2009年05月31日(日) 21時52分30秒

「チェーン・ポイズン」 本多孝好 2009-043

テーマ:--本多孝好
本多孝好氏「チェーン・ポイズン」読了しました。
久々の「やられました」感たっぷりの作品です。

amazonリンク
チェーン・ポイズン/本多 孝好
¥1,680
Amazon.co.jp
出版元
講談社
初版刊行年月
2008/11
著者/編者
本多孝好
総評
24点/30点満点中
採点の詳細
ストーリ性:4点 
読了感:4点 
ぐいぐい:4点 
キャラ立ち:4点 
意外性:5点 
装丁:3点

あらすじ
誰にも求められず、愛されず、歯車以下の会社での日々。簡単に想像できる定年までの生活は、絶望的な未来そのものだった。死への憧れを募らせる孤独な女性にかけられた、謎の人物からのささやき。「本当に死ぬ気なら、1年待ちませんか?1年頑張ったご褒美を差し上げます」それは決して悪い取り引きではないように思われた―。新境地を開いた驚愕のミステリー。 <<Amazonより抜粋>>



4年前にイニシエーション・ラブ という作品を読み、相当衝撃を受けたのですが、それに類する衝撃でした。
物語そのものがショッキングなのではありません。
もちろん物語自体が平坦なわけでもありません。

ただ、ここで書けない仕掛けがあるのです。
そもそも「仕掛けがある」という表現を使ってしまう事自体驚きが半減しちゃいますから、黙って読んでもらって良いのです。
ちなみに以下感想にネタバレはありません。



ストーリはあらすじのとおりです。
物語は大きく2つに構成されています。
1つはあらすじにある、自殺することを1年後まで待ち続ける女の物語
2つは時間軸を未来にし、自殺してしまった女に不審な点を感じ、調査を進める記者の男の物語。

1つ目の物語に、2つ目の物語が挟み込まれるようになりますので、自ずと焦点は「自殺してしまった女は誰によってどのように死んでしまったか」ということです。
この焦点は、2つ目の物語で「解かれる事」を期待し、1つ目の物語の「ラストそのもの」なのです。

で、読み進めていきます。
それぞれの物語はきっちりと展開し、だらだらとしたところはありません。

そして、終盤に、世界がぐにゃりとするのです。
ぐにゃりです。

うまいな~と思いました。

今までの本多作品にないトーンです。
そして、この構成には脱帽です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

流石奇屋ヒットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。