2006年10月10日(火) 21時26分20秒

「神狩り2 リッパー」 山田正紀 2006-131

テーマ:--山田正紀
9月の中旬に読了した「神狩り 」の続編です。
「神狩り」の刊行年が1976年ですから、30年の時間を隔てての続編なわけです。
そう考えると物凄いことですね。
で、その2作品を同時期に読めたこともそれなりに感慨深いものです。
こういった読者(私のことですが)もいるってことですね。

ということで、「神狩り2 リッパー」読了いたしました。

amazonリンク

山田 正紀
神狩り 2 リッパー
出版元
徳間書店
初版刊行年月
2005/03
著者/編者
山田正紀
総評
20点/30点満点中
採点の詳細
ストーリ性:4点 
読了感:3点 
ぐいぐい:2点 
キャラ立ち:3点 
意外性:4点 
装丁:4点

あらすじ
デビューのその瞬間、すでにして日本SFを代表する名作であることを証明した、前作『神狩り』。あれから30年。読者はもう一度、あの衝撃に出会うことができる。お待たせいたしました―。現代SFエンターテインメントの最先端、書下し1100枚。 <<Amazonより抜粋>>



前作は意外にさらっと読めましたが、本作は書き下ろし1100枚(著者あとがきによると1600枚のものを削ったようです)というボリュームでした。

タイトルの通り「神の視点(第三者による三人称)」で語られる物語です。
プロローグで登場する「巨大な天使」に驚愕しつつ、その後、「近未来」「1933年」「1980年」「200×年」「20××年(=冒頭の近未来)」という流れで物語が展開します。

途中の「1980年」というのが、前作「神狩り」の後という設定であり、本当の意味での続編部分ではありますが、物語はそこで終わったりしないわけです。

続編ということで、前作の登場人物についてはそれなりに関連されております。
前作主人公の島津圭介も意固地な老人役でちゃんと出演されております。

ストーリの軸にあるのは「人の脳の構造」ってことで、そりゃ生半可な気持ちでは読めない代物です。
そんな代物なんですが、SFと割り切って、「斜め読み」してもそれなりに追うことができるという感じですね。

前作は「古代文書」をきっかけに島津がいろいろと災難にあって、その後、神との戦いの不毛さを解くアーサー・ジャクスンとの一騎打ちで終わったのですが、本作品は、そのストーリの前後に尾ひれがついて一大クロニクルの様相になります。
こういった「一大クロニクル」的作品は個人的に嫌いではないです。(他書で言えば、「ベルカ、吠えないのか」など)

ただ、最後の最後まで「神との戦い」とか、「神狩り」というタイトルそのものは意味が解らず終いだったので、まだまだ読みが浅いな~と反省したのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

流石奇屋ヒットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。