。   Dさんの書き込みに申し込んだら、すぐにお返事をいただき、 とんとん拍子にお会いする約束までできてしまいました。 モデルさん探しには日頃から苦労しているので、 あまりスムーズに事が運ぶと逆に不安になってしまう。   「むむっ、何か裏があるのでは?」 「結局当日ドタキャンなのでは?」 「アドレス集めの業者??」 等々、疑りはじめるとキリがありません。 でも、送っていただいたサンプル写真、 エロくて綺麗なんだよなー。 実在する人物だといいなー。   そして当日。 某駅前で待っていると、 Dさんから「着きました!」のメールが。 服装を手掛かりにしばしきょろきょろすると、 すぐそれらしき人物が見つかりました。 「Dさんですか?」 「あ、はい、初めまして。」   いやぁ、よかった、実在した。 続く。

      テーマ:
  • 13 Mar
    • Dさん その1

      このブログで何度も書いていることですが、 モデルさんの募集は簡単ではありません。 掲示板を見て、「お、このモデルさんいいかも」と思い 撮影のオファーを出しても、めったにお返事をもらえない。 たまにもらっても、禁断の「番号交換必須」だったりする。 いかに競争率が高いかは、以前の「実験」でよくわかった。 それならと、「モデルさん募集してます」とこちらから掲示板に書き込んでみるが モデルさんからもらうメールはよくて2、3件。 1件ももらえないことの方が多い。 せっかくいただいたメールでも、 内容が私の希望とかけ離れていたり、お写真を拝見できなかったり。   そんなこんなで、新規のモデルさんとメールのやりとりができて、 実際にお会いできるチャンスというのは実に貴重なのです。   というのが前フリで、 今回ご新規さんのお話し。   今回お会いしたDさんの書き込みも、ごく普通のものでした。 都内に住むOLさんで、 いままでポートレートのモデルはしたことがあるけど、 今回はじめてヌードモデルに挑戦してみたい、と。   お返事いただける予感も何もありません。 どうせ山のようなオファーに埋もれてしまうんだろうな、と、 最初からあきらめ半分の気持ちで ダメモトのメールを出してみたのですが・・・   続く。

      1
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 写真力 その2

      「篠山紀信展 写真力」。 たくさんの写真に加えて、紀信のメッセージもたくさん紹介されていました。   「写された方も、撮った者も、それを見る人々も、唖然とするようなスゲー写真。、、時空や虚実を超えて、脳裏に強くインプットするイメージの力が写真力ってわけだ。、、、人知を超えた写真の神様が降りて来なくちゃ、すごい瞬間は立ち現れないんだもの。その為には、あらゆる努力をする。、、、、」 (http://k-hisatune.hatenablog.com/entry/2017/02/20/074310)   写真の神様が下りてくる「すごい瞬間」を探して、常にアンテナを張り感覚を研ぎ澄ましておく。 そして、いつその瞬間が来てもいいように、腕を磨き準備をしておく。   要するに、そういうことなんだろうな。 写真だけではなく、いろんなことに通じそうな考え方だ。   私の場合はどうかといえば。 撮影の日程が決まり、おおよそのコンセプトをメールで打ち合わせたら、 今の自分に出来る限りの準備をします。 カメラの準備はもちろん、どんな写真にするかのイメージ作り。 こんなポーズをとってもらうといいかな、ライトはこういうふうに当てるといいかな、などなど、 私の頭の中はしばらくの間、モデルさんのあんな姿こんな姿の妄想でいっぱいになります。   でも、実際に撮影を始めると、まあ予想通りにいかないこと。 自分の頭の中のイメージを、写真に具体化することができない。 それがすなわち、初心者と上級者の差なのでしょう。 でも、そんな私にも、たまーに写真の神様が降りてきてくれる。 思わずのけ反ってしまうような写真が撮れたりするものだから、 やめられないんですよね。   今のところ、私が撮っている写真は、基本的に公開できないものばかりです。 ですので、とりあえず私自身が、「唖然とするようなスゲー写真」を撮るべく これからも精進したいものです。 でも、こんな「スゲー写真」を見せつけられると、 いつの日か私の写真で世の人々をのけ反らせたいもんだ、 などと思ったりもします。  

