親身な霊視でお悩みを必ず解決します

あなたのお悩みを霊視して、神様や守護霊様の声をお伝えします。
ペットや亡くなった方の声もお伝えできます。
気のながれを透視して運気の上がるお部屋アドバイスも致します。
電話での霊視鑑定も承っております。



さされいこのスピリチュアル鑑定メニューはこちらをご覧ください。


まずはお気軽にメールください。


さされいこ スピリチュアル・カウンセリング 

ホームページはこちらから。

テーマ:

みなさま おはようございます。

 

大阪長期出張(9月24日〜10月31日)も3日目になりました。ご用意していただいたお部屋はとても快適で「ありがたいな」としみじみ感じながら楽しく過ごしています。

 

最寄り駅が「忍ケ丘(学研都市線)」です。奈良よりの大阪なので 部屋からは山の間から朝日が昇るのを拝むことができます。

 

お部屋をさらに快適に過ごせるように「100円ショップ」をフル活用してお部屋のコーディネート中です。

ご相談者さまが セッションにお越しいただけるまでには 完成させます。後日ブログでみなさまにご紹介させていただく予定です。

 

さて今日お届けするのは「チベットヨガ」です。

ただいま京都に滞在しています。25日に京都国際交流会館http://www.kcif.or.jpテンジン・ワンギェル・リンポチェさんhttps://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.ligmincha.org/en/tenzin-wangyal-rinpoche.html&prev=searchのワークショップがあり参加させていただきました。

 

参加するきっかけは20年来の友人 梅野泉さんhttp://www.chiwakinomori.com/index.php/portfolio/umenoizumiからお誘いをいただいたことがきっかけでした。

 

お互いに東京の意外と近い場所に住んでいるのですが なかなかお会いする時間がなく 京都で再会できることは とても素敵なタイミングだと感じました。

 

泉さんはリンポチェさんの著書「チベッタン・ヒーリングー古代ボン教・五代元素の教え」を翻訳されていますhttp://www.nabra.co.jp/hobbit/1302/godaigenso.htm

 

今回リンポチェさんが アメリカから初来日をされるので ぜひお目にかかりたいのと 通訳をされる泉さんの「音のような言葉」に触れたくて ワークショップは2日間通し(24日〜25日)でしたが 2日目から参加させていただきました。

 

チベットヨガは「心とカラダと呼吸を結びつけ 自分の内面に光をあてるヨガ」です。とても心が元気になり笑顔になります。

 

泉さん リンポチェさん 私の画像です。

{2C138442-4274-408A-83AE-72A05B104ED4} 

ヨガと聞いたので「動きやすい格好の方がいいかな」と いつもジムで着ているものに着替えて 会場へ行ってみると「運動着は私だけ」でした(笑)。

 

この程度の知識しかないので「チベットヨガ」について 正しいことを伝えることができないのでご説明はできません。

ここから先は 体験をして感じたことのみをお伝えします。

 

泉さんの通訳は チベット仏教のことをよく理解されているのはもちろんなのですが「通訳をする相手の伝えたい気持ちや心を理解されていること」が最大の魅力です。

 

ですので リンポチェさんが話される言葉と被ることなく お二人の言葉がすんなりと頭の中に入ってきます。

それはとても心地よく「音のように心にストンと落ちていきます」。

 

リンポチェさんと泉さんの言葉がシンクロして「言葉の壁を超越してお互いの心で響き合っている」ように感じました。

{5D2EC8B4-8ED7-4A6B-A380-71D5A3576B3F}

{DAF65D30-2301-4D0C-9C5D-C7E085C21DD6}
 

呼吸法などをとおして「ただ体を動かすのではなく 心の開放「大きなスペース(空間)が大切なんだ」と感じました。

 

心の中に芽生える「小さな怒りや憎しみ」は 鼻から息を吸って吐くことを繰り返していくことで プチプチと音を立てて カラダの外に出て消えてなくなります。

 

すると心には空いたスペース(空間)ができるので「あるがままの自分でいることの大切さ」に気づかされます。

 

あるがままの姿でいることは「相手の人生の中で 変わらない自分でいられる心地よさ」だと感じます。

 

変わらない自分でいられると 瞬間瞬間が大切なんだと気づくことができます。だからこそ 素直に感謝をしたり 心を整えることができると感じます。

 

