☆★留学生が今日カナダで使った英語★☆ バンクーバー留学とワーホリの思い出

カナダで暮らしていると今まで聞いたことのない英語、スラングがたくさん聞こえてきます。日本の学校では、教えてくれないが、実際にカナダ人が毎日話している英語を紹介。
ワーホリ、留学、移民体験記も発信中


テーマ:

ワーホリの気持ち

ちょっと思い出したんだけどジャパレスでバイトしてたときの話

やっと見つけたジャパレスのキッチンでのバイト。

時給はそのときの最低賃金の7ドル(日本の高校生でももっと稼いでない?)

チップは12ドルくらい(バス代にもならん)

かなり少なかった。

どーやって生活費をまかなうんだろうっていうくらいの低所得、、、

仕事の内容はテーブルの片付けしたり、キッチンで皿洗ったりするってわけで英語を話すことなどないと思ってちょっとほっとしていた。

でもお客は外人が結構多かった。

テーブルを片付けているときに、英語でたまに話しかけられるとドキっとした。

客がメニューをみながら「これなに?」って聞かれると非常に困ったもんである。

さすがに目があってるし、無視するわけにもいかない

客「マグロ丼ってなに?」

自分「、、、、」

自分「マグローオンライス」

がとっさに思いついた答え。

でもマグロがそのまま日本語だ! ノ(´д`*)

だめじゃん!

「ツナ オン ライス」って言えばいいようです

なかでも一番困ったのは魚の名前。カナダ人から見ると、ウニ、いくらなどはゲテモノ系らしく興味しんしんなんだよね。

でも説明できないっ (>Д<)

バンクーバーのジャパレスで働いてみてあたらめて気づいた点がたくさんある。

みそスープ。みそ汁は英語で味噌スープ

なんかおかしいよね。

味噌って響きが和風なのに、スープっていう外国っぽい組み合わせ。

しかもスープらしく、カナダではカツ丼とみそ汁をオーダーすると必ず

味噌スープだけかなり先に運ばれてきます。

で、カナダ人は味噌スープだけをアペタイザーとして単品で飲んじゃいます。

それからしばらくするとカツ丼がでてくる。

そーするとすでにみそスープはもうカラ、、、

味噌スープはやっぱりカツ丼といっしょにきてほしいんですけど


最速!12時間で『英語耳』獲得!マジック・リスニング遂に発売開始!

5円が11億円に
芸能人整形疑惑画像

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。