      2
      テーマ:
  • 03 Mar
    • 写真力 その1

      かねてから行きたいと思っていた、 「篠山紀信展 写真力」。 先日ようやく、時間を作って見に行くことができました。   自分と同世代のオトコにとって、篠山紀信といえば Goroの「激写」。異議は認めん。 本屋で顔を真っ赤にしながら買ったもんです。   思えば、今自分がやっている撮影も、もとを辿れば 「篠山紀信みたいなキレイなヌードを撮りたいなー」 という思いからだったかもしれません。   もちろん、彼はヌードばかり撮っていたわけではありません。 横浜美術館の会場入り口でまず出迎えてくれるのは、 あまりにも有名なジョンとヨーコのキスシーン。   会場に入り、最初のお部屋は「GOD」。 もう亡くなられた方々の写真。 夏目雅子の神々しいまでの美しさ。 三島由紀夫のナルシシズムを極めた肉体美。   お次は「STAR」。古今のスターたち。 長嶋茂雄と美輪明宏に挟まれる羽生結弦。シュールだ。 さらには「SPECTACLE」。歌舞伎やらディズニーやら。 紀信さんハイテンションで撮っていたんだろうなー、というのが伝わってくる。   でもって、クライマックスの「BODY」。 力士の写真が混じっているのはご愛敬だが、 やっぱり紀信のヌードはすごい。 中でも、サンタフェの宮沢りえには、 どうしようもなく惹きつけられる、 時間を忘れて、ずーーーーーっと、見入ってしまう。   1時間ぐらいいたでしょうか。 いろんな思いが頭の中で渦巻きながら、 会場を後にしました。 いろんな思い。続きます。

      2
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 迷走のイケダ その3

      師匠に鍛えられて、 私の腕は確かに上がってきています。 我ながら惚れ惚れするような写真が だいぶ撮れるようになってきました。   しかし、しかしですよ。   正直、まだまだ偶然の要素がとても大きい。 カメラの設定、照明の位置、モデルさんのポーズ、そして構図。 ある程度計算してシャッターを切ったつもりが、 PC画面で見直してみるとがっかりな一枚になっていることもしばしば。   さらに、ストロボを使うと シャッターを切る寸前にファインダーで見えている画像と 撮影された画像は全く違うものになります。 これがまた難しい。   さらにさらに、これだけいろんなことを考えなければならなくなると、 どこかおろそかになります。 先日の師匠との撮影でも、 ストロボ光のことばかり考えてしまい、 以前習った構図の方がおろそかになっている、と指摘されました。   何事もそうだと思うのですが、 最初ちょっとかじってうまくなった気がする。 でも本当に難しく、奥深いのはその先。 今私は、カメラの世界の底知れぬ奥深さに 恐れおののいているところです。 今後もしばらく、迷走が続きそうです。

      2
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 迷走のイケダ その2

      自然光が降り注いでいる状況なら 誰でもキレイに撮れる。 ホテルの薄暗い状況でも 最近のカメラはうまく調整してくれる。   ここまでで終わってしまったら、 初心者の域から抜け出せないままです。 女の子のヌード写真を撮るということだけが目的なら それでもいいのかもしれませんが、 今年の私はそこから一歩踏み出したい。   ということで、ようやく手に入った外付けストロボとトランスミッター。 ストロボをカメラから外した状態で光らせる準備が ようやく整いました。   設定を合わせて、こうすればシャッターと同時に光るはず。 この向きに置けば、Eさんにこういう角度で光が当たるはず。 準備完了、さぁ撮るぞ!   ・・・と、意気込んで撮影してみたのですが、 なかなか思うようにはいきません。 明るすぎたり暗すぎたり、 妙な影ができてしまったり。   それでも、Eさんと確認しながら微調整していくと、 数枚に一枚「おおっ!」というのが撮れます。 コンクリ打ちっぱなしの殺風景なスタジオ。 部屋全体を暗くして、斜めからストロボライトを当てたEさんの姿が、 今までにないシャープさで写し出されました。   昨年から、何度目になるでしょう。 「これ、本当にオレが撮った写真?!」 やっててよかったなぁ、と思う瞬間です。

      テーマ:
  • 19 Feb
    • 迷走のイケダ その1

      イケダです。   人間関係のこととか、 撮影技術のこととか、 色々悩んでいるイケダです。   先日、師匠Eさんと今年初の撮影をしてきました。 Eさんスタジオに入るなり 「迷走してるねー」と一刀両断。   まあ、最近のこのブログをお読みいただければ、 最近の私の様子はまさに「迷走」状態ですよね。   人間関係の話は、私の個人的「おこだわり」の話なので まあどうでもいいんです。 問題は撮影そのものの方。   昨年一年間、自分ではそれなりに進歩したと思っていて、 さらに上をめざすべく、新しいカメラを買いました。 外付けストロボも入手して、 さあオレも光を操っちゃうぞー、と 気合を入れて迎えた2017年。   ・・・どうもうまくいかん。 どうすればよいのか。 そこで師匠の登場ですよ。 続きます。