リンポチェさんと泉さんの「すべてを受け入れて包み込むハートのあたたかさ」に 休憩時間になると みんな笑顔で質問をしたり話していました。

{34A9AA54-6896-4597-AAA3-E953E8414E55}

 

会場の京都市国際交流会館

{D8BA68F9-1014-4D11-A4F7-BB3DD81567F3}

 

リンポチェさんは 現在アメリカにお住まいになられています。

西洋の合理主義社会の中に 身を置かれて生活をされているので 「常に結果を求められて 何かに追い立てられている私たちの生活を とても理解してくださっている」と感じてきました。

 

リンポチェさんがアメリカにおられることにも「世界へ向けて伝えていく使命を背負っている」と感じてきました。

 

自分にとって大切なものを選び シンプルに考えて生きる

そのためには「環境を整える大切さ」に気づかせてくださます。

 

セミナーは終了したのですが せっかく京都まで来たので 会場の近くにある南禅会館http://nanzenkaikan.comへ宿泊をすると 泉さんも同じ宿に宿泊されていました。

 

二人で夕食を食べながら色々なお話をすることができました。

明日26日の夕方は 京都大学でリンポチェさんの通訳をされるそうなので 泉さんにご一緒させていただくことになりました。ありがとうございます(わーい)。

 

「こうしなければいけない」と心に決めつけることなく ゆったりとした気持ちでいると「必要なご縁やタイミングはやってくるんだ」と改めて感じました。

 

つづく

 

ホームページは【こちら】

セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま おはようございます

 

大阪長期出張(9月24日~10月31日)のお知らせをさせていただいてから しばらくブログの更新をしない間に ご質問をいただきました。ありがとうございます。今日はお答えしていこうと思います。

出張詳細についてはこちらをご覧くださいhttp://ameblo.jp/sasareiko/day-20160911.html

 

Q1:

大阪ではセッションルーム(鑑定のお部屋)はありますか?

A1:

・あります!最寄駅は「忍ヶ丘(学研都市線)」徒歩約9分

住所などの詳細については お問い合わせご返信の際にお伝えさせていただきます。

・セッションルーム以外でのセッション(鑑定)も大丈夫です。喫茶店でセッションをご希望の場合はお飲物代をご負担いただいております。

 

Q2:

駐車場スペースはありますか?

A2:

一台分あります!無料です。

お問い合わせの際にお知らせいただければと思います。

 

Q3:

大阪以外の関西方面への出張は可能でしょうか?

A3:

可能です。出張の場合は往復交通費(大阪最寄駅から目的地)のご負担をお願いいただいております。

 

Q4:

ルーム・セッション(お部屋の鑑定)は日にちを分けることはできますか?

A4:

できます。お問い合わせの際にお知らせください。

ご相談のご内容を視させていただいて こちらから日にちを分けたご提案をさせていただくことも可能です。

 

Q5:

神社やお寺など「巡礼」はしますか?その際に同行することは可能でしょうか?

A5:

・巡礼します!関西には 歴史のある神社やお寺がたくさんあります。長期滞在できるこの機会に 大阪以外の場所にも足を運んでみたいと考えています。

同行ぜひ一緒に!参拝したい場所があればお知らせください。

楽しみにしています。

 

以上がお問い合わせいただいたご質問へのお答えになります。

その他ご不明な点やご質問があれば いつでもお問い合わせください。

 

ホームページは【こちら】

セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】


 

お目にかかれますことを楽しみにしています。

ご縁に感謝。

ささ れいこ

{3AB008AF-E5D8-4CA9-8497-4284B4C429B4}

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま おはようございます

 

はじめに

大阪長期出張(9月24日~10月31日)をお知らせ後に セッションのお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。全てのセッション「スピリチュアル(対面)」「電話」「ルーム(お部屋)」「メール」の鑑定を受け付けております。

お問い合わせなどの詳細についてはこちらをご覧くださいhttp://ameblo.jp/sasareiko/day-20160911.html 宜しくお願い申し上げます。

 

 

ここからは 2016年石巻巡礼の続きをお届けしたいと思います。


はじめからご覧になりたいかたはこちらをご覧くださいhttp://ameblo.jp/sasareiko/entry-12192281925.html

 

