平成14(2002)年12月以降、E351系とE257系という、JR世代の車両で運転されてきた「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」。
近年になって、E351系は「スーパーあずさ」での酷使が祟ったのか、老朽化が顕著になってきました。また5編成しかない振子式車両のメンテナンスも、現場の負担になってきていました。
そのような折、富士山の世界遺産登録がなされたことで観光客の増加が予想され、それを機にJR東日本は、山梨側からの富士山へのルートとなる中央東線のテコ入れを意図し、中央東線への新型特急車両の投入をアナウンスしました。
その「新型特急車両」こそが、今回取り上げるE353系です。
スペックは以下のとおり。

① 編成は基本9連(うちグリーン車1両)+付属3連の構成。付属編成も独立して運転が可能(E257系とは異なる)。
② 基本+付属12両の編成両端の先頭車は非貫通式、中間に組み込まれる先頭車は貫通式だが、同じようなデザインがされている(E259系に類似)。
③ 車体傾斜装置を採用(振子式ではない)、曲線通過速度をE351系と同等とする。
④ メカニックはVVVFインバーター制御だが、車両情報管理システム(TIMS)をE257系よりも深度化。
⑤ 車体色は白をベースに(アルパインホワイト・南アルプスの雪のイメージ)、屋根肩部を紫色(あずさバイオレット・沿線の特産品ブドウのイメージ)、窓周りを黒に近い濃いグレー(キャッスルグレー・松本城のイメージ)。
⑥ 各車両の各デッキに防犯カメラ、1編成あたり1台のAEDを装備。

編成は全12連、E351系ともE257系とも異なる編成構成となっており、しかもE257系とは違い、3連の付属編成も独立して運転が可能となっています(①)。グリーン車はE257系の半室から全室に戻されましたが、身障者対応の多目的室などが併設されているため、定員は多いわけではなく、半室であったE257系より4人多いだけ、しかも横4列という「詰め込み仕様」。このあたり、JR東日本のグリーン車に対する考え方が伺えるような気がします。
また、デザインは「成田エクスプレス」用のE259系の流れを汲み、貫通式・非貫通式とも同じようなものに仕上げられており、両者の差異が目立たないようになっています(②)。カラーリングにもE259系との共通性が垣間見えます(⑤)。
E353系の一番の特徴は、E351系のような振子式を採用せずとも、空気バネを用いた車体傾斜装置の採用によって、E351系と同等の曲線通過速度を確保していることです(③)。車体を傾斜させるのはカーブで遠心力を打ち消し減速の必要をなくすためであり、そのために従来は振子式が採用されていたのですが、振子式は車両のイニシャルコストが高く、かつ軌道に与えるダメージが大きいなどのデメリットがありました。そこで、振子式ほどイニシャルコストが高くなく、軌道に与えるダメージも少ない方法として、空気バネの作用により車体を傾斜させるという装置を採用しています。このような装置の発想は、既に小田急SE車の設計段階からあったのですが、当時はカーブに従って適切に車体を傾けることのできる技術的な裏付けがなく、採用はなされないままでした。それが、エレクトロニクス技術の長足の進歩により、技術的な裏付けがなされ、めでたく採用されるに至った次第です。現在は振子式よりも、空気バネによる車体傾斜装置の採用が主流になっています。
車体色はE259系のデザインの流れを汲む塗り分けですが、色使いは全く異なっています(⑤)。正面に黒(キャッスルグレー)を大胆に配したデザインは、甲冑に身を包んだ戦国武将のようでもあり、沿線の甲斐国の武将・武田信玄を彷彿とさせるものがあります。
最後に、昨今の防犯対策の重要性に鑑み、デッキに防犯カメラを設置したことは、いかにも今日的な仕様です(⑥)。この種の問題は、プライバシーとの関係で問題視されることが多いのですが、実際に一昨年、新幹線のデッキで「自傷テロ」を仕掛けた者がおりましたから、防犯対策という意味ではやむを得ないと思われます。

