親身な霊視でお悩みを必ず解決します

あなたのお悩みを霊視して、神様や守護霊様の声をお伝えします。
ペットや亡くなった方の声もお伝えできます。
気のながれを透視して運気の上がるお部屋アドバイスも致します。
電話での霊視鑑定も承っております。



さされいこのスピリチュアル鑑定メニューはこちらをご覧ください。


まずはお気軽にメールください。


さされいこ スピリチュアル・カウンセリング 

ホームページはこちらから。
NEW !
テーマ:

みなさま おはようございます。

 

少し更新の期間が空いてしまいましたが  先週6月24日(土)〜25日(日)に椿大神社(つばきおおかみやしろ)北嶺大行満 大阿闍梨 藤波源信師のお話を聞くのつづきをお伝えします。

 

つづきと言っても翌朝25日(日)に参道の早朝清掃奉仕をさせていただいた時のことです。{75133355-7674-41B7-AC6D-186821BC6840}どの神主さまよりも早く参道に来て お掃除をされていた山本行恭宮司のお姿に「神社今を信じて未来を守る力」を感じて心を打たれたからです。

 

早朝清掃奉仕をしようと思ったきっかけは 先月13日(土)〜14日(日)に椿講青年部主催(以下青年部) 滝行みそぎ研修と奥宮登拝に参加したときに神主さまと一緒に早朝の参道お掃除を体験させていただいたからです。

 

今回も「ぜひご奉仕したい!」「お掃除したい!」と思い青年部のOさまへご相談のメールを送ってみました。

 

すると「基本的には不可です」との返答がきました。

 

冷静に考えてみたら 前回は青年部のみなさまがいらっしゃったので 特別に清掃奉仕ができたことにも すぐに納得できました。

 

今回は私一人だけなので不可なのも当然」と思い諦めようとしたら 私の気持ちが通じたのでしょうか。


その後Oさまより再びメールが届き 神主さまへご相談をしてくださり 早朝清掃奉仕ができるように段取りをしてくださいました。

 

ふと「人間は一人で生きていないんだ!」ということを思いました。

 

メールでのやり取りを終えてから 心の中でOさまへ「ありがとうございます。しっかりとご奉仕して参ります」と感謝を申し上げました。

 

24日(土)北嶺大行満 大阿闍梨 藤波源信師の講演会の前に 神主さまより 早朝清掃奉仕についてのご説明をいただきました。

・「雨の場合は神主さまは清掃は行わない(ユニフォームが汚れてしまうので)」

・「箒とチリトリの置き場所」

・「時間については私が決めて大丈夫」

などを教えていただきました。

 

翌朝雨が降らないことを祈りながら眠りました。

 

25日(日)は5:00に準備を済ませて お供のみなさんと一緒に境内へ向かいました。

 

雨は小雨になっていたので「お掃除できる!」と判断をしました。バンザーイ。

 

はじめにご挨拶をしたのは みちびきの神 猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)が祀られている御本殿(ごほんでん)です。{5D1C4338-8FBF-4A4D-91EA-0DC0D45C18A6}


次に向かったのは 猿田彦大神の奥様 天之鈿女命(アメノウズメノミコト)が祀られている椿岸神社(つばききしじんじゃ)へ参拝をさせていただきました。{A26FB175-EE86-4C38-A6D7-9A25BBABCA53}

 
この日に自分で決めた早朝スケジュールです。

5:00 参拝

6:00〜6:50 参道清掃奉仕

7:00〜朝食

 

Q:

なぜ早めの参拝と清掃奉仕をさせていただいたのか?

