山風に吹かれた櫻葉へのつぶやき。

ある時は嵐情報。またある時は櫻葉妄想小説。自由に生きております。
腐寄りにつきノーマルアラシックさまは速やかにご退出くださいませ。

クローバーリンゴ訪問あいばとうございますリンゴクローバー

11/11現在、アメンバーは募集いたしておりません。

今後申請したいなぁとお考えの方は読者登録通知の上、まずはコメントかメッセージでご挨拶お願いします。(ごめんなさい、お返事はできない可能性大ですが)←またこちらは承認をお約束するものではありません。


募集する時には基本的にへっぽこ頭でもコメントやメッセージにて何度かお見かけするなど、お名前を覚えている方を承認させていただいております。(←重要)


詳しくは過去記事→http://ameblo.jp/sasick/entry-12146200696.htmlを参考になさってください。

また、読者登録は自動承認になりますがのちにチェックをして明らかに商業目的のもの、嵐さんのファンと分からないもの、プロフが男性の方は外させていただきます。 偉そうで恐縮ですがネット見知りのへっぽこゆえ、よろしくお願いいたします。さく








NEW !
テーマ:
D★L Season 1 2 3

最初から→#1S
前回→#101S

Discostar★Love 4
#102/Side-A




甘い時間が止まらない。


煽ったのはおれだけど




「っあ、」




ライオンさんになった翔ちゃんは容赦なくおれを何度も昇らせて




「ゃぁ、



・・・っっ!

ぅあっ、」




目の前が真っ白にスパークして

薄れていく意識の中で


イタズラに翔ちゃんを煽るもんじゃないって



そう、思った。

















「雅紀、


・・・雅紀起きて?」




翔ちゃんの声で目を開けると、

もうすっかり高くなった日が眩しくおれを包み込んでいた。




「あ、ごめ、寝ちゃった!今何時?!」


「ン、まだ10時回ったとこだけど。

それはいーんだけどさ、悪ィ、雅紀が寝てるうちに たまにはパンケーキでもって思ったんだけど、」




よく見たら翔ちゃんは おれのエプロンなんてしちゃって

鼻の頭とほっぺに粉つけて

困った顔して立ってた。




「なになに?どうしたのよ?

くふふっ、」




ベッド脇のガウンを羽織って腰紐を締めながら、

キッチンに戻る翔ちゃんの後を追うと




「なんかさ、水っぽくね?」




振り向いた翔ちゃんの後ろ、フライパンの中に

もんじゃみたいなクレープみたいな

謎の物体になぜか菜箸が刺さってて



作業台はパンケーキミックスが飛び散って

卵の殻と白身らしき液体が広がっていた。




「わぁ・・・


しょぉちゃん、頑張ったんだね。

粉モンて、ボフッってなるんだよね!くふふっ」




こりゃお掃除が大変だなって、

調味料の瓶の間にまで飛び散った粉を見ながら


奮闘する翔ちゃんを想像してあったかい気持ちになって、


ボウルの中で白い液体と化したパンケーキの素を『どうしようかなコレ、』って思いながら

翔ちゃんのほっぺの粉を『ついてる』って、親指で拭った。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。