E353系の現車は、基本+付属の12連1編成が昨年夏に落成し、試運転が行われていましたが、その後不具合が発生したため、しばらく試運転は行われませんでした。
しかし、今年に入ってから、2月に付属の3連が大糸線へ入線したり、6月には東京地区まで入線したりするなど、試運転が再開されています。同系の大糸線への入線は特筆されるところで、近年とみに元気がない大糸線直通列車ではあるものの、同系に置き換えた後も継続するという、JR東日本の意思表示とみることができます。

このE353系、ゆくゆくは「あずさ」「かいじ」の全列車を置き換えるのだそうです。
それではそこから押し出されるE257系はどうなるのか。勿論、耐用年数からいっても退役するわけはないのですが、何と東海道の「踊り子」を置き換えるために転用されるということです。
この話題は以前、当ブログでも取り上げたことがありますが、E257系を「踊り子」に投入する場合、

(1) 修善寺乗り入れの付属編成をどうするのか(この問題は修善寺直通を維持するか否かにもかかわる)
(2) グリーン車の定員が少なすぎる

という問題があります。
(1)に関しては、乗り入れ先の伊豆箱根鉄道の沿線の観光協会や旅館組合などが、修善寺直通列車の廃止には強硬に反対しており、存続を前提とするならば、4~5連の付属編成は用意せざるを得ません。
(2)に関しては、E257系のグリーン車は半車ですから、改造した全室型を用意し、現在のグリーン/普通合造車を付属編成に回すなどの手を打たないと、現行185系と同等の定員は確保できません。
ただ、付属編成に関しては、房総特急の減便で5連の500番代に結構な数の余剰が出ており、これを転用すればよいのでは、という考えもあり、動向が注目されるところです。

このように、E353系への統一がアナウンスされた「あずさ」「かいじ」。
次回は最終回として、「あずさ」「かいじ」、それと新幹線に姿を変えた「あさま」の将来像を探ってみようと思います。

-その18へ続く-

AD

3年後の4月の開業を目指して建設が進められている、神奈川東部方面線のうちの、相鉄・東急直通線。
その東急側の結節点となる日吉駅では、工事の進捗に伴い、去る7月3日から目黒線列車の停車位置が渋谷・目黒方に大きくずらされています。

そこで、管理人は日吉駅と、綱島駅周辺を視察してきました。

まず日吉駅上り線ホームの渋谷・目黒方を望みます。
このあたりは、東横線の列車が停車しない位置であるにも関わらず、目黒線列車が停車するということになります。


160717_162839_ed.jpg
東横線側は仮の柵

いずれ東横線列車の停車位置も、こちら側にずらされるのでしょうか? 後でご覧に入れますが、横浜方のホームは今なお急ごしらえ感が満々ですし。

こちらは、以前まで目黒線列車の停車位置だったホームドアと、それに貼られた停止位置変更の案内。2点をあえてノーキャプションで。


160717_163023_ed.jpg


160717_163030_ed.jpg


「相鉄・東急線直通工事の進捗のため」とはっきり書いてありますね。

それでは電車が停まらなくなったホームドアの外側はどうなったかというと…。


160717_163203_ed.jpg
両渡り線が!

勿論、横浜方に両渡り線があり、現在はそちらを使用しています。また、こちらの両渡り線の上には、架線がまだ敷設されていませんでしたから、使用できる体制はこの時点では整っていませんでした。恐らく、折返し用の両渡り線をこの位置にずらし、折返し線の突端を新線につなぐ工事をするのでしょう。


160717_163235_ed.jpg
こちらはどうなる?