 

A:

崇敬者のご参拝や神主さまのお掃除のご迷惑になりたくなかったからです。

 

今回もきっかけをいただいて訪れることができました。 感謝の気持ちをご奉仕できればと思ったからです。

 

6:00少し前に 清掃奉仕をはじめたときには 小雨が降っていましたが 参道脇の木々の葉が屋根がわりになってくれて あまり濡れることはなかったので 傘をささずにお掃除することができました。{F0E0C53C-B3CD-4839-99F3-D05F8DDAAE8D}木々は静かに守ってくださる「鎮守の森」なんだと思いました。一本一本へ感謝を致しました。

 

チリトリに掃き集めた落ち葉の量を見て「一人でできる範囲にはやはり限界があるんだ」と思いました。

 

前回 神主さまや青年部のみなさまと一緒に お掃除をしたときには「分担できたので参道の端から端まで綺麗にすること」ができました。 

 

チリトリの落ち葉を見ながら「人間は生まれた瞬間から 人と出会い関わり合うことで 生きるために必要な備えを 親以外の人たちから学ぶことで はじめて一人前の人として 世の中から迎えられる」と思いました。


腕時計に目をやると6:50を過ぎていました。急いで片付けをして 箒とチリトリを元の場所へ戻しに行きました。

宿泊している椿会館へ戻るため 参道を歩いていると 手水舎(ちょうずや)周辺の掃き掃除をしている 上下白い洋服を着た男性が見えました。


頭には白いキャップを被り黙々と清掃奉仕をしていました。近くまで寄って「おはようございます」と声をかけると顔を上げてくれました。 山本行恭宮司でした。


「お掃除のおじさんかな?」と思っていたのでビックリして思わず「宮司ですか‼️」と声をかけてしまいました(すみませんでした)。


会社に例えてみると 社長が社員よりも一番に出勤して 社内清掃をしているような感じに思えたので ただただビックリしました。


考えてみると私が尊敬をするトップは「誰よりもよく動いて働いています」。


黙々と清掃奉仕をしている姿を拝見していると 「次の宮司が安心をしてバトンを受け取れるように しっかりと大地を固めてる準備をしているのかな」と想像してみました。


誰よりも動いて働いている山本行恭宮司のお姿に心を打たれた早朝清掃奉仕でした。


ありがとうございました。

{3366DE8D-4D48-4F0F-B55A-535D84E6F675}



ホームページは【こちら】
セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

閲覧エラー「ホームページ」「セッション(鑑定)メニュー」のガラケー対応について

こちらをご覧いただきますとエラー対応について画像付きで記載しています。

http://ameblo.jp/sasareiko/day-20161206.html

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま おはようございます。

今朝6月25日(日)朝を 椿大神社(つばきおおかみやしろ)で迎えています。

昨夜24日(土)の夜は 境内にある惟神椿道場参集殿(かんながらつばきどうじょうさんしゅうでん)にて 北嶺大行満 大阿闍梨 藤波源信師(ほくれんだいぎょうまん だいあじゃり ふじなみげんしん)の公開講演会があり聴講しました。
{557522F4-666A-4C58-A0D3-30D9B27D40E3}

惟神椿道場 参集殿
{DC883929-490F-497D-9802-0D5F6477427C}

厳しい修行をされた藤波源信師の「実際にお会いしてみたい」「神社という場所で どのようなお話をされるのか」とても楽しみにしていました。

藤波源信師が満行された千日回峰行について 会場で配布された
椿だより紹介文から一部抜粋してお伝え致します。

・延暦寺の修行の中で一番過酷と言われているのが千日回峰行です。
・千日回峰行は 腰に死出紐(しでひも)と降魔の剣を帯びた白装束に笠を被り 八葉蓮華(はちようれんげ)の草鞋(わらじ)を履いて 比叡山山中や京都市内を合計4万キロ(約地球一周)を真言を唱えながら巡拝します。
千日回峰行は7年かけて廻ります。
 1〜3年目は比叡山山中を1日30キロ 毎年100日間歩きます。
4〜5年目は同じ行程を200日 合計700日を満じて9日間の断食 断水 不眠 不臥で不動明王の真言を10万回唱える「堂入り」に入ります。
6年目はこれまでの行程に「赤山苦行」として赤山禅院への往復が加わり 1日約60キロの行程を100日 7年目の200日は前半の100日を「京都大廻り」といい 比叡山のほか 赤山禅院から京都市内を巡礼します。
全行程84キロ。最後の100日間は比叡山山中を1日30キロ歩き満行となります。