石巻在住のWご夫妻さまに 新蛇田地区を車で案内していただきました。


画像を撮り忘れてしまいましたので こちらをご覧いただければ街の様子が分かりますhttp://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10184500/0013/20160706180800.html

 

石巻市で最大の住宅移転先となっています。

街にはイオンモール石巻店があり「映画館」や「レストラン」などの商業施設もあり 広い駐車場も完備されているので「若いご夫婦が子育てするのには便利だなあ」と感じました。

 

街全体が段差のないバリアフリーの印象を受けました。

復興住宅もたくさん建ち並んで イオンモール以外の大型家電量販店なども出来て 新しい街並みが整備されています。

 

車内から外の風景を眺めていると ご主人さまがハンドルを握りながら「今年の2月まで この近くの仮設住宅で暮らしていたけれど イオンには一度も来たことがない」「大き過ぎて買い物するのに疲れそうだから」「慣れないのでね」と仰いました。

 

その言葉を聞いてハッとしました。 確かに便利かもしれないけれど 馴染みの商店街で「顔を見て挨拶や会話をしながら買い物をすること」に慣れていたら 大型商業施設は「必要なものを購入するのが目的で そこには必要最低限の会話だけで買い物ができてしまう」ことに気がつきました。

 

Wご夫妻さまは 共に70歳を過ぎていらっしゃいます。

お二人とも石巻で生まれ育ちました。震災前までは 近所の友人知人と仲良く お子さまがいなくても「楽しく助け合いながら暮らしてきた」そうです。

 

震災後 近所に住まわれていた人たちは 別々の仮設に散らばったので「昔のように簡単に会えなく疎遠になってしまった」そうです。

ですので買い物は多少距離があっても 慣れている海側にある商店街などへ買い物に行かれていたそうです。

 

説明を聞きながら「車のない生活の人はどうするんだろう?」という一つの疑問が浮かんできました。

 

新蛇田地区は山側にあります。震災前は田んぼの風景が広がっていたそうです。津波の心配をすることなく暮らすことができます。海側の石巻駅(仙石線)周辺に行くのには距離があります。

 

公共交通機関は鉄道も必要ですが 街と街を結ぶ『バスの活用も重要』だと感じました。

{7270C64F-4393-4AA6-947B-2CF18DC4F42B}

バスのよさは 目的地の建物の前まで行くことができます。

ですのでバスの本数も一時間に一本ではなく 15分間隔くらいで運行したり 増発されたら ご高齢で車の運転ができなくなってしまっても 「ちょっとそこまで買い物や昔のご近所さんに会いにいけるのでは?」と感じました。

 

出かけたいなと思っても 交通機関が不便だと 遠出することを諦めて行動範囲は狭められて行きます。昔から住んでいる場所であれば問題ないかもしれません。ですが新しい土地移った場合 知り合いなど 気持ちを許せる友人や知り合いがいなければ「孤独を感じるようになるのではないでしょうか?

 

私は建築や土木の専門知識はありません。

 Wご夫妻さまのお話しを聞きながら 素朴な疑問が湧いてきました。

 

街を復興させるためには 膨大な費用と時間がかかります。

同じように 被災した人の気持ちや心のケアも継続していかなければ『本当の復興にはならない』と感じました。

 

とても難しい問題ですので 部外者である私が意見を述べることは「理想を並べているだけかもしれません」。

ですが「バスを活用することができたら そこに暮らす人たちの気持ちの負担が少しは軽減するのでは?」と感じたのでお伝えさせていただきました。

 

つづく

 

ホームページは【こちら】

セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま こんばんは

 

大阪へ長期出張が決まりましたのでお知らせいたします。

 

期間 9月24日(土)〜10月31日(日)

{293F0976-E271-49C5-981E-12F924DD59A1}
 

お招きいただいたY様より「大阪でお仕事をしてみませんか」というお話しをいただき このたび日程が決まりました。心より感謝を申し上げます「ありがとうございます」。

 

これだけの日にちを与えていただけたので 伊勢神宮や椿大神社などへの参拝や京都・神戸・奈良方面にもセッションへ行けたらと考えております。

 

何よりも嬉しいのが「ルーム・セッション(お部屋の鑑定)」のご依頼を 滞在期間や時間を理由にお断りせずに受けられることです。

 