日吉駅の横浜方の2両分は、3年前からの優等列車10連化に伴って延伸されたものですが、壁が工事用の板になっているなど、どうしても急ごしらえ感が否めないものでした。それは今でも変わっていないのですが、こちらはもしかしたら、撤去されるかもしれません。

以上は日吉駅の様子ですが、綱島駅から少し離れた、日帰り温泉施設「東京園」の跡地も見て参りました。


160717_161206_ed.jpg
完全に更地

現地の地図はこちら↓(ガラケーの方ごめんなさい)




この地図ではまだ「綱島ラジウム温泉 東京園」が残っていますね。
以前の記事でも取り上げたことがありますが、あくまで廃業ではなく一時休業だということですが、更地になってしまうとどうなるのでしょう。あるいは、まさかまさかの「エキナカ温泉」とかになるのかな。それはそれで楽しみですがw

【取材日 平成28年7月17日】

◇関連記事
№3124.NOW TRANSFORMING~ジャンクションに変貌しようとする西谷駅
№3162.狭隘な敷地、バスは多数…それでも手際よく捌く~綱島駅バスターミナル

AD
以前の記事でも取り上げたことがありますが(下記関連記事参照)、東急の事実上の創始者にして総帥であった五島慶太は、「広尾」「天現寺橋」という土地に、並々ならぬ関心を抱いていたようです。それが、

東横線は世が世なら広尾発着だった!?

という、今から考えれば突拍子もないと思えるような説ですが、ではその「天現寺橋」とはどのような場所なのか?
7月23日、実際に見てきました。

「天現寺橋交差点」の地図はこちら↓




外苑西通りと明治通りの交差点で、渋谷区広尾と港区南麻布との境目でもあります。
港区側から渋谷区側を望んだ写真がこちら↓


DSC_0230.jpg
正面が恵比寿、左が目黒、右が西麻布

折しも「品97」新宿駅西口行きのバスが、西麻布へ向かって右折していきます。


DSC_0232.jpg
かつての都電7系統

思えばここは、都電の3つの系統が行き交う拠点でもありました。7系統(品川-飯田橋)、8系統(中目黒-築地)、34系統(渋谷-金杉橋)。7系統と34系統は、現在の都営バス「四97」→「品97」と「橋85」→「都06」となっています。「品97」はやや本数を減らしていますが、「都06」は今も変わらぬドル箱路線です。

街頭の地図↓


DSC_0231.jpg
川が描かれている

この川の橋が「天現寺橋」なのでしょう。
では「天現寺」はあるのか…というと、ちゃんとあります。


DSC_0229.jpg
多聞山天現寺

この「天現寺」、もともとは小日向御箪笥町にあった臨済宗大徳寺末の普明寺を引継ぎ、享保4年(1719)現在地に移築して多聞山天現寺と改めたのが始まりとか(天現寺HPの「起源・由来」より)。なお「多聞山」とは「毘沙門天」のことだとか。

以前の記事でも記していますが、このあたりは戦前でも閑静なエリアだったそうです。ではなぜ五島慶太がこの地に関心を寄せていたのか、それは有栖川宮の御用地に狙いを定めていたからではないか…と当時は結論付けましたが、そのことを示す証拠はありません。あるいは、このお寺にも関わりがあるんでしょうか。もう少し調べてみる必要がありそうです。

◇関連記事
№2298.涙の軌道 その1 東横線は世が世なら広尾発着だった!?

AD

以前の「橋14」表示が残っているバス停ポール(現在はもうありません)のように、既に廃止になったバス路線の系統案内表示が残っていることが、実は結構あります。
管理人は、その話を聞いて昨日(7月23日)見てきたのですが、思いがけずノーマークのところでゲットしてしまいました。
それは、「品97」品川駅高輪口行きが発着する「新宿追分」のバス停。

場所はこちら↓(ガラケーの方ごめんなさい)
地図の「B4」という字のあたりにバス停があります。




その上で、写真をご覧ください。


160723_113305.jpg
「田70」!