壇上に立たれた第1印象は「とても穏やかで身近に感じる普通の印象」を受けました。

ご年齢も紹介文には 1959年 三重県四日市市生まれと記載されていましたが 「年齢を超越した若さ」を感じました。

公演会のテーマは「日常生活と修行」です。

はじめに 千日回峰行の映像を約30分見てから その当時のお話をしてくださいました。

特に印象に残った言葉をお伝えします。

・1000日といわれますが 実際の日数は975日だそうです。残りの25日は生涯をかけて「最後の25日を修行する」そうです。

・歩いている時に 足は動いていても脳は寝ている時(5秒位)があるそうです。

・一度比叡山を降りて僧侶を辞め 一年間東京で会社勤めをしていたそうです。

・修行中は 風邪引いたかな?筋肉痛かな?と思ったら 薬を服用したり湿布を貼って 翌朝には回復するように努めていたそうです。
・自分のやるべきこと「目的は何か!」それを遂行するために「必要なものは何でも使う!」ことも大切なことです。

・例えば 拝むのに数珠の値段は関係ないのです。物にこだわらないことが大切です。

・どの世界も人と人との関係は同じです。

藤波源信師の言葉や姿 全てから大阿闍梨の強さ「星よりも強い光で人を照らし出す力」が伝わってきました。

こだわり持たない 作らないことで 毎日の生活はストレスよりも楽しさを感じて 周りの人への感謝「ありがとう」を素直に口に出すことができると思いました。

神様も御仏様も心は一つだと感じた あっという間の1時間45分の公演会でした。
{25033476-C764-459F-A564-A5E76ADB5945}

ありがとうございました。


ホームページは【こちら】
セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

閲覧エラー「ホームページ」「セッション(鑑定)メニュー」のガラケー対応について

こちらをご覧いただきますとエラー対応について画像付きで記載しています。

http://ameblo.jp/sasareiko/day-20161206.html

 

 






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま こんにちは

 

先日雨の降る日に株主総会へ初めて出席してみました。

 

出席したいと思った理由は 社長交代があり「新旧それぞれの社長が何を語るのか?」ぜひ聞きたいなと思ったからです。

 

どの会社の株主総会に出席をしたの?と思われる方がいるかもしれません。

社名や会場などは こちらでは掲載を致しません。

「マスコミなど非公開で行われた」のと「株についての知識がありません」などの理由からです。

 

お伝えしたいのは株主総会の内容ではなく「会長が旧社長の最後の花道を守った姿に感動」したことです。

 

株主からの質疑応答の大半は 旧社長の経営に対する批判のようなご意見が多く 初めて出席をする私には「不満をぶつけているようにしか思えませんでした」。

 

旧社長を攻撃するような意見が出るたびに 会長は質問された株主さんの意見に耳を肩抜けて誠実に対応しながらも「防波堤のようになって必死に旧社長を守っていました」。

 

その姿は「子供を必死に守る親」のようでした。{2A8470DE-15A4-4AFC-A95A-AE455BDD6357}


会長が指摘感情などの依怙贔屓で旧社長を擁護したりすることは一切ありませんでした。

 

会社のトップとして全てを見渡して舵取りをしている姿に「底力と愛情を感じました」。

 

経営の改革や方向転換をしている過程では「結果はすぐに現れないし 数字の上ではマイナスになる部分もあると思います」。

 

長期的な視野で見てしまうと 予測するのは難しいと思いますが「2〜3年の短期の視野で見ることはダメなのかな?」「短期の視野で見たら批判的な意見は出ないのでは?」などが 質問を聞いていて頭を過ぎりました。

 