前回までの大阪出張では「限られた日程の中でご依頼をお断りする場合もありました」。その制限がなくなることで セッションに集中することができます。

 

どのような滞在になるのかは分かりません。

毎日を丁寧に過ごしていくことで 自然にながれはできると感じます。今は「ワクワクした明るい気持ちでいっぱいです」。

 

大阪で必要としてくださるご相談者さまのために 自分のエネルギーが活用できるように 努めて参ります。

 

宜しくお願い申し上げます。

ささ れいこ

 

ホームページは【こちら】

セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま こんばんは

 

なかなかブログの更新ができずに申し訳ございません。

石巻と周辺の被災した地域や仮設住宅 復興住宅を拝見して 「どのようにお伝えすることが その場所で暮らしているみなさんのお気持ちを傷つけたりすることなく 伝えるべきことをお伝えできるのか?」ということを考えると はじめの一文字を打つことが どうしてもできなくなります。

 

当たり前だと思っていた生活や いつも居て当たり前の家族がいなくなったときの悲しみは とても言葉で語ることはできないと思います。

 

2011年3月11日の地震と津波を経験していない自分が「ほんとうに伝えることが正しいのか?」「伝えていいのか?」などを考えると やはり言葉がでてきません。

だからといって「伝えることをやめよう」という気持ちにはなりません。

 

石巻在住のWご夫妻さまが 震災前に住んでいたご自宅のあった場所を 車で案内してくださったときに ご主人さまが「草ボウボウになった土地のどこが 自分の家だったのか?もうわからない光景を見ると『死んだほうが楽だったかな』と思ってしまうときもあるよ」とポツリと言われました。それを聞いて とっさにかけた言葉は「それでも生きていたほういい」でした。

 

その言葉が果たして「ご主人さまに対して適切だったのか?」わかりません。ですが Wご夫妻さまが生きていかたらこそ 昨年石巻で出会い 今年再会することができたことは まぎれもない事実で 「心からよかった」と胸を張っていえます。

 

生きているからこそ「出会いや喜びも与えられる」と感じます。

 

Wご夫妻さまが「女川港」と「鮎川港」へ連れて行ってくださいました。

どちらも復興に向けた新しい街づくりを頑張っていました。

土地をかさ上げするのに 大きなトラックがたくさんの土を積んで行き来していました。 

 

海の近くには 商業施設(お店)を建てることはできても 寝泊りする「家」を建てることはできません。

 

震災前に海の近くに お店と家をいっしょにして住んでいた人たちにとっては

①元の場所にお店を建て 山の上に家も建てるのか?

②お店は諦めるのか?

③別な土地へ移っていくのか?

これらの苦しい選択に迫られています。

 

現実問題として「お金もかかります」。

個人の住居にもお金の問題があるならば 各自治体にも「町が復興するために莫大なお金(費用)がかかります」。

 

お金が人生のすべてではありませんが 復興するには「お金は絶対に必要」です。 

 

原発はないほうがいいと思います。みなさんも思われていることだと思います。

原発を作るのに「国からたくさんのお金をもらえます」。

原発で働く人の雇用も確保されます。

 

原発はいらない。

でも生きていくのには「仕事やお金は必要」。

 

原発のある町とない町とでは「復興の速度がまるで違います」。

女川

{B5E97DD4-CDC6-4FC4-8C40-1B2175CA4668}

{C5E10DC5-6D04-4D47-8505-0DC6F859E380}
 

鮎川

{BBD3F2F0-152F-4462-81ED-6EC452445158}

{3579C70A-BECC-4B08-9740-1481A73023FC}

{FE6C30AE-0487-4DA3-B09B-D79F9E08BD02}

 女川と鮎川の両方の港とその周辺を見たときに「最終的な幸せはどこにあるのか?」「何が正しいのか?」「誰のいうことを信じればいいのか?」答えは出ませんでした。

 

答えが出せずに苦しい現実が目の前にあるのは「生きているからこそ」。

幸せは自分が決めていくことで「生きていける」のだと 青い海を見ながら感じたことです。

 

つづく

 

ホームページは【こちら】

セッション(鑑定)メニューは【こちら】

メールや予約は【こちら】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。