まだ田70が残っていますぜダンナ。

「田70」は新宿駅西口~田町駅東口(港区スポーツセンター)を結ぶ系統で、途中青山一丁目駅までは現在の「品97」と同じルート、青山一丁目駅からは外苑東通りに進んで六本木、麻布十番、三田の慶応義塾大学の前を通って札ノ辻陸橋でJRを乗り越え、田町駅東口へ達していました。ちなみに「品97」の元は四谷発着の「四97」で、四谷発着を新宿発着に建て替えたものです。
なぜこうなったかというと、平成12(2000)年12月の都営大江戸線全線開業による都営バス路線の大リストラで、「田70」がその対象になったから。都交通局は「田70」を廃止し、「四97」を新宿発着に建て替えて「品97」と改めました。

つまり、「田70」は、廃止されて15年以上が経過するのですが、それでも残っているというのが凄いですね。もっともこれは、行燈型のバス停ポールの外板に印刷されていて、おいそれと交換することができないことから、残ったままになっているのでしょう。しかしそれなら、せめてシールくらい貼ってもいいと思いますが。

実は、管理人にとっての「本命」はこちらでした。駿河台下。

地図はこちら↓




地図で言うと、ピンの真上のバス停マークがそうです。
こちら↓


IMG_20160724_211713329.jpg
現在地は赤いバス停マークだが、その左側には…

拡大してご覧いただくと、「茶81」という文字があるのが確認していただけるかと思います。

ちなみに、当時の「茶81」渋谷方面行きのバス停はこのあたりにありました↓


160723_151241_ed.jpg
旧カザルスホールの前

現在は日大の施設になっているようですが。

「茶81」は渋谷駅と御茶ノ水駅を結んでいた系統で、兄弟系統に「茶80」(都電10系統代替)がありました。しかし「茶80」は昭和54(1979)年の都営バス路線の大リストラの際にあっさり廃止され、「茶81」のみが孤塁を守って来ました。「茶81」が残ったのは、平河町・一番町経由であり、四ツ谷・市ヶ谷経由の「茶80」と経由が異なっていたからですが、それも平成元(1989)年の半蔵門線三越前開業で乗客が激減し、末期には1時間に1本というレベルまで落ち、結局平成12(2000)年の大江戸線全線開業の際、大江戸線とは全く無関係であるにも関わらず廃止されてしまいました。
管理人はこの「茶81」を頻繁に利用し、たまに「都01」用の車が来ると得をしたような気分になったものです。あれから15年以上も経つんですね(´・ω・`)

しかし、それでも残る「茶81」の表示。

このほか、都営バスでは東陽町駅前のバス停案内に「都07」になる前の「錦14」の表示が残っているそうなので、見に行ってこようと思います。

◇関連記事
№3086.新橋駅に残る「バス停ポール」
※ 現在はこのバス停ポールから「橋14」の表記は消えています


今回はブログナンバーにちなみ、デハ3650形のネタを。

以前の記事 で戦災復旧車である3600系を取り上げましたが、このデハ3650はこれらとは全く別の系統に属する車両で、性能的にはデハ3450・デハ3500と共通するものです。

デハ3650は、末期にはサハ3360を組み込んだ3連を組成し、池上線で活躍していたことをご記憶の方も多いと思います。3連化された以後は殆ど池上線を離れたことがなく、平成元(1989)年3月の吊り掛け車一斉置き換えの直前、目蒲線(当時)に入線したことが鉄道趣味界で話題になるくらいでした。勿論、全6両が欠けることなく、吊り掛け車一斉置き換えのときまで走り続けました。
しかし、デハ3650は、製造された当初は「デハ」ではなく「クハ」でした。「クハ」といえば、自走できない制御車ですが、なぜこんな車両が6両も製造されたのか?

それは、当時の東急の車両事情が関係しています。
実は、クハ3650形は、東横・京浜・小田急が合併した所謂「大東急」成立後初めて、旧東横系の路線用として投入された新車で、相棒になる電動車のデハ3550形の製造が予定されていました(後年登場した同形式の車両とは全く無関係)。両者は当初から片運転台であり、運転台のない連結面には広幅貫通路を備え、デハ3550+クハ3650で2連の固定編成を組む予定でした。
ところが、戦況が厳しくなり本土が空襲を受ける機会が増えていきます。戦争末期の昭和20(1945)年5月25日には、永福町にあった車庫が空襲を受けて大半の車両が被災、井の頭線で稼働可能な車両が激減してしまいます。そこで、旧東横系に投入する予定だった電動車は、急遽井の頭線へ配属されることになり(デハ1700形)、クハ3650は相棒を得ることができないまま、8月15日の敗戦を迎えます。
なお、井の頭線に投入されたクハ3650の相棒となるはずだった電動車デハ1700は、昭和23(1948)年の「大東急」分割・京王帝都電鉄(当時)成立後も井の頭線に残り、両者は生き別れになってしまうことになります。
その前後、クハ3650は広幅貫通路に蓋をし、デハ3450や3500などに増結用として使用され、前寄りを進駐軍専用区画として白帯を巻いたこともあります。