最後に旧社長からご挨拶がありました。

一言一言から会社のことを想う愛情」が伝わってきました。

 

聞き終えたときに会場からは拍手が起こっていました

 

批判をしていた株主の方も拍手をしていました。

 

旧社長の嘘のない言葉に「最後はみんなで拍手ができた」のだと思います。

 

短い挨拶でした。でもその挨拶には 言い訳や弁解はなく「一途に会社のことを想う言葉だけ」がありました。

 

聞き終えて「泣けました」。

 

株主総会は毎回こんなに感動するのでしょうか。きっと各社それぞれにドラマがあるのかなと想像していました。

 

最後の花道を守った会長の底力「オーラ」と会社を想う旧社長の気持ちに感謝をしながら 会場を後にしました。

 

旧社長の言葉を聞くことができてよかったです。お疲れ様でした。ありがとうございました。

{4AFCF71D-EA75-4390-B56C-F57FB26E8E5B}

 

 

ホームページは【こちら】
セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

閲覧エラー「ホームページ」「セッション(鑑定)メニュー」のガラケー対応について

こちらをご覧いただきますとエラー対応について画像付きで記載しています。

http://ameblo.jp/sasareiko/day-20161206.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま こんにちは

 

前回のブログの中で「断捨離(だんしゃり)という言葉があまり好きではありません」ということをお伝えしました。

 

ご覧いただいた方より「なぜ好きではないんですか?」というご質問をいただきました。さっそくお答えしたいと思います。

 

以前お掃除の会社で 「コーディネーター(お客様と担当のスタッフさんの間に立つお仕事)」をしていた頃のお話です。

 

1件の断捨離「大掛かりな片付け」依頼を受けました。場所は東京都渋谷区にあるタワーマンションの上階でした。

 

とても大きなお宅で エントランスには住人専用のコンセルジュが常駐しているセキュリティーの厳重なマンションでした。

 

家族構成は 若いご夫妻と小さな双子のお子さんそれに 奥さまのお母さま(以後おばあさま)の5人家族でした。

 

ご夫妻共に それぞれのお仕事が忙しくて 双子ちゃんのお世話は おばあさまが見られていました。

 

当然このお宅で過ごす時間が一番長いのは「おばあさまです」。

 

元々おばあさまのお宅は東京ではなく 他県の田舎にお住まいになられていたそうですが 高齢なのと お孫さんのご誕生を理由に同居を決められたそうです。

 

おばあさまは 以前のご自宅で日常的に使用していた「普段使い慣れていた愛用品」を大切に使用されていました。

 

おばあさまも娘である奥さまも「物を捨てることができません」。ですので 広い部屋の棚やクローゼットに食器棚は どこも物が溢れて収まり切らずに テーブルやカウンターを占領している状態でした。

 

物を避けて生活をしていましたが だんだんと占領していく物の増え方に お掃除と料理を担当していたスタッフさんの作業にも影響があり とても非効率な動き方しかできませんでした。

 

ご家族や担当スタッフさんの悩みの種となっていきましたが 「ご家族の捨てられない」という気持ちが強く しばらくはこのままの状態で生活をしていました。

 

ある時に おばあさまが体調を崩して入院されました。その期間に 娘さんである奥さまから「キッチン部分の食器や賞味期限切れの食材処分」の依頼がきました。

 

本来であれば 担当のコーディネーターとスタッフさんとの作業になるのですが 量が多かったのと依頼主である奥さまが不在ということもあり 大量の処分と捨てる判断がとても難しかったので「当日一緒に作業に入ること」になりました。

 

もしも今 同様の依頼を受けたのであれば 依頼主が不在のまま作業することは決してしないです。

 

断捨離できるのは信頼関係があればこそ」できることなのです。この日までご家族と接点のない私が作業をすることなどは 到底考えられないことだと 今では理解できるので 上司と話し合うことから始めますが 当時はそこまで頭が回りませんでした。

 