      テーマ:
  • 17 Feb
    • 春一番

      今日はなんだか春みたいな陽気ですね。 寒い日が続いて、急に暖かくなると、 なんだかうれしくなるのですが、 その一方でちょっとだけもの悲しくなるのは、 春が別れの季節であるという学生時代からの刷り込みのせいでしょうか。   先日、今まで何度も撮影をさせていただいたモデルさんと お別れすることにしました。 ケンカしたとかトラブルがあったわけではないのですが、 私の方からそのようにさせていただきました。   カメラマンである私とモデルさんとの関係。 私がモデル料を支払い、数時間モデルをしていただく。 もともとそれだけの関係ですので、別れるもなにもないのですが。   それでもやはり、何回もお会いする「おなじみ」のモデルさんになると、 お金だけではない繋がりが出来てくると感じています。 お金のやりとりなしでお会いすることはないので こいつは何を言っているんだ、と思われるかもしれませんが、 友情というかなんというか、 とにかくプライスレスな何か。 そういうものを感じているからこそ、 またお会いしたいという気持ちになるのだと思います。   そんな面倒くさいことを考えずに、 あくまでモデル料を介するだけのつながり、というように考えればよいのでしょう。 しかしながら自分は、 どうしてもそういう考え方をしてしまう。 その辺の微妙なバランスがうまくいかないな、と感じたら、 もうやめておいた方がいいかな、と思う。   うむ、とてもヘタクソな説明ですね。 まあ、私の個人的な問題なので、 他の人にわかってもらう必要はないのかもしれません。 とにかく、そんなこんなをつらつら考えた結果として、 決断した次第です。   明日からまた寒くなるそうですね。 北風が身に沁みそうです。

      テーマ:
  • 14 Feb
    • バレンタインデーですな。

      お菓子会社の陰謀だということに もうみんな気づいていて。   経済効果はすっかり ハロウィンに追い抜かれて。   世の女子たちが買う高級チョコは 自分が食べるためのもので。   手作りチョコで告白するという お決まりのCMが空しく見えて。   でもね。   おじさんたちは刷り込まれているんですよ。 純真だった中学生・高校生時代に。   「あしたは特別スペシャルデ~♪」 毎度毎度ネタが古いですが。   ひとつでもチョコをもらっている同級生が、 目もくらむほど眩しく見える日だったのですよ。   ということで、今日はバレンタインデー。 なんか、そわそわする日です。 職場の義理チョコは数個ゲットしましたが、 何というか、ドキドキするようなチョコ、 来ないかなー。   あ、そうそう、 今日2月14日はこういう日でもあるようです。   http://www.japan-fundoshi.com/2-14%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%97%E3%81%AE%E6%97%A5   皆さんぜひ、 愛する人にプレゼントしてあげてくださいww  

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 「出家」

      今朝ヤフーニュースをつらつら見ていたら、 驚きの記事がありました。   今売り出し中の某女優さんが、 某宗教団体に「出家」する、 つきましては今後の仕事は全部キャンセルする、というのです。   薬物やら女性問題やら何やらで、 売れている芸能人が急に仕事できなくなり、 CMやらドラマやらの違約金が大変なことに、という記事は最近多いのですが、 この方も相当大変でしょうな。   それ以上に驚きなのが、 「私信者ですので、出家して身も心も教祖様に捧げまーす」と、 あまりにあっけらかんとカミングアウトしたことです。   古今東西、こういう宗教的マインドコントロールは後を絶ちません。 教祖様たちは、人間に共通する弱さをうまく衝いているのでしょう。 別に昨今のカルト宗教だけの話ではなく、 ローマカトリックだって大差ないのだ、というのは このブログでも今まで何度か触れてきました。   この女優さん、若くてかわいくて、 スタイルも良いですよねー。 しかし残念ながら、宗教と性というのは、 切っても切れない関係にあります。 これだけディープにマインドコントロールされた信者であれば、 教祖様はまさにやりたい放題でしょう。 まさに「スケールのでかいご主人様」状態。 もうすでに、そんなことはやり尽して飽きちゃっているかもしれませんが。   カルト宗教という、社会の枠から外れた世界には、 どんなぶっ飛んだ変態さんたちが潜んでいるのでしょう。 きっと想像を超えたワールドなんだろうなー。 覗いてみたいけど・・・いやいや、怖すぎます。   すみませんね、また撮影とは何の関係もないネタでした。  

      テーマ:
  • 08 Feb
    • 温泉行きたい

      毎日寒いですねー。 この季節、仕事しながら毎日考えること。 「ああ、温泉行きたい・・・」   その辺のスーパー銭湯行けば天然温泉に入れるじゃない、 とおっしゃるかもしれませんが、 それは違うのです。 温泉に行くというのは、 物理的にも精神的にも、 日常から離れるということなのですよ。 交感神経を刺激する要素を全て取っ払って、 お風呂と景色と料理で日頃のストレスを徹底的に洗い流すのですよ。 そしてその効用は、この寒い季節こそ絶大だと思いませんか?? ああ、今すぐにでも行きたい・・・   ひとりで行くのでも全く問題ありませんが、 気心知れた人と一緒だとなおいいですねー。 家族と行くのもいいのですが、 「日常から離れる」感がなぁ・・・ 無意識に家族サービスを考えてしまいそうだしなぁ・・・   と、いうことで、 私の考える理想は 「気心知れたモデルさんと泊りがけ温泉旅行」、これだっ! 何という素敵な企画でしょう!   ・・・えっと、ただの不倫旅行ですね。 典型的なエロオヤジ発想ですね。 すみません、仕事に戻ります。  

      テーマ:

プロフィール

sat-ikeda

性別:
男性
自己紹介:
関東在住40代です。たまの休みにカメラをもってうろついています。モデルご希望の方はお気軽にメッセージ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

ランキング

総合ランキング
445656 位
総合月間
270091 位
写真・カメラ
5680 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。