クハ3650は、世相が落ち着いた昭和27(1952)年に電装が施され、デハ3650と形式が改められました。ただし、連結面側の広幅貫通路は依然として塞がれたままで、デハ3450や3500の増結用として使われているのも、クハ時代と変わりませんでした。
転機は昭和33(1958)年のことです。この年、戦災復旧車クハ3220などの車体を載せ換えた付随車・サハ3360形が登場、デハ3650の中間に組み込まれました。勿論、サハ3360の貫通路は広幅。クハ3650として生を受けてから16年、デハ化されてからでも6年の月日を経て、漸く3650ご自慢の広幅貫通路が日の目を見ることになりました。

その後はしばらく池上線での活躍が続きますが、昭和48(1973)年から更新が開始されます。このとき、中間に組み込んだ付随車の早期退役を見越し、クハを増結させることが可能になるよう、偶数番号車の先頭部を貫通化したのが特筆されます。
最初に更新を受けたのは3653・3654で、当初はデハ3450に準じたメニューとされていたため、3653はデハ3500と、貫通扉が新設された3654はデハ3450と、よく似た風貌になったものです。
しかしその翌年に更新を受けた残りの4両は、張上屋根化改造、前照灯・尾灯の窓下ユニット化が同時に実施され、正面上部の「おでこ」には何もない、所謂「海坊主」と呼ばれるスタイルで出場し、当時の鉄道趣味界を唖然とさせました。後に3653・3654も同じスタイルに改められています。
ちなみに、この「海坊主」化はデハ3500にも波及し、22両全車がそのスタイルになりました。

中間のサハ3360ですが、実際には廃車になることはなく、昭和51(1976)年から更新が実施されています。ただし両端のデハ3650やクハ3850改造のサハ3370のような張上屋根化は実施されず、通常の屋根形状のままとされています。しかし側窓の窓桟は、他車のように上部にではなく中央部に入っており、これはかなり異彩を放っておりました。

結局、デハ3650形6両は、平成元年3月の吊り掛け車全面置き換えまで東急で稼働し、退役しておきました。退役後は解体されましたが、その中で1両だけ、デハ3655が十和田観光電鉄へ譲渡され、モハ3603となりました。同車は、平成14(2002)年に7700系に追われるまで同社で活躍、その後も路線廃止まで動態保存のような形態で現役を維持しました。同車は、定期運用を降りる前後から外板塗色を東急時代のライトグリーンに改め、現役で残る最後の東急旧3000番代吊り掛け車として、存在感を発揮していました。路線廃止後の現在もなお、車両基地のあった旧七百駅構内で保存されているとのことです。


100819_115917.jpg

現在も旧七百駅構内で保存中
(平成22年8月に撮影・以前の記事から転載)


47年の生涯を東急で過ごし、そのうち31年をほぼ池上線で過ごしたデハ3650形。
熱狂的なファンが沢山いたデハ3450や、22両全車が最後まで健在だったデハ3500に比べると、地味な存在であったことは否めません。
しかし、「大東急」時代の新車であることの歴史的意義、コンビを組むはずだった電動車との生き別れなど、その生涯はなかなかドラマチックでもあります。
東急ファンとしては、記憶にとどめたい車両のひとつです。

アルゼンチンから営団500形が里帰りしたのですから、旧七百駅に眠る旧デハ3655も、東急に里帰りしてはくれませんかね…。いや、これは管理人の妄想です。失礼しました。