冷蔵庫や棚に収納されていた賞味期限切れの食材については「目や鼻で確認することができた」ので 迷うことなく比較的楽に作業を進めることができました。

 

問題は食器やお鍋にカトラリー類です。

溢れるほど「高価な物」と「そうではない物」とが混在してバラバラに置かれていました。

 

最終的には「全ての物が棚や引き出しに収まること」を目標に作業を始めました。

 

同時に担当のスタッフさんに 「ご家族がどのような生活をしているのか?」聞きながら作業を進めていくのと同時進行で 頭のなかは「ご家族の生活をシュミレーション」をしながら 「何を捨てるべきなのか?」を考えて判断していきました。

 

依頼をされた時から「捨てる」「処分する」「断捨離してください」という言葉だけをみて作業を進めていました。

 

物が減ることで暮らしやすくなる」と勘違いをしていたのです。

 

この時点では そこに暮らす家族の気持ちは全く見ていませんでした。

 

焦げたお鍋や未使用のまま桐箱に入ったお皿など さまざまなものが出てきました。

欠けているコップやお茶碗も出てきました。

 

その中に「一客の湯のみ」で出てきました。

茶渋がついて割れ目の線にも茶渋が付着して茶色の縦線が模様のようになっていました。

 

この湯のみについて 担当のスタッフさんへ「これは誰が使われているものですか?」と尋ねてみると「おばあさまがいつも使われています」「とても汚いし割れ目も入っているのでいつ割れるのかわからない」「同じかたちのもので 新しい綺麗なものがたくさんあります」「退院をしたら新しい湯のみを使ってもらいたい」という意見を聞いて「処分するビニール袋へ入れました」。

 

作業時間は確か4時間くらいだったと思います。休みなしでひたすら「処分」の仕分けをして「断捨離は完成」しました。

 

ゴミ置場は各階にありました。

ですのでビニール袋がいっぱいになるたびにお部屋とゴミ置場を何往復もしました。

 

事前にマンションの管理会社へマンションのゴミ置場に「捨てていいのかどうか?」の詳細を聞き了解を得ていたのですが ゴミ置場がビニール袋で溢れる光景を見て「スガスガしさよりも不安が頭をよぎりました」。

 

依頼者である奥さまやおばあさまは「どう思うのか?」 奥さまが帰宅したら「必ずゴミ置場に物を取りにやってくるだろう」と直感しました。

 

Q:

なぜそう思うのか?

 

A:

・断捨離をする前に 細やかな打ち合わせを一切していなかったからです。

・自宅のキッチンがガランと綺麗になったのをみて「不安になる」だろうと感じたからです。

 

全ての作業を終えたころ 奥さまが帰宅されてキッチンを見るなり「ミルミル表情がこわばっていきました」。

 

そうして直感したとおり「ゴミ置場」に直行していました。綺麗にネイルされた指先で一生懸命に物を拾いあげている姿を見て「何も言えず」に ただその場に立ち会っている自分がいました。

 

「ごめんなさい」の言葉を言いたかったのですが「言えば会社に迷惑がかかる」ことを考えると「何も言えない自分」がそこにいました。

 

しばらくすると奥さまから「まぁこんな機会でないと捨てられなかったからこれでいいのよ」「ありがとう」という複雑な表情をしながら声をかけてくださいました。

 

私は「ありがとうございました」の言葉しか出ませんでした。

 

帰り道 寂しさや悲しさが襲ってきて なんとも言えない気持ちになりました。

 

隣りを歩いていた担当のスタッフさんからは「ありがとうございます。これでキッチンが使いやすくなりました」とお礼を言われました。

 

その言葉を聞いて「何の役にも立てていない」とさらに悲しい気持ちになりました。

 

数週間後 おばあさまが退院した報告を受けたので 担当のスタッフさんへ「おばあさまの反応」を伺いました。

 

するとスタッフさんは「私の湯のみ知らない?」「ないねぇ」と何度も聞かれたそうです。

 

