2007年02月16日(金) 00時29分48秒

「町長選挙」 奥田英朗 2007-022

テーマ:--奥田英朗
伊良部シリーズ(と勝手に命名)の3作目、「町長選挙」読了しました。
どうしてもヤンキースにいたあの「伊良部」がイメージされちゃうのは私だけでしょうか?

amazonリンク

奥田 英朗
町長選挙
出版元
文藝春秋
初版刊行年月
2006/04
著者/編者
奥田英朗
総評
22点/30点満点中
採点の詳細
ストーリ性:3点 
読了感:3点 
ぐいぐい:4点 
キャラ立ち:4点 
意外性:4点 
装丁:4点

あらすじ
離島に赴任した精神科医の伊良部。そこは、島を二分して争われる町長選挙の真っ最中だった。伊良部もその騒動に巻き込まれてしまい…。「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」でお馴染みの、トンデモ精神科医の暴走ぶり健在! <<Amazonより抜粋>>


4つの中編が所収されています。
イン・ザ・プール 」では”キャラクターが気に入らない”と思っていて、「空中ブランコ 」では、ちょっとだけ伊良部のことが許せてきて、そしてこの「町長選挙」なのですが、本作は、シリーズの中でも一番「伊良部キャラ」として好印象だったと思いました。

なぜそう思ったかを、勝手に自己分析にしてみると、どうやら相対の患者のキャラクターが大きく影響しているのではと思います。
常に、この「伊良部シリーズ」は、「伊良部と患者」という構図があって、この2名のやりとりで物語が進行していくのですが、前々作、前作は、患者のキャラが弱かった(というより、本当に患者だった)という印象があります。
で、今回の患者は、タイトル作「町長選挙」を除けば、相当アクが強く、正直「嫌われキャラ」だったことが、逆に伊良部キャラに良い印象を持たせたのだとわかりました。

医者と患者という構図という、ある意味で主従関係が保たれる状態に、患者に”嫌悪”の要素を加えると、(もっと突っ込め伊良部!!)となってしまうというわけです。
私自身が、単純だといってしまえばそれまでですけどね。

また、今回は現実世界をパロデイー化しており、「オーナー」は読○新聞のナ○ツネ、「アンポンマン」はラ○ブドアのホリ○モン。「カリスマ稼業」は○木瞳をそれぞれモチーフにしております。(ちなみに「町長選挙」は「ドクター○トー診療所」のシチュエーションを模したと思われます。)
そんなにゴシップ通でなくとも、耳にはしている著名人ばかりなので、ストーリが入りやすかったというのが分り易さに繋がったのかも知れません。

今後も続くであろう「伊良部シリーズ」ですが、「水戸黄門」並みの定石ストーリで、現実世界のあれやこれやをバッタバッタと薙ぎ倒してもらいたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

流石奇屋ヒットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。