2007年02月18日(日) 01時23分29秒

「ハリガネムシ」 吉村萬壱 2007-025

テーマ:★読後感想:作家別【ま・や行】
図書館の普通の書棚に鎮座していて、前々から気にはなっていた吉村作品。
第129回芥川賞受賞作「ハリガネムシ」読了しました。

なるほどこれは唸りますね~

amazonリンク

吉村 萬壱
ハリガネムシ
出版元
文藝春秋
初版刊行年月
2003/08
著者/編者
吉村萬壱
総評
21点/30点満点中
採点の詳細
ストーリ性:3点 
読了感:2点 
ぐいぐい:5点 
キャラ立ち:3点 
意外性:4点 
装丁:4点

あらすじ
第129回芥川賞受賞作。客として知った風俗嬢と再会した時から高校教師「私」は<異界>に踏み込んで行く……驚愕、衝撃、センセーショナルな中に不思議なユーモアとモラリストの眼差しが光る傑作小説。<<Amazonより抜粋>>


ネット上の評価は賛否両論ですが、大層は否定的なものが多いようです。
そんななかで、私個人の評価は「これはこれでアリ(肯定)」といった感じです。

この「流石奇屋~書評の間」でも、たまに評価しずらい作品をご紹介しています。
それは例えば佐藤哲也氏の作品 だったり、最近で言えば「恋愛の解体と北区の滅亡」 だったり、いわゆる「読み手を選ぶ作品」って奴ですね。

で、この「ハリガネムシ」ですが、そんな作品群に含まれつつ、一方でオリジナリティがあります。

「舞城王太郎氏の作品に見られる、たたみかけるような文体と、戸梶圭太氏の作品に見られる、痛いほどの暴力性と、町田康氏の作品に見られる現代社会固有の怠惰な雰囲気と、前述した「読み手を選ぶ作品」を足し合わせたような作品だ」と文字にするとそんな感じなのですが、それだけでもこの作品の印象は語られていないような気もします。
で、これはたぶん「吉村作品」というオリジナルな作品なのだと思いました。

さらに、「芥川賞って奥が深いね~」と思ったりもしました。

高校教師と元ソープ嬢の夏休みの物語。
特徴的な一人称の呼称がない一人称表現であり、そこに描かれるのは、愛だったり、怠惰だったり、暴力だったりします。
テーマは、「人間の尊厳」だったり、「根源に潜む陰」であったりして、読み進めると、同化・共感を圧倒的に否定しつつ、一方で、どこかエグラレルような感覚になります。
この感覚を得られるだけで、小説としては「アリ」なのですよね。

キャラクターとしてのサチコも個人的には非情に印象的でした。
また、このキャラクターをどう自分自身の中でとらまえるかで、この作品の印象もだいぶ違うような気がします。

ということで、「評価しずらい=感想しずらい」作品、作家さんにまた出会ってしまいました。
こういった出会いがあるから、図書館借りはやめられません。

吉村萬一氏、ちょっと追っていきたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

流石奇屋ヒットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。