読書って大切ですよね

テーマ:

昨晩msnにINすると、あやぐなさまからメッセージが。

「ナンシーさんが好きそうな本を見つけました」
と送られてきたリンク先に見た本はコレ。


ローランド・フリケット, 難波 道明
鼻ほじり論序説


なんじゃそら!てか好きに決まってるじゃないですか!!なんでバレてるねん!
というわけでそっこーアマゾンで購入。
この時点で残り3冊でした。
この3冊の本、まず私が買い、そして割引クーポンが適用になる5000円の本を探しまくっていたあやぐなさまが購入し、残り1冊となってしまいました。

最後の1冊、どなたが購入されるんでしょうね。
知り合いが買ってたりしたらうれしいですね。是非鼻ほじりについて語り合いましょう。

KOの日記、最近書いてませんね。あまり。仕事が大詰めです。4月5日を過ぎるまで会社で徹夜で仕事ができるんじゃないかというくらい忙しいです。いやなので8時か9時までには引き払いますけどね。
あのお方が私の代わりに日記をかいてくれるというのに、あの膨大な量のssを送るなんてとんでもないと・・・遠慮しつつ。そのうち中継になってくれるP子さんが怒りそうなくらいありますもん。

ちなみに昨晩はあやぐなさまにmsnで絡みつつトロンソロしてたら、InsのトロルPTに拉致してもらえました。
シンデレラたちを見送りつつ、開拓トロに移行し、LvUPまで@6.35%になっちゃいました。
AD

緑色のぶつをしてみた2

テーマ:
2004年07月02日
09:42
ペプシブルー、セカンドインパクト!(またきちゃないお話です。読みたくない方、お食事中の方はご遠慮ください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


以上、自主規制終了。
新着日記って、冒頭部分紹介されるからあかんわぁ。
今朝旦那に起こされてコーヒー飲んでたら来ました、セカンドインパクト!
先日悲しい気持ちになったので、期待ゼロモードかつ低血圧で足元おぼつかないモードでトイレに直行。
いつもは勢いがつくまでトイレに行かないのだけど、今日ばかりはトイレでリラックスすることを心がけた。全身の筋肉の力を抜いて、だら~ん。「もしかすると、緑かもしれない!」という期待がふつふつを湧きましたが、不思議と昨日のようにわくわくした気持ちはありませんでした。もう、座ってるだけでうれしーとか、ふりむいちゃえ!って気持ちもなし。無意味ににやつくこともなかったけど、「出た瞬間に旦那を呼ぶべきかどうか」ということには悩んでいた。

ああ。出た!

とりあえず、トイレから大声で「でた~~~!」とだけは報告しておく。すると旦那、「見て欲しい?」と。いやもうなんか見られても恥ずかしくもなんともないけど、人として見せてはいけないような気がして「いらん~!」と返答。さらには振り向きたい気持ちもぐっと我慢して、ことが終わるのを待っていた。
終わった瞬間に、振り向く。
あれ? 普通? でもちょっと色が違うかも。赤みがない!
とじっくり観察したところ、うん、緑だ!
それは期待していたような鮮やかな緑ではなく、とてもとても自然に近い緑。パンダの排泄物はきっとこんな色、という緑だった。
作ってみましょう、色。
ビリジアン+ブラウン+カーマイン気持ちだけ
色の名前とんと忘れてしまったけど、深い深い色だった。
もっと細かく書きたいけど、自主規制。
不快にさせることうけあいだもの。

考察:鮮やかな緑にさせることは、おそらく不可能。食べたものの色も出てくるし、たとえバリウムとペプシブルーだったとしたら、それはきっと青いうんこになる。

まだ次の波と、ペプシブルー一本が残っている。

AD

緑色のぶつをしてみた1

テーマ:
下記のレポートは去年の夏に実行したものです。
人の排泄物の色って変化するんです。

2004年07月01日
18:28
ペプシブルーの結果でました。正直汚いお話なので、読まないほうがよろしいかと。
旦那にこのレポートを公開していいかどうか伺ってから、公開することにします。・・・承認得ました。ゴー。




ペプシブルーの緑のうんちょすを出したいがために、この三日間しつこく飲み続けてました。したら昨日からお通じが悪く、でも結果が待つことに生きがいすら感じながらも、しつこく飲み続けてました。ちょっとしか飲んでいなかった旦那が私より先に結果を出し、「うわおこれじゃあ私のはばっちり緑」とわくわくしてました。

そして今から数分前に便意を催し、「やったこれで私も緑デビュー」とか緊張しながらトイレに駆け込みました。肝心のブツは、2日間腸内にいたため、水分が吸い取られ排泄しずらかったこと。
トイレに座ってニコニコしていた私は、さぞ幸せそうに見えたことでしょう。まだ完全に出きっていなかったのに、あまり勢いがなかったことと好奇心に負けて、振り返りました。


普通に鹿っぽいやつ。


あれ? 緑ちゃうやん?
そのとたんにがっかりした顔にと、筋肉の移行を感じながら、また「私ってなんてばかげたことをやってるんやろう」と無性に笑えてきて、爆笑しながらつづけました。
十分な手ごたえがなかったので、アレは単なる「栓」だったのだと考えるようにします。
次のウェーブに期待。


AD