2006年10月01日(日) 17時51分36秒

「死日記」 桂望実 2006-127

テーマ:--桂望実
県庁の星 」の桂氏デビュー作である「死日記」読了しました。
いたたまれない作品です。

amazonリンク

桂 望実
死日記
出版元
小学館文庫
初版刊行年月
2003/01
著者/編者
桂望実
総評
21点/30点満点中
採点の詳細
ストーリ性:4点 
読了感:3点 
ぐいぐい:4点 
キャラ立ち:3点 
意外性:4点 
装丁:3点

あらすじ
十四歳の少年は、なぜ事件に巻き込まれたのか。活気と希望に満ちるはずの少年時代に、しのびよる『死』の影。少年は何を感じ、誰と出会い、どう生きてきたか。日記に淡々と綴られた少年の日常が、そのひたむきな思いを浮き彫りにし、胸を打つ。エクスナレッジ社名変更1周年記念企画「作家への道!」優秀賞受賞作。<<Amazonより抜粋>>



冒頭、少年が男をどうやら殺した(らしい)描写があり、その後、主人公であるその少年(らしい)の日記が物語の大半を占めます。
その間に、刑事とその少年の母の会話が挟まっています。

物語は、少年の日記という媒体を通じて、「とある事件」までの過程を知り、刑事と母親の会話によって、「とある事件」を振り返るといった構成で進みます。

日記に書かれている内容は、他愛のないことばかりですが、陽気に振舞いつつ、家庭が崩壊していく様をまざまざと感じます。
暴力が絶えなかった父親を事故で亡くし、母子家庭となったことで、ある意味で幸せな生活をしている時に、見ず知らずの男が転がり込んできます。
この男と母親の異常な行動と、日記で語られる未遂事故。
少年はそれでも夢を持って、生きていこうと考えています。

一方の場面では、刑事は、真実を語ろうとしない母親に対して、尋問を繰り返していきます。
この母親の頑なな態度には何が隠されているのか?

物語が進むにつれ、胸が痛みました。
個人的な心情として、どうにもこの母親が許せないんです。
そして、プロローグに描かれた内容の真相が明らかになる物語の結末は、相当切ない気持ちになっちゃいました。

刑事の「なぜ、産んだんです?」という母への問いかけは、現実の世界にも日々起きている凄惨な事件に対する憤りを代弁してくれたようでしたね。

予想外に、ぐいぐいと引き込まれてしまったのは、ストーリ性と筆致によるものであり、改めて著者を再評価しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

流石奇屋ヒットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。