その言葉を聞いた瞬間 湯のみを処分したことで「おばあさまの気持ちを捨ててしまった」ことに気がつきました。

 

断捨離は終えた後に「気持ちや心がスッキリと解放されて笑顔になければ意味がない」と思います。

 

この時の苦い経験から もう二度とこのような気持ちにないように「依頼者の心や気持ちを捨てないための整理整頓や片付けをしよう」と心に誓い 今では信念になっています。

 

お部屋の汚れ具合いは「今のあなたの気持ちを表している」と思います。

 

ご依頼者一人一人にあった整理整頓やお掃除を見出し導くことが 断捨離する側の使命だと思います。

 

おばあさまの一言が 断捨離や片付けに対する考えを大きく変えていくきっかけとなりました。

 

お掃除の現場から失敗をして学んだことはたくさんあります。あの時に失敗をして苦い経験をしたことが 大きな財産となって気持ちを支えてくれています。

 

気持ちを捨てない断捨離」を目指して精進していきたいと思います。{DCA60A56-FD5F-41C2-9326-97E1C6A20478}

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

ホームページは【こちら】
セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

閲覧エラー「ホームページ」「セッション(鑑定)メニュー」のガラケー対応について

こちらをご覧いただきますとエラー対応について画像付きで記載しています。

http://ameblo.jp/sasareiko/day-20161206.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま こんばんは

 

久しぶりにお掃除のお話「整理整頓のコツ」についてお伝えしたと思います。

 

今日は引っ越し後の新しいお部屋の鑑定「ルーム・セッション」でした。

 

快適に暮らせてお家に帰るのが楽しみ!」と思ってもらえるように「ご相談者さまにとってどのような整理整頓が必要なのか?」お部屋に置かれている物たちと 心の中で静かに会話をしながら「必要な整理」をして 最後の確認をご相談者さまにしていただきました。

 

私は「断捨離(だんしゃり)という言葉があまり好きではありません」なんて言ってしまうと 今の世の中の整理整頓のながれに逆らうかもしれませんね。

 

断捨離反対!ということではありません。

 

テレビで見る「ゴミ屋敷」や「部屋が物で溢れて日常生活が困難」という究極のパターンであれば 一気に片付ける「断捨離は必要」です。

 

断捨離をする前に「その家の主人が納得すること」「気持ちが納得すること」がとても大切だということを たくさんの片付ける現場「整理整頓」をとおして 失敗から学んだ苦い経験があったからです。

 

「ご相談者さまができない整理整頓や片付け方では全く意味がない」と思うからです。

 

以来 「ただ捨てることが目的ではない」「置かれているものたちと会話をして何が必要なのか?」「語らない声に耳を傾ける」ことが私の信念となりました。

 

断捨離をする前に

①「同じ物を同じ場所に置く(入れる)!」

②「一箇所に集めてみる!」

 

ここでのポイントは

整理整頓することが目的ではありません。

ガサッと同じ場所にまとめてみる!

 

大切なのは

同じ物をどれくらい溜め込んでいるのか?

目で見て脳(頭)と心で確認することが大切です。

 

断捨離はその次の過程(行動)になります。

 

整理整頓や片付けを言葉だけで説明するのはとても難しいです。ですが 言葉で伝えることは「脳(頭)と心が納得するにはとても大切なこと」だと思います。

 

あなたにとって「どのように整理整頓されているお部屋だと快適に過ごせますか?

 

お掃除の世界は奥が深く「哲学の世界」と繋がっているのかなと思います。

{A6BC1B7E-E7CD-4709-8D5B-0511DA960C7F}


 

ホームページは【こちら】
セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

閲覧エラー「ホームページ」「セッション(鑑定)メニュー」のガラケー対応について

こちらをご覧いただきますとエラー対応について画像付きで記載しています。

http://ameblo.jp/sasareiko/day-20161206.html

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。